ひふみ「青葉ちゃんが本当にデビル青葉に...」

1 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:10:04.54 ID:JMqjmT020


~ひふみ家~

青葉「ゆんさんって、なんでいつも長めのスカートはいてるんですか?」

ゆん「う、ウチ、長めのスカートが好きなんよ」

青葉「そうなんですか...でも、勿体無いなぁ...」

ゆん「な、なんで?」

青葉「だって、この前の健康診断の時にゆんさんの足とか少し見えたんですけど、すごい綺麗だったから...」

ゆん「な、なにいってるんっ!?」

青葉「なに、って本当のことですよ、ゆんさんの生足もう一回見たいなぁ」ジリジリ

ゆん「あ、青葉ちゃん。こ、怖いから、ジリジリと詰め寄らんといてや!」

青葉「ふふっ。今の私は悪魔なんですから、怖くて当たり前ですよ」ニヤリ

青葉「…見ますね、ゆんさん」

ゆん「ちょ、ちょっと待ってったら!」

青葉「…んー、ゆんさん?」

ゆん「な、なに?」

青葉「ゆんさん、さっきから、口では嫌々言ってますけど全然抵抗しませんね...?」ニヤニヤ

ゆん「なっ!? そ、それは…」

青葉「本当は私に見て欲しいんですよねぇ?」ニヤリ





2 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:12:02.64 ID:JMqjmT020



ゆん「ち、ちがう! う、ウチは、ウチは…」

青葉「ふっふーん、それなら今から見ようとするので抵抗してください」

青葉「抵抗されたらすぐ辞めるので」ニヤニヤ

ゆん「あ、青葉ちゃん、も、もう正気に戻ってやぁ…」ワタワタ

青葉「ゆんさんっていつも可愛いけど、あたふた困ってる姿はもっと可愛いですね」

ゆん「だ、だから、な、なに言うとるん、青葉ちゃん!」カァァ///

青葉「ふふっ、可愛いです、ゆんさん♪」ピラッ

青葉「わぁ、モチモチでスベスベですよ」サワサワ

ゆん「や、やめて、やめてや青葉ちゃん…う、うぅ、恥ずかしいからじろじろ見んといて…///」

青葉「ふふふ、ここも綺麗ですね」

ゆん「あ、そ、そこはっ…」

青葉「さ、ゆんさん、力を抜いて…」

ゆん「あ…あ、青葉ちゃん…」

青葉「ふふっ…」



3 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:13:01.65 ID:JMqjmT020


ゆん「わ、分かった、青葉ちゃん分かった! け、けど…や、優しくして、な?」

青葉「もちろん、分かってますよ♪」デビルスマイル


………………アッアッ、ダメ、ソコハ、ア、アオバチャンッ
 
 
       ………………フフッ、ユンサンカワイイデス


              …………………ギシギシアンアン



はじめ「ど、どうすんるんですか、これ! ひふみ先輩!」

ひふみ「わ、私のせいじゃない、よ...」

はじめ「でも、青葉ちゃんが豹変したのは、ひふみ先輩が服を貸してからですよ!」

ひふみ「そ、それはそうだけど...」



4 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:14:43.90 ID:JMqjmT020



~数時間前・イーグルジャンプ就業後~

青葉「そういえば、今日ってハロウィンですね!」

はじめ「あ、そう言えばそうだねー」

青葉「皆さんは、仮装とかしないんですか?」

ひふみ「…!」ビクッ(仮装じゃなくてコスプレなら…)

ゆん「仮装かー、ウチはあんまり興味ないなぁ」

はじめ「えー、そんなこと言ってほんとは興味津々なくせにぃ」ニヤニヤ

ゆん「べ、別に興味なんて、あらへんよ!」(つい強がってもうた…はじめに言われるとつい強がってまう…)

はじめ「えぇ、そうなのかぁ…ゆんが仮装したら可愛いと思うけどなぁ、勿体ない」

ゆん「なっ、何言うとんねん!」カァァ///

青葉「ゆんさんはあんまり興味ないんですね。私は、仮装とかちょっとしてみたいかもです!」

はじめ「へぇ、青葉ちゃんが仮装かぁ…うーん、青葉ちゃんならなんでも似合いそうだなぁ」

青葉「そ、そうですか?」テレテレ

青葉「あっ、はじめさんもスタイル抜群だしなんでも似合うと思いますよ!」

はじめ「そ、そうかなぁ」ニヤニヤ(ポーズ決めながら)



5 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:15:47.71 ID:JMqjmT020


青葉「でも、せっかくのハロウィンですけど衣装がないから何もできませんね」アハハ


ひふみ「…あ、あの、私、そういう衣装なら少しだけど持ってる、よ?」

青葉「えっ! ひふみ先輩、仮装する衣装持ってるんですか!?」

ひふみ「う、うん…じ、実は昔にそういう劇やったことがあって、いろいろ持ってるんだ」(本当はただのコスプレ用の衣装だけど)

ひふみ「だ、だから、もしよかったら、この後、家に着に来る?」

はじめ「えっ! いいんですか? 行きます行きますっ!」

青葉「わ、私も行っても大丈夫ですか?」

ひふみ「うん、もちろんだよ。あ、ご飯もお鍋ならすぐに作れるしどう、かな?」

青葉「よ、夜ご飯までご馳走になっていいんですか?」

ひふみ「う、うん…ちょ、ちょっと買い過ぎちゃったから」

はじめ「やったー! ひふみ先輩の料理だぁ! ふふっ、さ、二人とも行きましょー!」



6 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:17:12.33 ID:JMqjmT020


ゆん「…」

青葉「あ、あの、ゆんさんも一緒に…」

ゆん「…!」パァァ

はじめ「えぇ、でもゆんは仮装とか興味ないんでしょ? なら来てもつまらないんじゃない?」

ゆん「…っ!」(う、うぅ…全部ウチのせいだけど、ウチのせいだけど…はじめの、はじめのバカぁー!)モンモン

ひふみ「わ、私、ゆんちゃんに着て欲しい衣装あるから、き、来てほしいなぁ」(はじめちゃんもコウちゃんとおんなじにぶちんだから、ちゃんとフォローしないとっ!)

ゆん「…!」

ゆん「わ、分かりました。そ、それなら、今日は親もいるし、ウチも行っていいですか?」

ひふみ「も、もちろん、だよ」

ゆん「ありがとうございます、ひふみ先輩!」

青葉「やったぁー!」

ひふみ「うん、じゃあ、早速いこっか」



7 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:18:21.62 ID:JMqjmT020



~ひふみ家~

ひふみ「あ、青葉ちゃんにはこれとか似合うんじゃない、かな?」

青葉「こ、これですか…い、意外と露出が多いですね」

はじめ「おぉ、小悪魔系の衣装だね」

ゆん「青葉ちゃんってたまに小悪魔っぽくなるから、イメージにぴったりかもしれへんな」

青葉「こ、小悪魔っぽくなるって…私、そんなイメージですか!?」

ゆん「あ、え、えっと、別に悪い意味じゃなくてな、なんというか…そうや、茶目っ気があるっていう意味で言ったんや」アセアセ

青葉「そ、そうでしょうか…? じゃ、じゃあ、せっかくひふみ先輩が持ってきてくれたんですし着てみますね! え、えっと…」

ひふみ「あ、こっちの、部屋を使っていい、よ」

青葉「あ、ありがとうございます!」スタスタ


ゆん「楽しみやなぁ」

はじめ「青葉ちゃん、似合うだろうなぁ」



8 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:19:52.21 ID:JMqjmT020


ひふみ「うん、絶対に似合うと思う、よ」

ひふみ(…だって、青葉ちゃん用に作った衣装だからね)


がらっ


青葉「…」スタスタ

はじめ「あれ、青葉ちゃん着替え終わったんだ! やっぱり似合うじゃん!」

ひふみ「う、うん…大体予想通りの完成図、だよ」グッ

ゆん「わぁ、ホントにかわええで、青葉ちゃん! 青葉ちゃん…?」


デビル青葉「…」ニタァ


青葉「…ふふっ、ゆんさんって可愛いですよね」デビルスマイル

3人「「「…えっ?」」」



9 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:21:54.38 ID:JMqjmT020



~時は戻って~

ひふみ「ど、どうしよう…」

はじめ「…そういえば、ねねちゃんと話したことがあったんですけど、青葉ちゃんはたまにブラックな一面を見せる時があるらしいです。それで、ねねちゃんはその時に青葉ちゃんに胸を揉みしだかれたとか…」

ひふみ「っ!」ガタガタッ(な、何それ…ねねちゃん、羨ましい…)

ひふみ(…って、だめだめ! 今は、ゆんちゃんを助けないと!)

ひふみ「え、えっと、つまり、青葉ちゃんはブラックモード?に入ると、え、ええ、エッチになっちゃうってこと?」

はじめ「お、恐らくですが…」

ひふみ「で、でも、それを聞いても、どうすれば、いいのかな…?」

ひふみ「うーん…あっ、そ、そうだ、はじめちゃん。これを着てみてくれない、かな?」スッ(天使の衣装)

はじめ「えっ、こ、これは!?」

ひふみ「うん…天使の衣装、だよ。あ、青葉ちゃんが悪魔なら、天使になって対抗するしかないと思って…」

はじめ「確かにそうですね! さすがひふみ先輩!」

ひふみ「そ、そう、かな?」テレテレ

はじめ「じゃあ、着替えちゃいますね!」ヌギヌギ



10 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:23:04.15 ID:JMqjmT020



ひふみ「は、はじめちゃん! き、着替えるなら向こうで…」チラチラ

はじめ「え? 大丈夫ですよ、女の子しかいないんですし!」ヌギヌギチャクイチャクイ

はじめ「よっし、オッケー! エンジェルはじめ誕生!」テテーン

ひふみ「わぁ、はじめちゃん、似合ってるよ…!」グッ

はじめ「そ、そうですか? よぉし、なんか力が湧いてきた気がする! ひふみ先輩、後は任せてください」

はじめ「青葉ちゃん!」


青葉「ふふっ、ゆんさんったら、もうぐちゃぐちゃ…」

ゆん「あ、青葉ちゃん…♡」トローン


ひふみ(ゆ、ゆんちゃんが…え、エッチな顔に…///)

ひふみ(…あれ、そういえばここ私の家だよね)



11 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:24:18.94 ID:JMqjmT020


はじめ「ちょ、ちょっと青葉ちゃん!」

青葉「ん…? あれ、はじめさん、なんですか? って、あれ、はじめさんって天使だったんですか?」

はじめ「そうだよ! 私はエンジェルはじめ! 悪い悪魔を退治しに来たんだっ!」

青葉「ふっふっふ~…そうだったんですねぇ…」ニヤリ

ひふみ(あ、青葉ちゃんがゆんちゃんの所を離れた! よし、滝本ひふみ、ゆんちゃんを助けに行こう!)

ひふみ「ゆ、ゆんちゃん、大丈夫…?」

ゆん「あ、ひ、ひふみ先輩…う、ウチ、ウチ…お、お股が熱くて、熱くて…ひふみ先輩、助けてください…」トローン

ひふみ「…」(あぁ、なんかもう、ダメなんじゃないかなぁ…)


青葉「それにしても、やっぱりはじめさんって可愛いですよね、天使になってさらに可愛さが増しましたよ」

はじめ「え、そ、そうかな?」ニヤニヤ


青葉「でも、天使っていろいろ大変そうですよねぇ」



12 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:25:43.72 ID:JMqjmT020


はじめ「え?」

青葉「だって、自分の事は全部後回しで、他人の為に生きないといけない、そんなイメージですもん」

青葉「フィギュアもなんにも買えないんだろうなぁ」

はじめ「えっ!?」

青葉「その点、悪魔は気楽ですよぉ。なんでも自分のやりたい放題、フィギュアもアニメも見放題なんですから!」

はじめ「み、見放題…」ゴクリ

青葉「ふふふ♪」


ゆん「ひふみ先輩はウチの疼きを止めてくれないんですね…なら、もう一回青葉ちゃんに」

ひふみ「…ダメ!」(あ、青葉ちゃんとゆんちゃん…そんなのダメ! やっぱりゆんちゃんははじめちゃんとのカップリングが一番だと思うし…それに青葉ちゃんとのカップリングだってやっぱり青ひふだと思うし…!)

ゆん「なんでですか!」



13 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:26:44.59 ID:JMqjmT020



ひふみ「え、えっと、えっと…そ、そうだ! い、今、はじめちゃんが天使だからきっと助けてくれると思う、よ?」(って、いくら、ゆん×はじめが見たいからって、私は何をぉー!)

ゆん「は、はじめ、と…?」チラッ


はじめ「悪魔になれば、アニメも見放題…フィギュアも買い放題…」ゴクリ

ゆん「…はじめ、はじめ」テクテク

ゆん「…はじめ?」

はじめ「うわいっ!? ど、どうしたの、ゆん?」

ゆん「はじめ…天使ならウチを助けて…?」

ゆん「ウチ、お股が熱くて、もう、もう…」トローン

はじめ「ちょ、ちょっと、ゆ、ゆん?」

ゆん「なぁ、はじめ…お願いや」ウルウル



14 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:27:54.43 ID:JMqjmT020



はじめ「っ!」ドキッ(あ、あれ、ゆんってこんなに可愛かったっけ…?)


青葉(ほっほーん…)ニヤリ

青葉「…ふふふ、悪魔になればゆんさんを好き放題に出来ますよ」ボソッ(悪魔の囁き)

はじめ「あ、青葉ちゃん…!」

青葉「さぁ、はじめさん、こちらの世界へ…この角を付ければもう悪魔になれますよ‥‥」フフフ

はじめ「悪魔に…悪魔に…」スー

青葉「さ、どうぞ…」

はじめ「…悪魔」スチャッ


デビルはじめ「ふふっ…ふふふっ…あーっはっはっは!」


ひふみ(は、はじめちゃんが堕天しちゃった…!)

ゆん「はじめ、お願いや、はやく、はやくぅ…」

はじめ「任せて、ゆん。悪魔になった私は、すごいよ?」サワリ



15 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:29:11.21 ID:JMqjmT020


ゆん「あ、はじめ…♡」トロン

ひふみ「わ、私の部屋が…」

青葉「…ひふみせーんぱい」ニコッ

ひふみ「はっ!?」(い、いつの間に…!)

青葉「あのぉ、ひふみ先輩に質問があるんですけど…」

ひふみ「な、何かな…?」

青葉「…この衣装、私にピッタリ過ぎじゃないですか?」ニヤリ

ひふみ「えっ!? え、えっと、そ、それは、た、たまたまそれを着てた子が青葉ちゃんと同じような背丈だった、から…」

青葉「へぇ…それなら、その着てた子の名前を教えてくれませんか?」

ひふみ「え、えっとえっと、そ、それは、ぷ、プライバシー、だから…」

青葉「ふぅーん、それなら、なんの劇をやったか教えてくれませんかぁ?」

ひふみ「え!? え、えっと、えっと…」



16 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:31:35.46 ID:JMqjmT020


青葉「言えないんですかぁ…? こんな特徴的な衣装なのに憶えてないなんて、おかしいですよねぇ」

ひふみ「そ、それは…」

青葉「…本当は、私用に作ったんじゃないんですか?」

ひふみ「っ!?」(あ、青葉ちゃん…なんて鋭い観察眼…!)

青葉「ふふふっ、図星みたいですね」

青葉「つまり、ひふみ先輩は私にこれを着ていじめられたかったってことですよね?」ニヤリ

ひふみ「そ、それは…」チラッ(ど、どきどきしてきちゃった…)


はじめ「ゆんっ! ゆんっ! 堕天した私のテクニックはどう!?」

ゆん「はじめっ! す、すごいで、すごい悪魔的やぁ!」


ひふみ(はぁ、周りの音を聞いてたらさらにどきどきしてきたぁ…)ドキドキ

青葉「ふふっ…ひふみ先輩の困ってる姿はやっぱり可愛いです♪」

ひふみ「あ、青葉ちゃん…わ、分かった…わ、私、悪魔に魂を売る、ね?」(もう、もういいよね…?)


ひふみ「だ、だから…ちゃ、ちゃんと気持ちよく、してね…?」

青葉「ふふふ…任せてください」ニヤリ



17 :以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2017/10/31(火) 22:32:11.89 ID:JMqjmT020



~翌日・イーグルジャンプ~

コウ「おはよー」

青葉「ちょ、ちょっとひふみ先輩、近くないですか?」

ひふみ「青葉ちゃん、可愛い…」ギュー

ゆん「はじめぇ、はじめぇ…」ギュー

はじめ「…あはは」

コウ「なにこれ?」

りん「…」

りん「ねぇ、コウちゃん?」

―end―



関連記事
[ 2017/11/10 19:00 ] NEW GAME! SS | コメント(4)

Fooooooooo!
3時間ごとに見に来ててよかった...!
[ 2017/11/10 23:35 ] [ 編集 ]

最高だわ
[ 2017/11/11 04:29 ] [ 編集 ]

久しぶりの復活からの、素晴らしい内容!
[ 2017/11/12 00:08 ] [ 編集 ]

やっぱりレズしかいない会社じゃないか(喜)
[ 2017/11/18 01:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/5455-cffd43d6


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ