八神コウ「あれ、ひふみん…首のところにアザみたいな…」

1 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 09:27:36.529 ID:wm4XNFTN0.net


―――昼休み―――

コウ「みんな、お昼どうする?食べに行かない?」

はじめ「いいですね!お供しまっす!ゆんも来るでしょ?」

ゆん「…まぁ、ええけど」

コウ「青葉は?」

青葉「あ、すみません…今やってるところ、切りのいい所まで終わってからお昼にします」

コウ「ちぇー、つれないなぁ…青葉、あんまり頑張りすぎないでよー?」

青葉「あはは、気をつけます」

コウ「ひふみんは?お昼」

ひふみ「わ、私は…えと…私も、もう少しやってから、お昼に、するよ…」

コウ「むぅ…そっか…ん…?」

コウ「あれ、ひふみん…首のところにアザみたいな…?」

ひふみ「…っ!」ビクッ





5 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 09:34:45.001 ID:wm4XNFTN0.net


コウ「だいじょぶ?どっかぶつけた?」

ひふみ「え、えっとね…これは、虫さされ、みたいな…」アセアセ

コウ「あ、そうなんだ…おし、お昼行くぞー」

はじめ「はーい、ほら、ゆんも早く早くっ」

ゆん「わかっとるよ、もう!」

ひふみ「…」ホッ

青葉「…」

ひふみ「…」チラッ

青葉「ひふみ先輩」

ひふみ「な、何っ…かなっ…?」



8 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 09:41:37.321 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「少し、教えてほしいんですけど…いいですか?」

ひふみ「う、うん…どこ…?」

青葉「…」

青葉「そこです…そこ、ひふみ先輩の首のとこ…」

ひふみ「…っ!」

青葉「…虫って、私のことですかー?」ジトー

ひふみ「あ、あのっ…あれは違っ…」アセアセ

青葉「私のこと、悪い虫だなーって思ってるんですか?」

ひふみ「あ、青葉ちゃっ…」

青葉「ふふっ…焦ってる先輩、可愛いです」

ひふみ「~~~っ!」カァッ



14 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 09:51:41.631 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「…」スッ

ひふみ「!」ビクッ

青葉「ここ、隠さないんですね…」

青葉「実は見られたかった、とか?」

ひふみ「き、気づかなくてっ…!あ、青葉ちゃんだって、跡は、付いてないって、言って…」

青葉「あ、私のせいにするんですね…酷いです、先輩…」

ひふみ「ぁ…ご、ごめんなさいっ…」アセアセ

青葉「…」ゾクッ

青葉(ひふみ先輩の困り顔…可愛いなぁ…)

青葉「…朝は、よく見えなかったので…もう一度、良く見せてください」

ひふみ「…う、うん…」



17 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 09:57:10.526 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「…」スッ

ひふみ「…っ」

ひふみ(青葉ちゃ…近っ…)

青葉「あむっ…」カプッ

ひふみ「…っ!?」ガタッ

青葉「…ん…ちゅ…」

ひふみ「あ、青葉ちゃんっ…!?だ、だめっ…また、首っ…」カァァッ

ひふみ「…っ…こ、ここっ…し、仕事場っ…」

青葉「…ぷは…私、悪ーい虫さんなので…」クスッ

ひふみ「…うぅ…」



19 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 10:00:37.806 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「あはは…少し調子に乗っちゃいました…ごめんなさい」

青葉「さて、お昼にしましょうか?」ニコッ

ひふみ「…う…ん…」ドキドキ

ひふみ「…」

ひふみ(どうして…こうなったんだろ…)

―――――
―――



22 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 10:08:45.117 ID:wm4XNFTN0.net


―――数日前―――

ひふみ「…」ヒック

コウ「私ひふみんがここまで酔うの初めて見たかも」アハハ

青葉「わ、笑いごとじゃないですよぅ!大丈夫ですか?ひふみ先輩」サスサス

ひふみ「…うん…だいじょぶ…だいじょ…ぅ…」

コウ「あっはっは、ひふみん飲みすぎー!」

青葉「あーもう、皆さんがひふみ先輩に飲ませすぎたんですっ…!」

コウ「あー…?ひふみんがどこまでイケるかって」

ゆん「はじめがドンドン頼みすぎたんやって…」

はじめ「いやー…なんか楽しくてー」

コウ「打ち上げだしいーんじゃない?たまにはさー?」

青葉「もう…ひふみ先輩、聞こえますか?…大丈夫ですか?」

ひふみ「…ぁ…ありが…と…」



23 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 10:14:36.607 ID:wm4XNFTN0.net


ひふみ「…うぅ…」

青葉「…わ、私…ひふみ先輩を送りますっ…」

青葉「一人じゃ大変そうなのでっ…」

コウ「いい後輩を持ったなぁ…」

青葉「茶化さないでくださいっ…!」

コウ「青葉が怒ったー」アハハ

青葉(めんどくさい…)

青葉「それでは…申し訳ないですけど、お先に失礼します…」

青葉「ひふみ先輩、立てますか?」

ひふみ「…ありがと…ね…ごめん…ね…」



26 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 10:19:20.800 ID:wm4XNFTN0.net


―――――

ひふみ「…ここ…」ヨロヨロ

青葉「ここが…ひふみ先輩の家…」

ガチャッ

青葉「し、失礼しまーす…」

青葉「お布団どこですか?」

ひふみ「…あっち…」

青葉「…もう少しですよー、頑張ってください…」

ひふみ「…」ヨロヨロ

ひふみ「…」ゴロン

青葉「ふぅ…」



27 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 10:26:39.397 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「あ、私お水買ってきます…!ちょっと待っててくださいね」

ひふみ「…」ギュッ

青葉「ひ、ひふみ先輩っ!?」

青葉「あ、あの…お水…」

ひふみ「だめ…行かない…で…」ギュー

青葉「…先輩?」

ひふみ「…」ギュー

青葉「せ、先輩っ…」ドキドキ



30 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 10:39:09.719 ID:wm4XNFTN0.net


ひふみ「…」ギュッ

青葉「…ど、どこにも行きませんから…離して…」

ひふみ「…ホント…?」

ひふみ「…泊まって…いく…?」

青葉「…そ、それは…」

ひふみ「…」ギューッ

青葉「わ、わかりましたっ…お泊りさせていただきますっ…!」

青葉「な、なのでお母さんに電話するので…離して貰えると…有難かったり…」

ひふみ「…じゃあ…離す…」パッ

青葉「…」ホッ

青葉(ひふみ先輩…いつもと違うから…心配だし…うん…)

prrrr

青葉「あ、お母さん?…あのね、今日会社の打ち上げあるって言ってたでしょ?」

青葉「遅くなったから会社の先輩の家に泊まっていくことになったから…」

青葉「うん…うん…大丈夫…え?お、女の人だよっ!?大丈夫だってば!」

青葉「もうっ…!」ピッ



32 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 10:52:34.391 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「ひふみ先輩、お泊り大丈夫だって…」

ひふみ「…」スゥ…

青葉「寝てる…?」

ひふみ「…」

青葉「…先輩?」

ひふみ「…」

青葉「…どうしよ…」

青葉「…」

青葉「さっき抱き着かれたときはビックリしちゃったなぁ…」

青葉「…ひふみ先輩…寝顔、可愛いなぁ…」

青葉「…胸も…大きいし…」

青葉「…」

青葉「…少しだけ」



34 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 10:56:21.234 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「…」ドキドキ

青葉(い、いや…だめだめ!…先輩に、そんな…)

青葉「…」

青葉「………」

青葉「…」フニッ

青葉「うわ…やわらか…」フニフニ

ひふみ「…ん…」

青葉「っ!」ハッ

青葉「な、何やってるんだろ、私!?」カァツ



35 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 11:04:10.034 ID:wm4XNFTN0.net


ひふみ「…んぅ…青葉…ちゃん…?」

青葉「ひゃいっ!?」ビクッ

ひふみ「…さっき…電話で…」

ひふみ「…女の人…だから、どうって…」

青葉「えっ!あ、あー…それは、ですね、男の人だったら危ないっていうか…」

青葉「でもひふみ先輩なら安心だよっていうか…」

青葉(あれ…?電話の内容聞こえてた?)

青葉(先輩、起きて…?)

ひふみ「…」グイッ

青葉「…きゃっ」ドサッ

ひふみ「…」

青葉「…せ、先輩?」



37 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 11:10:47.949 ID:wm4XNFTN0.net


ひふみ「青葉、ちゃん…いつも…明るくて…真面目、だし…」

ひふみ「面倒見も、良くて…今日だって…助けて…くれて…」

ひふみ「それに…可愛い、から…」

青葉「…そ、そんなこと…」

ひふみ「…女の人でも、危ない…かも」

青葉「えっ…?」

ひふみ「ん…」チュッ

青葉「んぅっ…!?」ビクッ

ひふみ「えへ…可愛い…」

青葉「な、なんで…こんな…えっ…?」ドキドキ



40 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 11:42:07.937 ID:wm4XNFTN0.net


ひふみ「私の…胸…触った…から…」

ひふみ「…興味、あるのかなって…」

青葉「や、やっぱり起きて…あれはっ…ご、ごめんなさい、出来心で…」

ひふみ「…」ジトー

青葉「ひっ…」

青葉(ひふみ先輩…目がっ…据わってる)

ひふみ「…ちゅ…」

青葉「…~っ!」

ひふみ「ん…ぅ…」

青葉「…ぷはっ…先輩っ…!だ、だめですって…女同士でっ…こんな…」

ひふみ「んー…?」ポフッ

青葉「せ、先輩…?」

ひふみ「…すぅ…」

青葉(寝た!?)



42 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 11:46:02.447 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「えぇ…」

青葉「で、でも…よかったような…?」

青葉(あのままだったら…私…)ドキドキ

ひふみ「…むにゃ…」

青葉「…」

青葉「…お、重…抜け出せない…」

―――――
―――



43 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 11:49:28.630 ID:wm4XNFTN0.net


チュンチュン

ひふみ「ん…」パチッ

ひふみ「うー…少し、頭…痛いかも…」

ひふみ「…そのまま、寝ちゃったのかな…どうやって…帰って来たんだっけ…」

青葉「…ん…すぅ…」スヤスヤ

ひふみ「えっ」

ひふみ「…」

ひふみ「えっ!?」ビクッ

ひふみ(な、なんで青葉ちゃんが隣で寝てるの!?)



44 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 11:56:34.681 ID:wm4XNFTN0.net


ひふみ「な、なんでっ…?」アセアセ

ひふみ「あ、青葉ちゃん…」ユサユサ

青葉「んぅ…ん…ぁ…?」パチッ

青葉「お、おはようございますっ!」バッ

青葉「ご、ごめんなさいっ…昨日私そのまま…」

青葉「そ、そういえば体調はどうですか?昨日大変でしたよね、あはは…」

青葉(昨日…ひふみ先輩と、キス…しちゃって…!)ハッ

青葉「…っ」カァッ

ひふみ「あ、あの…」ビクビク

青葉「は、はい?」

ひふみ「あ、青葉ちゃん、は…な、なんで…ここに、いるの…?」

青葉「…えっ?」



46 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 12:08:30.862 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「な、なんでって…?」

青葉「覚えて…無いんですか…?」

ひふみ「…」コクコク

ひふみ「昨日、居酒屋で…飲んでて…そこから…ちょっと…」

青葉「…」

青葉「ひふみ先輩、飲み過ぎて潰れちゃって…」

ひふみ「私が…?」

青葉「私が先輩を家まで送ったんですけど…記憶、ありませんか?」

ひふみ「そ、そうなんだ…?ご、ごめん…迷惑、かけちゃって…」

青葉「ひふみ先輩が、私に泊まっていけって言ったのも覚えてません、か?」

ひふみ「…う…うん…」

ひふみ「で、でもありがとうね?…すごく、助かった…よ?青葉ちゃんで、良かった…」ニコッ

青葉「…っ」



49 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 12:15:32.967 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「じゃあ…あれも、覚えて、ないんですね」

ひふみ「あれ…って…?」

青葉「…」

青葉「キス、したこと、です」

ひふみ「…」

ひふみ「………」

ひふみ「えっ!?」

ひふみ「き、キス!?…わ、私がっ!?…あ、青葉ちゃんとっ…!?」カァァッ

ひふみ「そ、そんなことっ…し、しないよっ…!」アセアセ

青葉「…っ…酷い、です…ひふみ先輩…」ウルッ

ひふみ「っ!!」

ひふみ(あ、青葉ちゃんがこんなこと冗談で言うはず無いし…確かに記憶も…無いし…)オロオロ

青葉「うぅ…」チラッ

青葉(あれ…困ってるひふみ先輩って…すごく…可愛いかも…?)



50 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 12:27:29.636 ID:wm4XNFTN0.net


青葉(…そうだ…もっと困らせてみよう…)

青葉(…だって、ひふみ先輩が悪いんだから…覚えてない、なんて…)

青葉「…無理やり、押し倒して…キスしたんですよ?」

ひふみ「わ、私がっ!?う、嘘…だよね…?あ、青葉ちゃん?」

青葉(…本当のことなのに)ムッ

青葉「…うぅ…酷い…です…私っ…キス、初めて、だったのにっ…!」

青葉(…これも、本当)

ひふみ「…っ!」

ひふみ「…ごめ…ん…」

青葉「あのときの先輩、怖かった、です…『先輩の言うことが聞けないのか』って…」

青葉(…これは、嘘)

ひふみ「あ…ぁ…わた…し…そんなこと、言って…青葉、ちゃんに…」

ひふみ「ご…めん…ごめんね…最低、だね…私…」

ひふみ「…っく…ひっく…こんな、先輩、嫌だよね…?うぅっ…嫌い…だよね…?」ポロポロ

青葉「ぁ…」

青葉(や、やりすぎた…?な、泣かせる…つもりは…)



52 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 12:37:50.924 ID:wm4XNFTN0.net


ひふみ「…ごめっ…なさっ…」

青葉「あ…あの…先輩…?」

青葉「だ、だいじょぶです…お酒の勢いってこともあるでしょうし…その…」

青葉「あ、そ、そうですよ!お酒のせいです!そうに違いないです!」

青葉「あ、あはは…忘れますからっ…」

ひふみ「ぐすっ…ゆ、許して…くれるの…?」

青葉(許すっていうか…私、別にそこまで怒ってないですけど…)

ひふみ「…嫌いに、ならない…?また、話してくれる…?」

青葉「…っ!」ゾクッ

青葉「やだ…なぁ…嫌いになんかなりませんって…」

ひふみ「ほ、ほんと…!?」パァッ

ひふみ「…ぐす…よかった…青葉ちゃん、優しい、から…大、好きっ…」

青葉「~~~っ!」ゾクゾクッ



53 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 12:49:00.255 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「…でも」

ひふみ「!」ビクッ

青葉「無理やり…私にキスしたんですよ?しかも、初めてで…」

青葉「ホントだったら軽蔑しちゃうところかもしれませんねー」

ひふみ「!!」

ひふみ「…青葉、ちゃん…わ、私…責任、取るから…私にできることなら…なんでも…する、よ…?」

ひふみ「だ、だから…」

青葉「あはっ…」

青葉「じゃあ…そうですね…」

青葉「私から、してもいいですか?キス…」

ひふみ「…っ」カァッ

青葉(あ…やば…ち、調子乗っちゃった…?)

青葉「い、いや…別のことでもー…」アセッ

ひふみ「わかっ…た…」

青葉「…えっ?」

ひふみ「…あ、青葉ちゃん、なら…いいよ?恥ずかしい…けど…私が…悪い、から…」

青葉「…」



59 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 13:01:41.314 ID:wm4XNFTN0.net


ひふみ「…」

青葉「…」ドキドキ

青葉(自分からするのって…緊張、する…)

ひふみ「…」

ひふみ「…ま、まだ…?」

青葉「…!い、いきます!」

青葉「…」チュ

ひふみ「ん…」

青葉(昨日…考える余裕なかったけど…)

青葉(ひふみ先輩の唇…柔らか…)

青葉「ちゅ…ん…ぷは…」

ひふみ「ふぁ…これで…いい…?」

青葉「も、もっと…いいですか?」

ひふみ「…えっ?…んむっ…!」

青葉「…んっ…んぅ…ぷは…」

ひふみ「あ、青葉…ちゃん…?」ドキドキ



62 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 13:10:30.609 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「す、すみません…つい、夢中に…」

ひふみ「う、ううん…だい、じょうぶ…」

青葉「嫌じゃ…なかったですか…?」

ひふみ「…」フルフル

ひふみ「青葉ちゃん、だから…」

青葉「…っ!また…そういうこと、言う…」ボソッ

青葉「ひふみ、先輩…」

青葉「…なんでもするって言ってました、よね…?」

ひふみ「で、でも…今ので終わり、じゃ…」

青葉「だめです」

ひふみ「!」

青葉「…私が、したくなったら、キスさせてください」

ひふみ「で、でもっ…」カァッ

青葉「はむっ…」カプッ

ひふみ「ぁっ…!」ビクッ



65 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 13:20:21.588 ID:wm4XNFTN0.net


青葉「…ちゅー…」

ひふみ「ま、まって…そこ…首っ…」

青葉「…ん…」

ひふみ「あ、青葉ちゃんっ…あ、跡がついちゃうっ…からっ…」

青葉「…ぷは…」

青葉「だいじょうぶ…付いてないですから…」

ひふみ「…」

青葉「ところで…さっきの件、いいですか?」

ひふみ「私は…」

青葉「後輩を押し倒して、キスして…こんな噂広がったら、どうしましょう、ね?」

ひふみ「青葉…ちゃん…?」

ひふみ「…さっき…私のこと、嫌いに、ならないって…」

青葉「あは…やだなぁ…好きだから、ですよ?先輩のこと」

ひふみ「ぇ…?」

青葉「だから…いいですよね?」ニコッ

ひふみ「…!」カァッ



67 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 13:24:32.520 ID:wm4XNFTN0.net


青葉(跡付いてないって言ったけど…)

青葉(これも、嘘)

青葉(定期的につけてあげないと…)

青葉(私の、ひふみ先輩)

青葉(私の、特権)

青葉「…」クスッ

―――――
―――



69 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 13:30:45.741 ID:wm4XNFTN0.net


―――昼食中―――

ゆん「あれは…きっと、ひふみ先輩に、おるで」

はじめ「なにが?」キョトン

ゆん「な、何がって…」カァッ

ゆん「耳、貸して」

はじめ「うん?」

ゆん「…」ゴニョゴニョ

はじめ「えっ、ひふみ先輩に男ぉ!?」

ゆん「しっ!声でかいわ!」

コウ「ひ、ひふみんに?いやー、でもあのひふみんだよ?男なんて…」



71 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 13:38:00.561 ID:wm4XNFTN0.net


ゆん「八神さんも、さっき見たようやけど…」

ゆん「ひふみ先輩の首んとこ」トントン

コウ「虫刺され?」

ゆん「…本気で虫刺されやと思ってます?」

コウ「?」

はじめ「じゃあ何?」

ゆん「こほん…そら…あれや…首のあの位置、やで…?常識的に考えたら…」

ゆん「き、キスマーク…」ボソッ

コウ「ぶっ!?」

はじめ「ま、マジ!?」

はじめ「でもうちの会社だよ?そんな彼氏作る暇ないでしょ!」

ゆん「それ、自分で言ってて悲しくならん…?」

はじめ「めちゃくちゃ…」シュン

コウ「ひふみんに彼氏…ひふみんに彼氏…」



73 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 13:48:02.703 ID:wm4XNFTN0.net


―――イーグルジャンプ廊下―――

コウ(しっかし…ひふみんに彼氏は…なぁ…)トテトテ

ひふみ「ぁ…コウちゃん」バッタリ

コウ「お、おっと、ひふみん!」

コウ(うわー、さっき変な話したばっかりだから顔合わせにくいなー…)

ひふみ「コウちゃんは、もうお昼食べたんだ?」

コウ「うん、今終わったとこ」

コウ「…あれ…ひふみん、なんか顔、少し赤くない?」

ひふみ「な、なんでもっ…ないよ!?平気っ…!」ビクッ

青葉「ひふみ先輩っ、お昼どこ行きますか?」

ひふみ「あ、あおばちゃんっ…」

コウ「青葉もこれからご飯?」

青葉「はい、ひふみ先輩と」



74 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 14:00:19.475 ID:wm4XNFTN0.net


コウ「あはは、お前ら仲いいよなー」

青葉「えへへ、そうですかね?」

ひふみ「…っ」カァッ

コウ「…ん?ひふみん、なーに恥ずかしがってんの!」

コウ(そういえば首のとこ…もっかい確認しとこかな…)ソーッ

コウ「…あれ?」

コウ「ひふみん…、また虫に刺されたの?跡、増えてるけど…」

ひふみ「っ!!う、うん…そう…なの…」サッ

青葉「なんか最近多いですよね、虫」クスッ

コウ「そうなんだ、じゃあやっぱり虫だよなー?」

ひふみ「…?…?」

コウ「こっちの話、私も虫除け買っておこうかなー」



76 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 14:11:15.308 ID:wm4XNFTN0.net


コウ「じゃ、午後、仕事に遅れないようにね」スタスタ

ひふみ「…」ホッ

青葉「何食べます?」

ひふみ「な、なんでも…いいよ…?」

青葉「…」

青葉「じゃあ…ひふみ先輩を食べちゃいましょうかね…?」ボソッ

ひふみ「っ!?」ドキッ

ひふみ「あ、青葉ちゃん…会社では…もう…」

ひふみ「い、今だって…危なくて…」

青葉「あは、冗談です…さ、お昼、行きましょうか!」

ひふみ「う、うん…!」



その後、ひふみ先輩に彼氏がいるとか、そういう噂が社内で流れました

おかしいですよね、そんな人いるわけないのに

さて、今日も一日がんばるぞい!



77 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/08/19(土) 14:11:59.126 ID:wm4XNFTN0.net


終われー。

Sなあおっち書きたかった



関連記事
[ 2017/08/22 07:00 ] NEW GAME! SS | コメント(8)

あおっち輝いてんなぁ…。
ここまでSが似合うキャラも中々いないよなぁ…。
[ 2017/08/22 07:33 ] [ 編集 ]

いいぞい。
[ 2017/08/22 08:25 ] [ 編集 ]

みんな男はいないけど女はいるじゃないですか
[ 2017/08/22 12:01 ] [ 編集 ]

やっぱり青ひふはこうでなくちゃ!
年下攻めいいですよね〜
アニメ2期でもあおっちのSっ気がちょくちょく描かれていて嬉しい
[ 2017/08/22 18:59 ] [ 編集 ]

「女の人だから心配ない」からの「女の人でも」という展開が予想通り過ぎて、「ああ、やっぱり百合好きはみんな考えることが同じなんだね!」と思ったよ
[ 2017/08/22 19:38 ] [ 編集 ]

あおっちはすぐ調子に乗る〜〜
だがここまできたらもっと調子に乗ってもいいよね
[ 2017/08/23 12:39 ] [ 編集 ]

この青葉なら寄り付く男を消しかねない…!
だがそれがいい!
[ 2017/08/26 23:52 ] [ 編集 ]

大変よろしい
[ 2017/08/27 12:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5444-64f04ac5


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ