スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | コメント(-)

ヨミ「…今日泊まっていって?」マト「えっ!?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 20:53:51.28 ID:rzD0hC0I0


マト「やっぱりいいなー!この本!」

ヨミ「そうね」

マト「ヨミだけ初版なんてずるいよー」

ヨミ「まあオークションを使えば買えないことも無いんだけど…」

マト「あんな値段じゃ手が出ないもん! ぶー!」

ヨミ「そうよね、もう書店じゃ売ってないから仕方ないんだろうけど…」

マト「…でも別にいいもんねー! 読みたいときはすぐヨミに見せてもらうから!」ニッ

ヨミ「!」

マト「ん? どしたの?」

ヨミ「な、なんでもないの! そうね、見たくなったらいつでも来ていいから!」

マト「ほんと? 約束だからねー?」





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 20:56:25.59 ID:rzD0hC0I0






マト「あれ? もうこんな時間? そろそろ帰「そっ、そういえば駅前で買ったシュークリームがあるの!」

マト「えっ? …駅前のってあの限定のやつ!?」

ヨミ「ええ! 運よく買うことができたの!」

マト「じゅるり…」

ヨミ「…だからね、一緒に食べない?」

マト「ほんと!? ヨミ愛してるよー!」ガバッ

ヨミ「!!! もっ、もうっ、マトってば///」

マト「ありがとー! わたしあれずっと食べたいと思ってたんだー」スリスリ

ヨミ「う、うん/// マトが前そう言ってたからたまたま思い出して…」

マト「ヨミ大好きー!」ギュー

ヨミ「///」ポワーン



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 20:58:46.87 ID:rzD0hC0I0




ヨミ「はい。どうぞ」カチャ

マト「わぁー! おいしそう!」

ヨミ「紅茶もあるから飲んで?」

マト「うん!」

ヨミ「じゃあたべよっか?」

マト「いただきまーす!」モグモグ

ヨミ「ふふ、そんなに急がなくてもシュークリームは逃げないわよ」

マト「ほいひー!!!」ムシャムシャ

マト「ングッ!?」

ヨミ「だ、大丈夫!? はい紅茶!」

マト「」グビグビ

ヨミ「…」サスサス

マト「…」ドンドン

ヨミ「…」スンスン



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:01:32.80 ID:rzD0hC0I0



マト「はぁー…死ぬかと思った」グッタリ

ヨミ「もう、ほんとに気を付けてね?」

マト「へへへ…ごめんね」

ヨミ「あ、マトちょっと目を閉じて?」

マト「ん? 何?」

ヨミ「いいから」

マト「うん?」スッ

ヨミ「いい? じっと、してて、ね」スクッ

マト「…?」


スマホ[消音撮影]


ヨミ「ふぅ…」




12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:04:51.35 ID:rzD0hC0I0


マト「…」

マト「…ヨミ?」

ツッ…

マト「…ひゃっ!?」

ヨミ「…ふふ、マト鼻の下にクリームついてた」クスクス

マト「え!? もー! それならそうと言ってよーびっくりしたじゃん」

ヨミ「ごめんごめん」ペロッ

マト「えっ?」

ヨミ「ん?」

マト「あ、いや…やっぱなんでもないや!」

ヨミ「なにそれ!」クスクス



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:07:47.32 ID:rzD0hC0I0







マト「あははそれでねー、っとメールだ」パカッ

マト「お母さんだ! はやく帰ってきなさい… しまったー、ついつい長居しちゃった!」

マト「ヨミごめんね! わたし流石にもうそろそろ帰らなくちゃ!」

ヨミ「え!? もっといてくれていいのに!」

マト「そういうわけにもいかないって! 急いで帰らない…と…?」

ヨミ「…どうしたの?」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:10:27.17 ID:rzD0hC0I0


マト「ごめんヨミ、ちょっとおトイレ、かりてもいいかな…?」

ヨミ「ええ、もちろんいいわよ」

ヨミ「廊下の突き当たりを右にいけばあるから」

マト「ありがと!」タッタッタ





ヨミ「…」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:13:19.54 ID:rzD0hC0I0


マト「うー…なんだか急にお腹の調子が…」

コンコン

マト「はいっ!?」

ヨミ「マト大丈夫?」

マト「なんとか大丈夫…」

ヨミ「うちは別に構わないから急がなくてもいいよ?」

マト「ありがと…ちょっとお言葉に甘えちゃうかも…」

ヨミ「ふふっ、別にいいよ」



ヨミ「・・・」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:16:36.98 ID:rzD0hC0I0




マト「はー、苦しい戦いだった…」ジャー

マト「ヨミー?」

ヨミ「ちょっと下に来てくれるー?」

マト「はーい」トントン




ヨミ「大丈夫?」

マト「いい匂い…」クンクン

ヨミ「ああこれ? お父さん出張で今日はお母さんも帰ってこないから自分でご飯つくらないとダメなの」

マト「ヨミすごーい! ご飯作れるんだ!」

ヨミ「別に大したものじゃないわ。誰でも作れるから」

マト「でもすごくいい匂いだよ?」

ヨミ「あ、ありがと…それでね、マト?」

マト「うん?」




23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:19:58.93 ID:rzD0hC0I0



ヨミ「いつもの癖で2人分作っちゃったんだけど…食べてくれない?」

マト「え! いいの!?」

マト「あー…でももう帰らないと時間が…」

ヨミ「…そのことなんだけど」

マト「ん?」

ヨミ「さっきマトのおうちに電話したの」

マト「ええ!?」

ヨミ「それでマトのお母さん大丈夫だって言ってくれたわ」

マト「…本当に?」パカ

メール1件
マト母『晩御飯までごちそうになったうえにいきなりお泊りなんて、ヨミちゃんにあんまり迷惑かけちゃだめよ?』

マト「ほんとだ…」

マト「…ん? お泊り・・・?」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:23:10.11 ID:rzD0hC0I0



ヨミ「そっ、それでねマト!」

マト「は、はいっ!?」

ヨミ「…今日泊まっていって?」

マト「えっ!?」

マト「そ、そんないきなり悪いよ!」

ヨミ「お願い! 今日ひとりぼっちで寂しいの! それにマトのお母さんもいいって言ってるし!」

マト「で、でも私着替え持ってないから! それにほら、汗かいてるし!」

ヨミ「着替えなら私のを使ってくれればいいわ。ちょっと大きいかもしれないけど…」

ヨミ「それに別に汗かいててもマトなら全然うれs、構わないわ!」

マト「へ?」

ヨミ「え?」

マト「えーっと… じゃあそこまで言うなら泊まっていこうかな…?」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:26:15.26 ID:rzD0hC0I0



ヨミ「本当!? ありがとうマト!」ギュ

マト「わわっ! ヨミ!? まって私今多分汗臭いから!///」

ヨミ「ううん。そんなことない」スンスン

マト「(…?)」

マト「(なんだろこの感じ…?)」







マト「ごちそうさま!」

ヨミ「ふふっ、おそまつさまでした」

マト「もうヨミのつくるご飯なら毎日食べたいくらいだよー。えへへ」

ヨミ「!?」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:30:30.36 ID:rzD0hC0I0


マト「ん? ヨミ?」

ヨミ「…そうよね。まだちょっと早いわよね。」ブツブツ

マト「ヨミー?」ヒョコッ

ヨミ「っ! ごめん、ちょっとお腹いっぱいでぼーっとしてて」

マト「もー夜なんだから食べ過ぎはダメだよ? ヨミ太っちゃうよ?」

ヨミ「それは大丈夫。ちゃんとカロリーは計算してるから」

マト「ほえー、そんなことまで考えてるの? ヨミいいお嫁さんになれるよ!」ニコッ

ヨミ「!!! え、えぇ! 私、頑張るから!」ガシッ

マト「?」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:34:13.25 ID:rzD0hC0I0







マト「うー、お腹いっぱいー」ゴロゴロ

ヨミ「マト、お湯入ったからお風呂どうぞ?」

マト「え? ああ、ヨミ先に入って?」

ヨミ「だーめ。マトはお客さん何だから先に入って」

マト「そう? じゃあお言葉に甘えて一番風呂いただきまーす!」タタッ

ヨミ「ふふっ、マト子供みたい!」

マト「まだ子供だもーん!」


マト「ふー、生き返るー」カポーン

ヨミ「マト? 着替えここに置いておくわね?」コンコン

マト「はーい!」

ヨミ「じゃあごゆっくり」モソモソ



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:37:41.47 ID:rzD0hC0I0


10分後

マト「よく温まったしそろそろあがろーっと」ガチャ

マト「えーっと、ヨミの持ってきてくれた着替えは…これかぁ」モゾモゾ

マト「これっていつもヨミが着てるんだよね…?///」

マト「はっ! 何考えてるの私!?」

マト「これでよし、っと」

マト「…あれ? 私の脱いだ服がない?」



マト「ヨミー? お風呂あがったよー」

ヨミ「湯加減はどうだった?」

マト「うん、丁度よかった!」

ヨミ「よかった。それじゃあ私も入ってこようかな」テクテク

マト「あ、ヨミ?」

ヨミ「ん?」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:40:54.30 ID:rzD0hC0I0


マト「私の服知らない?」

ヨミ「ああ、マトの服ならそこの袋に入ってるわ。明日持って帰るでしょ?」

マト「あ、そっかーありがとヨミ!」

ヨミ「じゃ、じゃあ行ってくるわね」

マト「(なんだかヨミ怪しい…?)」






ヨミ「ふー、ちょっと飲みすぎちゃった」ガチャ

マト「あ、ヨミおかえりー」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:45:10.98 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「ただいま」ニコ

マト「(あ…ヨミ髪濡れててなんか色っぽい…)」じー

ヨミ「な、何?」

マト「あ、いやなんでもないや! そろそろ眠たいなーなんて!」

ヨミ「じゃあもう寝よっか? 髪乾かすからちょっと待ってて?」

マト「わ! 私が髪乾かしてあげる!」

ヨミ「え!? い、いいの?」

マト「うん! ヨミ髪長いから乾かすの大変でしょ?」

ヨミ「じゃ、じゃあお願いしちゃおっかな…///」




マト「どこかかゆいところはございませんか~?」

ヨミ「マトそれシャンプーじゃない」

マト「えへへー、こういうのやってみたかったんだー」

ヨミ「もーほんとに子供みたいで可愛いんだから」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:48:22.53 ID:rzD0hC0I0


マト「えっ?///」

ヨミ「何?」

マト「い、今何て?」

ヨミ「マトは子供みたいって言ったのよ」クスクス

マト「…う、うんそうだよねごめん」

ヨミ「? …あ、ごめんね? そんなつもりじゃ…」

マト「ううん! 私もそんなのじゃないから!」

マト「…で、でもヨミの髪って綺麗だねー! すっごくさらさら!」サワサワ

ヨミ「ちょっ!? もう! くすぐったい!」

マト「ほれほれー!」ナデナデ

ヨミ「あははははは!! 首っ! はっあははは、ダメっ!」

ヨミ「ぁっ!」ビクン



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:51:48.41 ID:rzD0hC0I0


マト「!!!」

ヨミ「はー、はぁー…はぁー」

マト「ご、ごめん!」

ヨミ「…別にいいよ。仕返ししたいけどもうマトは髪乾かしちゃったよね」

マト「う、うん」

ヨミ「じゃあそろそろ寝ましょ?」

マト「そうだね」

ヨミ「ええ」

マト「・・・」

ヨミ「・・・」

マト「えっと・・・ベッド一つだね///」

ヨミ「一人だとちょっと大きいくらいだから平気よ?」

マト「そ、そっか」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:55:12.89 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「じゃあマトお先にどうぞ?」

マト「え、でもいいのかな? 私寝相あんまりよくないし!」

ヨミ「大丈夫。マトは壁側だから転がっても落ちないわ」

マト「うん、じゃあ・・・」モソモソ

ヨミ「・・・じゃあマトおやすみ」モソモソ

マト「おやすみ!」




マト「(・・・)」

マト「(・・・)」スゥー

マト「(当たり前だけどこの布団すっごくヨミの匂いがする!///)」

マト「(う~/// 何か変に意識しちゃって寝るどころじゃないよ!)」モゾモゾ



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 21:58:50.98 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「・・・寝れないの?」

マト「う、うん。友達の家にお泊りなんて初めてだから緊張しちゃって・・・えへへ」

ヨミ「実は私も二人で寝るなんて初めてだから緊張してるの」

ヨミ「・・・ちょっとお喋りしない?」モソッ

マト「うん!」

ヨミ「ふふっ、うれしい」

マト「私も今日ずっとヨミとお喋りできてうれしいよ!」

ヨミ「マト・・・」

ヨミ「・・・」ジー

マト「な、何? 顔に何かついてる?///」


ヨミ「・・・綺麗」



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:02:28.41 ID:rzD0hC0I0


マト「ほぇっ!?///」

ヨミ「何だか新鮮な感じがすると思ったら、マト髪下ろしてるのね」

マト「あ、う、うん」

ヨミ「いつものマトは活発な感じだけど、今のマトはとっても綺麗よ」

マト「も、もー! ヨミったら! お世辞言っても何もでないからね!///」

ヨミ「ううん、本当にそう思うの。マトすごく綺麗」

マト「・・・あ、ありがと///」

マト「そういうヨミこそ! いつもはメガネかけてるけど今はしてないじゃん!」

マト「その、何て言うか・・・」

マト「どっちのヨミも綺麗だと思う・・・」

ヨミ「ほ、本当!?」

マト「本当だって! ヨミのうわさ時々きくもん!」

ヨミ「う、噂?」

マト「うん!」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:05:43.26 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「・・・どんな噂なの?」

マト「悪い噂じゃないんだよ? 小鳥遊さんって美人だよねーみたいな感じ?」

ヨミ「ええ!?」

マト「スタイルもいいしモテるんだろうなーとかそういう噂!」ニシシ

ヨミ「そ、そんなことない!」

ヨミ「私根暗だから全然モテたことなんてないし、それを言うならマトの方が明るくて人懐っこいしモテるんじゃない!?」

マト「えぇ!? 私だってモテたことなんてないよ!」

マト「それにそんなこと言われたのも初めてだし・・・」

ヨミ「そ、そうなんだ・・・意外」ホッ



ヨミ「・・・ねぇ」

マト「何?」

ヨミ「マトって・・・好きな人いる?」

マト「!? えぇ!?///」

ヨミ「・・・どうなの?」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:08:36.74 ID:rzD0hC0I0


マト「きゅ、急に言われても・・・」

ヨミ「じゃあ好きじゃなくても気になる人はいない?」

マト「えーっと・・・///」

ヨミ「・・・いるんだ」

マト「いや! そのこれは何て言うか私もよくわからないけど、その・・・う~・・・」

マト「はっ! 私のことばっかりズルいよ! ヨミも教えなよ! 好きな人!」

ヨミ「・・・私は・・・」

ヨミ「私は・・・いるよ。好きな人」

マト「えぇっ!? ほんとに!?」

ヨミ「・・・うん」

マト「こ、告白とかしないの?」

ヨミ「私は好きだけど、向こうはそんな気はなさそうだから・・・」

マト「その人って私も知ってる人?」

ヨミ「・・・うん。知ってる」

マト「もしかしてクラス同じだったりする?」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:12:21.45 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「・・・」コクリ

マト「うちのクラスの男子って誰がいたかなぁー? あんまり覚えてないや」

ヨミ「・・・の」

マト「ん?」

ヨミ「違うの」

マト「何が?」

ヨミ「・・・男子じゃないの。その子」

マト「えっ・・・?」

ヨミ「・・・」

マト「じゃあヨミの好きな子って・・・?」

ヨミ「・・・気持ち悪いよね。同性を好きになるなんて」

マト「そんなこと・・・」

ヨミ「・・・」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:15:30.81 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「自分でもおかしいと思ってるの」

ヨミ「でもその人は優しくて・・・友達の少ない私にもよくしてくれる」

ヨミ「こんなの迷惑だって思っても気が付いたらその人のことばかり考えて・・・」

ヨミ「だからもう、限界なの」ガバッ

マト「わわっ!?」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:18:26.70 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「・・・」ギュッ

マト「ヨミ・・・?」

ヨミ「あなたが・・・好きなの・・・」

マト「・・・!」

ヨミ「あなたに嫌われたくない・・・!」

ヨミ「お願い・・・もう少しこのまま・・・」

マト「うん。大丈夫。ヨミを嫌いになんかならないよ」ナデナデ




ヨミ「・・・」スッ

マト「・・・落ち着いた?」

ヨミ「うん・・・」

マト「・・・」

ヨミ「・・・」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:23:12.61 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「ごめんなさい。やっぱり気持ち悪いよね・・・」

マト「えっ」

ヨミ「私は下のソファーで寝るからマトはこのままここで寝て?」ムクリ

マト「ちょ、ちょっと待ってよヨミ!」ガシッ

ヨミ「マト・・・?」

マト「一方的にヨミばっかり言いたいこと言って逃げるなんでずるいよ!」

マト「私は気持ち悪いなんて言ってないし思ってない!」

ヨミ「・・・ありがとうマト。やっぱり優しいのね」

ヨミ「そういうあなたを好きになったの」

マト「!///」

ヨミ「・・・でも無理しなくていいのよ?」

マト「無理なんてしてない!」

ヨミ「いいの。いっそ傷つけてくれた方が楽なの」

ヨミ「・・・辛いから期待させないで」

マト「・・・!」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:29:07.04 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「じゃあ・・・私は下に行くから・・・」

マト「ヨミ!」ガバッ

ヨミ「きゃっ!? ちょっとマt・・・んっ!?」



マト「ん・・・///」

ヨミ「ぷはっ! はぁ、はぁ・・・///」

マト「はぁ・・・はぁ・・・///」


ヨミ「マト・・・? どうして・・・?」

マト「私もヨミのこと好き! ・・・なんだと思う」

マト「好きになるってよくわかんなくて・・・」

ヨミ「・・・ふふっ、なにそれ!」

マト「わ、笑わないでよ!///」



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:32:51.81 ID:rzD0hC0I0


マト「でも今日ヨミとずっと一緒にいてとっても楽しかったし、好きって言われてすごくドキドキした・・・」

マト「ヨミの匂いを嗅ぐと安心するし、もっと一緒にいたいって思った」

マト「同性って普通じゃないかもしれないけど好きなんだから仕方ないじゃん!」

ヨミ「マト・・・」

マト「だからヨミ私の恋人になって!」

ヨミ「・・・うん!」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:36:32.16 ID:rzD0hC0I0






マト「はぁー、さっきはびっくりしたぁー」

ヨミ「ご、ごめんなさい」

マト「だっていきなりヨミが抱き着いてくるんだもん!」

ヨミ「それならマトはいきなりき、キスしたじゃない!///」

マト「うっ・・・/// ごめんなさい・・・」

ヨミ「いいのよ。嬉しかったんだから///」

マト「えへへ・・・///」

ヨミ「あとさっきの好きな人はいないけど気になる人はいるって言ってたのって・・・」

マト「うん。ヨミのこと!」

ヨミ「え・・・」

マト「え? あああそういう意味じゃなくて!! 今はもうちゃんとヨミのこと好きだよ!?」

ヨミ「ふふっ、知ってる」

マト「もー! からかわないでよー!」



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:40:33.68 ID:rzD0hC0I0


ヨミ「ごめんごめん」

マト「そういえば今日ヨミなんだか怪しかったよ?」

ヨミ「えっ!? な、なんのこと?」

マト「私が帰ろうとしたら必死に口実つけて引き留めようとしたりー」

ヨミ「やっぱりわざとらしかったよね・・・」

マト「ばればれだよー! お母さんに電話までしちゃってさー」

ヨミ「で、でも最初は告白しようなんて思ってなかったのよ? マトが何だかその気にさせるようなこと言うから・・・」

マト「え!? わ、私そんなこと言ったっけ!?」

ヨミ「愛してるとか私のご飯が毎日食べたいとか・・・髪乾かしてるときに変なところ触ったり・・・」

マト「あ、あれはその!/// 悪気はなかったっていうか!」

ヨミ「好きな人にあんなことされて期待しない人なんていないんだから・・・」

マト「ご、ごめん///」

ヨミ「嬉しかったから許してあげる」ニコッ

マト「ほっ・・・」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:43:47.01 ID:rzD0hC0I0


マト「そういえばさ、ヨミ私がシュークリーム食べてるときに何かしてたよね?」

ヨミ「えっ!?」

マト「あれ何してたの?」

ヨミ「べ、別に何もしてないよ?」

マト「・・・ねえヨミ、私たち恋人同士なんだよね?」じー

ヨミ「う・・・わかったわ。正直に言うから・・・」

マト「よし! それで何してたの?」

ヨミ「マトの写真撮ってたの・・・」

マト「ちょっ! クリームついてたの写真に撮ったの!?」

ヨミ「ご、ごめん! マトが可愛かったからつい!」



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:47:24.56 ID:rzD0hC0I0


マト「も、もー!/// ちゃんと言ったら撮らせてあげるのに!」

マト「・・・」

マト「・・・ねえ、まだ何か隠してない?」

ヨミ「えっ!? そ、そんなことないよ?」サッ

マト「ちゃんと私の目見て」じー

ヨミ「」



このあとお風呂でマトの出し汁を飲んでたことやら使用済みの服と新品をすりかえていたことやらを詰問されたのはまた別の話


おわり★



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:48:56.68 ID:80CPj1RC0


続かないのかー


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:48:56.96 ID:KKSHp50L0


さすがにドン引きされるだろw



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:52:47.99 ID:eXttoX6q0


面白いな 乙


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:55:34.05 ID:rzD0hC0I0


アニメもまあよかったけど、個人的にはどっちかといえばOVAの方がよかったと思う
何故か?マトヨミが幸せそうだからだよ言わせんな恥ずかしい

OVAで意味深な終わり方してたもんだから
続きあるとしたらユウとのドロドロ三角関係だろと思っていたがそんなことはなかったぜ

BRSのSSないかなー思いながらいつもスレタイ検索しても一向に出てくる気配がないので自分で書いた。
お前らも書いてくれたらうれしいなー(チラッ



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/04/22(日) 22:57:53.58 ID:80CPj1RC0


OVAのマトヨミのラブラブ加減はヤバいからな
アニメは病んでる方向で百合だったからちょっとアレだったけど
まぁとりあえず乙



[ 2012/04/23 21:30 ] BRS SS | コメント(2)

BRSのSSとは珍しい
[ 2012/04/23 22:43 ] [ 編集 ]

BRSの百合良いよね
ユウ(ストの方)マトとかもっと流行っても良い気がする
[ 2013/11/14 01:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/727-c3111009


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。