FC2ブログ









まどか「ほむらちゃんのせいで契約しそうになった」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:11:05.87 ID:aSGKJCFF0


まどか「ほむらちゃんがちゃんと見ててくれないから契約しそうになったんだけど」

ほむら「ご、ごめんなさいまどか…」

まどか「何してたの」

ほむら「先輩に呼び出されてて…」

まどか「男?女?」

ほむら「男の先輩よ」

まどか「なんて」

ほむら「え?」

まどか「だからその男は何の用でほむらちゃんを呼びだしたの」

ほむら「その…付き合ってほしいって…」

まどか「へぇ。自分で契約するなっていったくせにそれを放ってちゃっかり彼氏作ってんだ?ふーん」

ほむら「ご、誤解よまどか!下駄箱に名無しで屋上に来いって書いてある紙があったから行っただけで告白も断ったわ!」

ほむら「私はあなたを契約させないためならなんだってやる…それには恋人なんて邪魔なだけだもの」

まどか「…………ふーん。まぁそれならいいけど」

ほむら「…」ホッ





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:12:56.17 ID:aSGKJCFF0


まどか「ちゃんと見てないと契約しちゃうかもしれないからね」

ほむら「えぇ分かってるわ…さっきは取り逃がしたけど今度こそちゃんとキュゥべぇを見ておくわ」

まどか「は?」

ほむら「え?」

まどか「キュウべぇ…?」

ほむら「え、えぇ…」

まどか(………キュゥべぇじゃなくて私を見ててって意味なんだけど)

ほむら「まどか…?私何かおかしなこと言ったかしら…?」

まどか「………別に。ちゃんと見張っててよね」

ほむら「えぇ任せてちょうだい。それじゃあ行ってくるわね」シュッ

まどか「…いってらっしゃい、を言う間もなく行っちゃったよ」

まどか「…………」

まどか「…まぁ居てもそんなこと言えないんだけどね」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:16:05.63 ID:aSGKJCFF0


後日 マミ家

さやか「そしたらまどかがズデーン!ってすっころんじゃったんですよ!」

マミ「まぁ。ふふっ」

まどか「もうさやかちゃんやめてよぉ!そんな小学生の時の話!」

さやか「いいじゃんいいじゃん!昔のことなんだからさ!」

マミ「私ももう少し続きが聞きたいわ」

まどか「そんなぁ…マミさんまで…」

QB「僕にもケーキを分けてくれないかな」ピョコッ

まどか「…キュゥべぇ?」

QB「やぁまどか。契約する気になったかい?」

マミ「あらキュゥべぇ久しぶりじゃない。どこに行ってたの?心配したのよ」

QB「暁美ほむらにずっと追いかけ回されていたんだ」

さやか「なにぃ!あの転校生こんなに可愛らしいキュゥべぇをまた虐めてたのか!」

QB「最近何故か急にしつこ…」

まどか「今ほむらちゃんは?」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:17:53.80 ID:aSGKJCFF0


QB「うん?僕がさっき見たときは佐倉杏子を自宅に招き入れてたみたいだけれど」

まどか「!(家に…二人きり…?)」

さやか「誰なの?その佐倉杏子って」

QB「そういえば君たちはまだ会ってなかったね。杏子は…」

マミ「魔法少女…よ。私と同じ」

さやか「マミさん知り合いなんですか?」

マミ「えぇ、ちょっとね…とにかくキュゥべぇ怪我は…」

ガシャーン!

マミ「きゃっ!」
さやか「うわっ!」

ほむら「まどかから離れなさい!インキュベーター!」

QB「…やれやれ」

マミ「ちょ、ちょっとあなた!窓ガラス割ってまでどういうつもり!?」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:19:43.63 ID:aSGKJCFF0


さやか「まどかっ!私の後ろに…ってあれ?」

まどか「ほむらちゃん」

ほむら「まどか契約はっ…」

まどか「佐倉杏子って誰」

ほむら「え?(どうしてまどかが杏子の名前を…)」

QB「マミの説明を聞いてなかったのかい?杏子はマミやそこにいる暁美ほむらと同じ魔法少女だよ。もっとも暁美ほむらはイレギュラーだからね。同じ、という表現が適切かどうか分からないけれど」

まどか「誰なの」

QB「……まどか?」

マミ「美樹さん、鹿目さんの様子少しおかしくないかしら…?」ヒソッ

さやか「うん…。なんか無表情っていうか、怒ってる?っていうか…まどかのあんな顔見たの初めてです…」

ほむら「(インキュベーターに何か吹き込まれたのかしら…)佐倉杏子は魔法少女よ」

まどか「何してたの」

ほむら「…魔法少女について話をしていただけよ」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:21:52.89 ID:aSGKJCFF0


まどか「それ家に連れ込む必要あったの」

ほむら「落ち着ける場所がよかったの」

まどか「へぇ。まったりいちゃいちゃしたかったんだ」

ほむら「?まったりというか落ち着ける…」

まどか「へぇー。私が契約しちゃうかもしれないのに他の女の子と二人きりで落ち着けるんだ?ふーん」

ほむら「ちっ違うわまどか!あなたが契約してもいいという意味じゃ…!」

マミ「契約の話を出したら急にあたふたし出したわね…」ヒソヒソ

さやか(っていうかなんでまどかだけ?さやかちゃんもまだ未契約なのに…)

まどか「契約しようかな。そしたらほむらちゃん家で二人きりで魔法少女の話できるもんね?」

ほむら「駄目…駄目よまどか…絶対に止めて!」

QB「まどか、けいや…」

パンッ──!

QB「」

マミ「!?キュゥべぇ!」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:23:56.63 ID:aSGKJCFF0


さやか「転校生あんたっ…!」

ほむら「まどかお願い…契約しないで…今度こそちゃんと見張ってるから…」

まどか「この間も今度こそって言ってたよね?」

さやか「ってちょっと!聞きなさいよ!」

マミ「許さない…」ボソッ

マミ「許さないわっ!」フィンッ

さやか「マミさんっ!」

マミ「ティロッ…!」

QB「やれやれ、これで三桁突入だよ」ピョコッ

さやかマミ「!?」

ほむら「…」ギロッ

QB「一週間もしないうちに100体も無駄にされるなんて初めてだよ」ムシャコラムシャコラムシャコラ

さやか「た、食べてる…」ウプッ



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:27:14.02 ID:aSGKJCFF0


マミ「キュゥべぇ…?無事なの…?」

QB「無事とも言えるし無事じゃないとも言える。ただマミが聞いている意味では無事と答えるのが正しいだろうね」

マミ「よかったぁ…」ホッ

まどか「ちょうどキュゥべぇ帰ってきたね」

ほむら「…契約する前にまた殺すわ」

まどか「じゃあまたほむらちゃんが目を離して他の人といるときに契約しようかな」

ほむら「今度こそ絶対目を離さないわ」

まどか「……どうかな」

ほむら「本当よ。一時も目を離さずにいるわ」

まどか「……一生?」

ほむら「一生」

まどか「…ふ、ふーん」カァ

さやか「………なにあれ?」

マミ「もしかしてあの二人…」

さやか「ま、まさかぁ」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:30:06.25 ID:aSGKJCFF0


マミ「でも一生鹿目さんだけを見てるって…」

さやか「確かに…じゃあまどかがさっきから様子がおかしいのって…」

マミ「やきもち…じゃないかしら」

さやか「……ランドセル背負ってる頃から知ってる友達に同性の恋人が…」

QB「同性なんて非生産的じゃないか。動物に近親相姦はあっても同性となんて有り得ないよ」

マミ「確か動物園の熊で男の子同士のカップルがいなかったかしら?」

さやか「あーニュースで見たような…白熊じゃないですか?」

マミ「そうだったかしら?あまりよくは覚えていないけれど…」

QB「雄同士でじゃれ合ってるのを人間が勝手にカップルだと決め付けたんだろう。人間の雌はどうして男同士でそんな妄想をするんだい?わけが分らないよ」

さやか「禁断の愛ですのよー!」

マミ「なあに?それ」

さやか「友達の真似です」

マミ「面白いお友達がいるのね」クスクス



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:32:43.17 ID:aSGKJCFF0


ほむら「だからお願いまどか…契約しないで…」

まどか「………次はないからね」

ほむら「!えぇ!」パァッ

さやか「おっ浮気のお許しが出たみたいですな」

マミ「美樹さんあの子のこと嫌ってたんじゃないの?」

さやか「まぁそうですけど…まどかが好きになるならいい奴なのかなって…マミさんこそさっき銃ぶっ放そうとしたじゃないですか」

マミ「私はキュゥべぇが無事なら…それに契約させまいとするあの姿…グリーフシードの為だけじゃあんなに必死にはなれないわ。きっと鹿目さんを想ってのことなのよ」

マミ「魔法少女ってやっぱり大変だもの…私は同じ仲間が出来たら嬉しいって思いを捨て切れなかったから契約を進めるような真似しちゃったけど…あの子は共に戦うんじゃなくて守ろうとしているのね」

さやか「…同じ魔法少女じゃなくてもあたしもまどかもマミさんの友達ですよ?」

マミ「!美樹さん…」

さやか「それに転校…じゃなくて、ほむらも仲間になるかもしれないですしね」

マミ「そう…そうね(私もう一人ぼっちじゃないんだわ…)」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:35:03.15 ID:aSGKJCFF0


ほむら「まどか、今度こそ…」ギュッ

まどか「ほっほむらちゃん…」ドキッ

さやか(おぉ…手つないで見つめ合ってる…)

マミ(も、もしかしてキスとかしちゃうのかしら…)ドキドキ

ほむら「今度こそ!キュゥべぇから目を離さないわ!」

QB「え?」

さやかマミ「…は?」

まどか「……」ハァ…

ほむら「任せてちょうだいまどか。死ぬまで…いいえ、死ぬときは地獄に道連れにしてでも奴から目を離さないわ」

QB(暁美ほむらならやりかねないから性質が悪いよ…)

さやか(えっ…キュゥべぇって意味だったの?いやいやどう考えてもあれは…えぇ?)

マミ(もしかして私達とんでもなく恥ずかしい勘違いをしてしまったのかしら…)カァッ



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:38:23.60 ID:aSGKJCFF0


まどか「………ほむらちゃん」

ほむら「なぁにまどか」ジー

QB「君はまた僕に穴を空ける気かい?」

まどか「…」グイッ

ほむら「えっ」

まどか「…」ジー

ほむら「ま、まどか?」

まどか「キュゥべぇじゃなくて」

まどか「…私だけ見てればいいんだけど」

さやかマミ「!?」

ほむら「……えっ?」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:40:47.04 ID:aSGKJCFF0


まどか「キュゥべぇのが見ていたいの?」

ほむら「そんなわけないじゃない。あのいかにも僕可愛いでしょ?と言わんばかりの胡散臭い容姿、見てるだけイライラしてくるわ」

QB(おかしいな…人間の少女は僕のように愛くるしい小動物が例外なく好ましいと聞いたんだけど…)

まどか「じゃあ私を見張ってたほうがイライラもしないし、逃げ回りもしないから追い掛け回す必要もないでしょ」

ほむら「!まどかあなた…」

まどか「………」

ほむら「天才だわ!」

さやか(えぇー…)

まどか「気づかないほむらちゃんがおバカさんなんじゃないの」

ほむら「そうねその通りだわまどか」

まどか「…目、離さない?」

ほむら「もちろんよ、まどか」

まどか「一生?」

ほむら「えぇ」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:42:32.66 ID:aSGKJCFF0


まどか「離したらほむらちゃんのせいで契約しちゃうからね」

ほむら「離さないわ」

まどか「………絶対だからね」

ほむら「えぇ、絶対よ」

まどか「………ふん、ならいいけど」



さやか「これは…何デレ…?」

マミ「ツンデレじゃないかしら…?」

QB「ヤンデレじゃないかな」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:43:14.34 ID:MU3HTe4r0


かわいい


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:44:26.15 ID:piZEZwZ6O


これは…


ありだな…



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:46:32.01 ID:aSGKJCFF0


まどか(……契約させないためだけで言ってることに深い意味はないんだろうなぁ)

まどか(まぁでも目離したら本当に契約しちゃうもんね)

まどか(ほむらちゃんが、私だけを好きになってくれますように…って)

ほむら「…」ジー

まどか「ちょっと…見過ぎだよ…」

ほむら「でもちゃんと見てないと…」ジー

まどか「一生そうやって見てるの?」

ほむら「えぇ」ジー

まどか「ご飯食べるときとかどうするの」

ほむら「まどかを見ながら食べるわ」ジー

まどか「うまく食べれないでしょ」

ほむら「じゃあ食べなくてもいいわ」ジー



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:48:57.87 ID:aSGKJCFF0


まどか「死んじゃうよ。私を地獄に連れて行くの?」

ほむら「いいえ。そのときはキュゥべぇを地獄に連れて行くからまどかは安心して人生を楽しんでちょうだい」ジー

まどか「なんで私じゃなくてキュゥべぇを連れて行くの!」

ほむら「え?だ、だって…そうすれば契約の心配は…」ジー

まどか「大体楽しめるわけないじゃん…」ボソッ

ほむら「?あ、大丈夫よ。代えが出ないように連れて行くから」ジー

まどか(…そういうこと言ってんじゃないんだけど)

まどか「…」ハァ…

ほむら「どうしたの?」ジー

まどか「契約しちゃおうかなー」

ほむら「えっ!?こ、こんなに見てるのに!」ジー

まどか「見すぎだからだよ」

ほむら「分かったわ!」サッ

さやか(あの転校生が両手で目隠ししてる…)

マミ(ちょっと可愛らしいわね…)



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:49:52.99 ID:aSGKJCFF0


まどか「………」

ちゅっ

ほむら「……?今唇になにか…」

まどか「葉っぱが飛んできただけだよ。目隠し続けてな」

ほむら「分かったわ!」

マミさやか「」

さやか(ちゅーしたぁ!まどかがちゅーしたぁ!!しかもまどかからちゅーしたぁ!!!)

マミ(あ、あの子どうして気づかないのかしら!?バカなのかしら!?)

QB(いくらまどかの力がとてつもないものだからと言ってこれ以上固体を減らされたら元も子もないよ。残念だけど今のうちに違う街へ行こう)キュップイ

まどか「目開けたら契約しちゃうからね」


そう言って、私は再びほむらちゃんの唇に───。



杏子「おわり!」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:52:29.23 ID:Y6qTf36U0





46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:52:43.93 ID:aSGKJCFF0


こんなまどかとほむほむも可愛いかなって

あんあんの出番なくてごめんね

結構前にホモの熊ってニュースになったよね?ぐぐっても出てこなかった…

んじゃ乙



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:55:12.56 ID:07FA3Am20


実ににやにやできた


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:56:51.49 ID:Sbwqlrl30


鈍感ほむらとヤンまどってギャグばっかかと思ったけどこういう倒錯的な話もいいね、乙でした


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/12(水) 22:58:14.05 ID:MU3HTe4r0


この手のまどほむ増えて欲しいわ

良かったぜ
乙だ



関連記事

>まどか「葉っぱが飛んできただけだよ。目隠し続けてな」
やだ…男らしい(キュン)
[ 2012/04/10 05:45 ] [ 編集 ]

ちなみに、猫や猿、後イルカやアザラシは同性愛に走るのよ
豆知識
[ 2012/04/10 07:30 ] [ 編集 ]

これは素晴らしい
もっと続きが読みたかった
素晴らしい
[ 2013/11/03 08:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/636-8f90a434


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ