【ガヴドロ】サターニャ「好きな人の話?」ラフィエル「はい!」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:26:50.875 ID:FihZrgbG0.net


―ガヴリール家―

サターニャ「いきなりなんなのよ……」

ラフィエル「第2回タコパも終わったことですし、ガールズトークでもしましょう!」ウキウキ

ヴィーネ「面白そうだしいいわね!」ワクワク

ガヴリール「私は面倒くさいからパス」

サターニャ「私も遠慮しておくわ」





3 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:27:53.275 ID:FihZrgbG0.net


ヴィーネ「えー、ガヴもやりましょうよ!」

ラフィエル「あらあら~、サターニャさんやガヴちゃんは気になる人はいないんですか?」

ガヴリール「…………いないよ」

サターニャ「…………いないわよ」

ラフィエル「そうですか。では、私とヴィーネさんとタプちゃんだけで話ましょうか」

ヴィーネ「それもそうね。タプちゃんはいい?」

タプリス「は、はい! 私は構いません!」



6 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:28:55.553 ID:FihZrgbG0.net


ラフィエル「サターニャさんとガヴちゃんは聞いては駄目ですよー」フタリトモコッチヘ!


 ゴニョゴニョゴニョ  エ、ラフィハ アノヒトガ!?  シラハセンパイ ホントウデスカ!


ガヴリール「あ……」ポツン

サターニャ「うぅ……」ポツン


 ア! モウチョット、オンリョウサゲマショウ  ソウネ、キカレタクナイモンネ  ヒソヒソ ヒソヒソ ヒソヒソ


ガヴリール「……」モヤモヤ ソワソワ

サターニャ「……」モヤモヤ ソワソワ



7 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:29:54.785 ID:FihZrgbG0.net


ガヴリール「……分かったよ! 私も話に混ざるよ!」

サターニャ「しょ、しょうがないから話に入ってあげるわ!」



ヴィーネ・ラフィエル「「……」」

ヴィーネ・ラフィエル((計画通り!!))ニヤリ



8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:30:43.233 ID:FihZrgbG0.net


ラフィエル「それでは、最初は誰から行きましょうか?」

ヴィーネ「うーん……ここはクジを作って順番を決めましょう」カキカキ


ラフィエル「では皆さん! クジを引いてください!」バッ

ヴィーネ「私が最初ね」

サターニャ「私が2番目ね!」フフーン

ラフィエル「私が3番目で次がガヴちゃん、最後がタプちゃんですね」



9 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:31:43.644 ID:FihZrgbG0.net


タプリス「天真先輩、緊張しますね!」

ガヴリール「そうだな(ヴィーネは誰が好きなのかな……)」

ラフィエル「注意事項としては……」

ラフィエル「具体的に好きな人は言わなくてもいいですが、好きな人に関する情報を一つは必ずあげましょう」

ラフィエル「では、ヴィーネさん! お願いします!」



10 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:32:23.426 ID:FihZrgbG0.net


ヴィーネ「分かったわ、まずは私からね」

ラフィエル(まあ、ガヴちゃんでしょうね)

サターニャ(ガヴリールでしょうね)

タプリス(天真先輩ですよね)

ガヴリール(……ヴィーネの好きな人は誰なんだ)ドキドキ



11 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:33:11.319 ID:FihZrgbG0.net


ヴィーネ「私の好きな人は同じクラスにいます! その人は普段はやる気ないけど、ちゃんと周りの人を見て、気を配れる優しい子です!」

ガヴリール「……え、それだけ?」

サターニャ「予想通りというかなんというか……」

タプリス「まあ、分かってましたけど」

ラフィエル「はい、ヴィーネさんオッケーです! 次はサターニャさんです!」

ガヴリール「えっ、皆いまので分かったの!?」



13 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:34:38.144 ID:FihZrgbG0.net


ヴィーネ「ガヴ」

ガヴリール「なんだよ(誰か分からない……)」モヤモヤ

ヴィーネ「私のことをずっと見ていれば分かるわよ」ニコッ

ラフィエル(キャー! ヴィーネさん大胆です!)

サターニャ(ヴィネット攻めるわね……!)

ガヴリール「……ん、考えとく///」プイッ

タプリス(天真先輩かわいい!)キュン



14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:36:22.224 ID:FihZrgbG0.net


サターニャ「次は私の番ね! 将来の大悪魔になるこの私が、気に入った相手は……」

ガヴリール(ラフィだろうな)

ヴィーネ(多分、ラフィね)

タプリス(白羽先輩でしょうね)

ラフィエル(今回の企画はサターニャさんの好きな人を探るため! その人は誰でしょうか……)ドキドキ

ラフィエル(……私だったらいいですね///)カアア



16 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:38:48.485 ID:FihZrgbG0.net


サターニャ「別のクラスにいるわ!」ドヤッ

ガヴリール「サターニャ、そういうのはいいから」

タプリス「今のはないですね」

ヴィーネ「サターニャ、それは範囲が広くなるから駄目よ」

サターニャ「え……でも相手に関する情報って……」

ラフィエル「サターニャさん、いい加減にしてください」(#^ω^)ピキピキ

サターニャ「すいませんでした」ビクッ



17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:39:49.976 ID:FihZrgbG0.net


サターニャ「えーと……その人は特徴的な髪飾りをつけています……これでいい?」

ガヴリール「まあ、いいだろう(今ので100%分かった)」

ヴィーネ「そうね、合格よサターニャ」

タプリス「それでいいです(胸が大きいとかは……バレますからね)」

ラフィエル「皆さん分かったんですか!?」


ラフィエル(ん? 特徴的な髪飾り…………)

ラフィエル(まさかタプちゃん!?)ガーン


サターニャ「はい! この話はおしまい! 次に行きましょう///」



18 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:40:54.987 ID:FihZrgbG0.net


ラフィエル「納得いきませんが……分かりました」ゴホン

ラフィエル「私がお慕いしている相手の方は……」

ガヴリール(サターニャだな)

ヴィーネ(サターニャね)

タプリス(胡桃沢先輩ですね)

サターニャ(緊張するわね…一体、誰なんだろう?)ドキドキ



19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:41:39.763 ID:FihZrgbG0.net


ラフィエル「その方は誰よりも元気があって、周りに流されず、自分の意思を貫いている人です!」

ガヴリール(私達は分かるが、サターニャには分かりづらいかな)チラッ

ヴィーネ(予想通りね)

タプリス(傍から見ると、白羽先輩は胡桃沢先輩のことすごく好きですからね)

サターニャ「ちょっと!? そんなのじゃ分からないわよ! ヒントはないの!」



21 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:43:39.357 ID:FihZrgbG0.net


ラフィエル「ヒントですか……うーん、そうですねぇ…………」

ラフィエル「その人の前で、初めて素の私を見せることができた人ですね」ジッ

サターニャ「……それはどういうことよ」

ラフィエル「私は今まで白羽家の次期当主として、自己よりも“白羽家”を優先してきました」

ラフィエル「周りに好かれるように愛想笑いを浮かべ……他人に気に入られるように自分を押し殺して生きてきました」



22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:44:55.991 ID:FihZrgbG0.net


ラフィエル「表面上の付き合いだけで……あ、ガヴちゃんは別ですよ? 下界に修行に行っても一生このままだと思っていました」

ラフィエル「でも……下界でその人と出会って……私は初めて素の自分を晒せました」

ラフィエル「最初は嫌われるかと思いましたが、それは杞憂でした」

ラフィエル「その方は本当の私を笑って受け入れてくれたんです」

ラフィエル「純粋に嬉しかった……そして、初めて人を心から好きになりました」

サターニャ「……そうだったのね」



23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:45:42.048 ID:FihZrgbG0.net


ラフィエル「だから!」テヲギュッ

サターニャ「!」ドキ

ラフィエル「私はその方が大好きです! 愛しています! 世界の誰よりも!」ジッ

サターニャ(も、もしかして……ラフィエルの好きな人って……)ドキドキ

ラフィエル「サターニャさんのお好きな方はどうなんですか……?」ドキドキ

サターニャ「わ、私は……!」



24 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:47:29.688 ID:FihZrgbG0.net


ヴィーネ「あのー、いいところで悪いんだけど……」

タプリス「次に行きませんか?///」

ガヴリール「見ているこっちが恥ずかしい///」

ラフィエル「! そ、そうですね! 次に行きましょう!」バッ

サターニャ「そ、そうね! 次はガヴリールよ! 早くしなさい!」

ガヴリール「この空気では再開しづらいんだけど///」



25 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:51:31.863 ID:FihZrgbG0.net


ガヴリール「気を取り直して……そうだな、私の気になっている人は……」

サターニャ(ヴィネットね)

ラフィエル(ヴィーネさんですね)

タプリス(月乃瀬先輩ですね)

ヴィーネ「……」



26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:52:32.426 ID:FihZrgbG0.net


ガヴリール「天使のような人だよ」

サターニャ(まあ、無難な回答ね)

ラフィエル(ヴィーネさんは悪魔ですけどねー)ニコニコ

タプリス(確かに月乃瀬先輩は天使のような方ですが……)



27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:53:48.208 ID:FihZrgbG0.net


ヴィーネ「……ガヴ」

ガヴリール「なんだヴィーネ」

ヴィーネ「ありがとね」ニコッ

ガヴリール「……」

ガヴリール(えっ! もしかして///)カアア


ヴィーネ「最後はタプちゃんね!」

ラフィエル「締めは任しましたよー」



28 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:55:54.409 ID:FihZrgbG0.net


タプリス「は、はい! その、実は……」

ヴィーネ(多分ガヴね……でもガヴは渡さないわよ!)

サターニャ(ガヴリールでしょうね)

ラフィエル(ヴィーネさんとの修羅場が見れそうですね!)キラキラ

ガヴリール(サターニャかな……誰だろうか……?)

タプリス「すでにお付き合いしている方がいるんです///」カアア



29 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 00:58:56.590 ID:FihZrgbG0.net


ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

サターニャ「……」

ラフィエル「……」

タプリス「……///」

ガヴィーネサタラフィ「「「「ええええぇぇぇぇ!?!?!?!?」」」」



30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:00:08.076 ID:FihZrgbG0.net


ガヴリール「え、それって誰!?」

ヴィーネ「いつから!? ねえ、いつから!?」

サターニャ「まさか、タプリスがね……やるじゃない!」

ラフィエル「どんな人なんですかー」ニコニコ

タプリス「えーと、ですね……名前は言えないんですけど、高校に入って3ヵ月目で付き合い始めました///」

ヴィーネ「この学校の人!?」

タプリス「いえ……今は大学生です///」



33 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:02:20.221 ID:FihZrgbG0.net


ガヴリール「タプリスはいつの間にか一歩先をいってたんだな」シミジミ

サターニャ「すごく意外だわ……てっきりガヴリールが好きなのかと……」

ラフィエル「私も予想外ですね」

タプリス「~~~///」

タプリス「こ、この話はここで終わりです!」

タプリス「もう暗くなっているので帰らせていただきます!」

ヴィーネ「えー、もっと聞きたいなタプちゃん」



タプリス「いつか言うときが来るのでその時に言います! 失礼しました!」タッタッタッ ガチャッ

――――バタン



36 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:05:22.474 ID:FihZrgbG0.net


ガヴリール「……」

ヴィーネ「……」

サターニャ「……」

ラフィエル「……」

ヴィーネ「今日はお開きにしましょうか」

ラフィエル「そうですね……」

サターニャ「明日、学校あるしね」



37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:06:36.097 ID:FihZrgbG0.net


ガヴリール「んじゃ、皆で片づけて解散しようか」

ヴィーネ「そうね……それよりもガヴ」

ガヴリール「なんだ」

ヴィーネ「今日……ガヴの家に泊まってもいいかな///」

ガヴリール「……」

ガヴリール「……いいよ///」コク



40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:07:41.898 ID:FihZrgbG0.net


ラフィエル「では、私達はお邪魔のようですから帰りましょうか、サターニャさん!」ギュッ

サターニャ「!! そうね、帰りましょうか///」

ヴィーネ「片づけは私達でやっておくからね」

ラフィエル「よろしくお願いします、ヴィーネさん!」ペコッ

サターニャ「頼んだわよ! ヴィネット!」ガチャッ

――バタン

ヴィーネ「さてと……」チラッ

ガヴリール「……///」



42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:09:02.865 ID:FihZrgbG0.net


タプリス(……)テクテク

タプリス(今日あの人は、私の家に来ているのでしょうか?)テクテク


―タプリスの家―

タプリス「ただいまー」

???「おお、遅かったではないか、タプリス」

タプリス「あ! ただいま戻りました!」


タプリス「ゼルエルさん!」



43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:10:03.315 ID:FihZrgbG0.net


ゼルエル「おかえり、タプリス。もう、晩御飯の支度はできているぞ」

タプリス「ありがとうございます、ゼルエルさん///」

タプリス「今日はビーフシチューですか?」クンクン

ゼルエル「そうだ、タプリスは好きだろう?」

タプリス「はい/// すみません、わざわざ作ってもらって……」

ゼルエル「私はタプリスの恋人だからな。遠慮はするな」

タプリス「はい! では、頂きましょう!」



44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:12:50.757 ID:FihZrgbG0.net


タプリス(ゼルエルさんと出会ったのは2か月前です)

タプリス(天使学校を卒業した私は、大好きな天真先輩と同じ学校に通いました)

タプリス(天真先輩は姿形変わっていたけど、本質までは変わっていませんでした……)

タプリス(しかし、天真先輩はすでに好きな人がいました)

タプリス(月乃瀬先輩です)



46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:14:26.136 ID:FihZrgbG0.net


タプリス(最初は月乃瀬先輩を敵視していましたが、彼女は誰よりも優しく、天真先輩が好きになったのも分かりました)

タプリス(私は月乃瀬先輩に敵わなかった……それは、同時に失恋でもありました)

タプリス(泣いていた私の前に現れたのが、ゼルエルさんでした)

タプリス(ゼルエルさんは私のことが気がかりで、よく話し相手になってくれました)

タプリス(同時に私はゼルエルさんに心惹かれていきました)

タプリス(でもゼルエルさんは“神の右腕”と呼ばれ、誰からも慕われる存在でした)

タプリス(そんな中、玉砕覚悟でゼルエルさんに告白しました)

タプリス(人生は何があるか分かりません。なんとゼルエルさんと恋人の関係になりることができました)

タプリス(今では下界に気軽に来られないゼルエルさんは、3日に一回は来てくれるようになりました)



47 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:15:49.664 ID:FihZrgbG0.net


―食事中―

タプリス「気になったんですけど……」カチャカチャ

ゼルエル「どうした? タプリス」

タプリス「なぜ天真先輩達に、私たちが付き合っていることを秘密にしているんですか?」モグモグ

ゼルエル「それはだな……ガヴリールでも年下の後輩を、義理の姉とまだ呼びたくないだろう?」

タプリス「はい、そうですね…………え!?それって……///」カアア



48 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/07/10(月) 01:18:23.364 ID:FihZrgbG0.net


ゼルエル「タプリス」

タプリス「は、はい……///」

ゼルエル「タプリスが高校卒業したら……私と式を挙げてくれるか?」

タプリス(それって結婚ですよね///……私の心はすでに決まっています!)

タプリス「はい! 喜んで!」



           終わり



関連記事

すこすこすこすこすこすこすこすこ!!!!!
[ 2017/07/13 18:20 ] [ 編集 ]

修羅場にならなくてヨカッタ
[ 2017/07/13 20:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5435-98c35efc


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ