FC2ブログ









あぎり「ソーニャが、死んだ?」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 19:56:37.76 ID:OrkIXc4r0




――昼休み、学校の屋上。



ソーニャ「………」


私は備え付けのベンチに腰掛けて、少し古い型の携帯電話を耳にあてていた。
相手は組織の仲間だ。 当然、会話の内容は仕事の話。


???『……って感じで、こっちは上手く行ってますー』

ソーニャ「ああ……」

???『急な仕事だったけど、簡単だったから。 そのぶん、給料は安いんだろうけど……』

ソーニャ「…………」

???『……聞いてる?』

ソーニャ「ん? ああ、ごめん」


ちゃんと聞かなければいけないのに、どうも気が抜けてしまう。
最近はいつもこうだ。





2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 19:58:06.50 ID:OrkIXc4r0



???『まったく、あなたがそんなんでどうするんです?』

ソーニャ「……わかってるよ」

???『はあ……慣れないことしてるから、疲れてるんじゃないですかー』

ソーニャ「……?」

???『折部やすな……でしたっけ? あの子の何が良いのか……』

ソーニャ「……余計な詮索はするな」

???『はいはい』

ソーニャ「…………」

???『……まあ、ごっこ遊びもいいですけど、早めに本業に戻ってねー』


???『これ、あなたが頼んだ依頼なんですからね? 給料払えないとか、勘弁ですよ』


ソーニャ「……わかってるって、なんとか暇を作ってみるよ」



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 19:59:13.64 ID:OrkIXc4r0



???『ならいいけど……じゃあね』


電話が切れた後も、私はしばらく携帯を耳にあてていた。
単調な電子音を聞きながら、少し考え事をする。

……私だって、わかってる。
慣れないことを、無理してやってることくらい。

でも、簡単にやめるわけにはいかない。
これは、私が始めたことだ。



やすな「……ソーニャちゃーん! 買ってきたよー!」

ソーニャ「……あ」


気がつくと、入り口のあたりにやすなが立っていた。
高く振り上げた手の先には、頼んでいた缶ジュースが握られている。


やすな「いやっふー……って、あれ?」

ソーニャ「おい、炭酸なんだからあんまり振り回すなよ!」



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:04:02.14 ID:OrkIXc4r0



やすな「うん……」

ソーニャ「あーもう、見るからに膨らんでるじゃないか……」

やすな「…………」

ソーニャ「……? どした?」

やすな「……そ、ソーニャちゃん、それ……」


やすな「誰から、電話?」


ソーニャ「あ……」

ソーニャ「……ちょっと、仕事」

やすな「えっ……」


胸元へ寄せられた小さな手から、漫画みたいに缶ジュースが滑り落ちる。
さっきまで騒いでいたのが嘘みたいに、やすなの顔は青ざめていた。



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:04:37.68 ID:OrkIXc4r0



ソーニャ「……なんだよ、なんか文句あるのか?」

やすな「だっ、だって! ついこの前……」

ソーニャ「言っておくが、もう二度とあんなヘマはしないからな」


足元に転がってきたジュースを、一度蹴りあげてから空中でキャッチする。
ちょっとした曲芸だが、やすなは何も反応しなかった。

……こんなことでは、気を逸らせないみたいだ。


やすな「そんなこと言っても……! 信用できないよ!」

ソーニャ「……あ?」

やすな「だって、いつもそうやってプロぶってたじゃん!」

やすな「……でも、全部嘘だった!」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:05:18.12 ID:OrkIXc4r0



ソーニャ「お前、喧嘩売ってるのか?」

やすな「本当のこと言ってるだけだもん! ……私にはそうやって威張ってるくせに」


やすな「この前の……あんな、あんな大怪我して! あんなに、長く学校休んで……」


ソーニャ「…………」

やすな「ソーニャちゃんなんて……ザコじゃん! ザコ! ざーこ!」

ソーニャ「……いい度胸だなお前」

やすな「ふん、ザコソーニャちゃんなんてもう怖くないもん! バーカ!」

ソーニャ「…………」

やすな「そんな弱いんだったら、もう殺し屋なんてやめちゃえ! じゃないと……ぶはっ!?」


さんざん振られた上にかどが凹んだ炭酸ジュースを、一息に開栓する。
追加で降るまでもなく、勢い良く噴出した中身がやすなの顔面を直撃した。



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:09:29.11 ID:OrkIXc4r0



やすな「いっ……ったー!! 目がああっ!!」

ソーニャ「…………」

やすな「あああああ……ってやめて!? 残りをまんべんなくふりかけないで!!」

ソーニャ「捨てたら勿体ないだろ?」

やすな「だったら飲んでよぉ!!」

ソーニャ「飲めるかこんなもん!」

やすな「うう……ひどい……びしゃびしゃだよ……」

ソーニャ「……はっ、これくらいですんで良かったと思え」

やすな「うええ……ソーニャちゃんのばかあ……」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:10:15.00 ID:OrkIXc4r0



ソーニャ「馬鹿はどっちだ……じゃあな、そろそろ休みも終わるし、先に戻ってる」

やすな「待ってよぉ……行かないでよぉ……」

ソーニャ「べたべたくっつくな! こっちまでベタベタするだろ!」

やすな「うう……だって……」


やすな「ソーニャちゃん……死んじゃうよぉ……」


ソーニャ「……っ!」

やすな「そしたらやだよ……寂しいよ……」

ソーニャ「ばっ……馬鹿! そんな簡単に死ぬか!」

やすな「死ぬよ!」

ソーニャ「死なない!」

やすな「死ぬもん!」

ソーニャ「……死なないって言ってるだろ!」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:15:56.17 ID:OrkIXc4r0



やすな「ひっ……」

ソーニャ「…………」

やすな「…………」

ソーニャ「……悪かったよ、ちょっとやりすぎた」

やすな「……うう」

ソーニャ「ほら、これで顔拭け」


ハンカチを差し出すと、やすなは素直に受け取った。
ひとしきり騒いで、流石に落ち着いたらしい。


ソーニャ「……着替えあるか?」

やすな「今日、ジャージ持ってきてない……」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:16:36.25 ID:OrkIXc4r0



ソーニャ「……仕方ないな、私の貸してやるよ」

やすな「ほんと!?……なんか優しいね」

ソーニャ「厳しくして欲しいのか?」

やすな「してほしくないです!」

ソーニャ「……じゃあ先に行ってろ、私は代わりのジュース買ってから行くから」

やすな「私の分も買ってくれるの!? わーい!」

ソーニャ「おい、誰がそんなこと……おい!」

ソーニャ「……って、もう居ないし」


まあ、元気が出たならよしとしようか。
そんなことを考えながら、ジュースの缶を拾って屋上を後にする。



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:17:28.13 ID:OrkIXc4r0




ソーニャ「…………」


……あんな顔をするなんて、思わなかった。
たかだか仕事の電話一本で。


あんなに……心配しているなんて。



???「まあ、それだけ愛されてるんですねー……ソーニャさんは」



ソーニャ「?……なんだ、居たのか」

???「ええまあ。 ちょっと予行演習でもしようかな、と思って」

ソーニャ「じゃあなんでわざわざ電話したんだよ?」

???「邪魔しちゃ悪いでしょ?」

ソーニャ「…………」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:18:21.51 ID:OrkIXc4r0



いつの間にか背後に立っていた長髪の女子生徒は、
まるで服装を自慢するように、その場でくるりと一回転した。


???「……どう? 似てます?」

ソーニャ「……ああ、完璧だ」

???「お褒めに預かり光栄です……」

???「……まあ、あなたほどじゃないと思いますけどねー?」

ソーニャ「やめろよ、聞かれてるかもしれないだろ」

???「大丈夫、もう教室に行ったみたいですよ」


ソーニャ「……そうですか」




16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:19:32.69 ID:OrkIXc4r0



???「……ちょっと、本物と見比べてもいいですか?」


ソーニャ「はいはい……」


同僚のしつこい誘いにはうんざりするが、物を頼んでいる身だ。 あまり大きな態度はとれない。
それに、どうせもうすぐ取り替え時期だ。


私はその場で、顔にかぶっていた薄いマスクを剥ぎとった。



あぎり「……心配しなくても、ちゃんと私に見えてますよ」



同僚の忍者は、人を小馬鹿にしたような顔で笑った。


偽あぎり「……それは良かった♪」



……私って、こんなに腹の立つ顔だったんだなあ。




19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:25:52.85 ID:OrkIXc4r0



………


―― 一ヶ月ほど前、自宅。



あぎり「……え? ソーニャが死んだ?」



組織から仕事の説明を受けている最中に、私は彼女が死んだことを聞いた。

ほんの、世間話のような感覚で。



上司「ああ、仕事中にドジったらしい」

あぎり「ドジったって……あの子が、そんな」

上司「確かにあいつは腕が良かったが……敵には事欠かない奴だったしな」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:26:39.33 ID:OrkIXc4r0



あぎり「はあ……それは、確実なんですか?」

上司「死体は俺も確認したよ、あれは間違いなく本人だ」

上司「元々、お前みたいに器用な真似が出来るやつでも無いし」

あぎり「…………」



彼女とは、ちょっとした知り合いだった。

会えば軽く話したり、時々仕事を手伝ったり。 いくらでもいる知り合いの一人。
もちろん、殺し屋の同僚にもそんな相手は居たし、仕事柄死んでいった者も少なくはなかった。

そもそも、明日の生死もわからないような職業の人間は、あまり深い人間関係を作りたがらないものだ。
それは私も、彼女も同じだった。


同じはずだった。




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:27:57.55 ID:OrkIXc4r0



……その知らせを聞いてから一週間後くらいだったか。

私は正直、ソーニャのことを少し忘れかけていた。
あの時あれを見なければ、そのまま忘れてしまっていたかもしれない。
それとも、いつかは見るはめになったのかな。

私はソーニャを介して、彼女ともちょっとした知り合いだったから。


――放課後。 ソーニャの机がある教室の前。


本当にたまたま通りかかって、たまたま教室のドアが開いていた。
そしてたまたま、そっちの方を見ながら通りすぎようとした。


そこで、彼女の背中を見た。



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:30:58.85 ID:OrkIXc4r0



彼女は自分の机に腰掛けて、隣の机をじっと見つめていた。
もう一週間くらいになるだろうか。

いきなり失踪して連絡がとれない友達が、座っているべき机。

自宅の場所も知らない彼女が、唯一待っていることができる場所を。

帰ってくるはずもないのに。


彼女は、じっと見つめていた。



その時、私が何を思っていたのかは……まだ考え中だ。
不憫に思ったんだろうか。 それはらしくないし、単なる悪ふざけだろうか。
流石に、そこまで外道になったつもりはないけど……

じゃあ、やっぱり何か、思う所があったんだろうか。




24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:32:01.07 ID:OrkIXc4r0



とにかく、私はソーニャの姿を完璧に真似た。
リアリティを出すために、体中に包帯まで巻いた。

変装は大の得意分野だった。 バレるはずもなかった。
実際、今の今まで、一度も怪しまれなかった。


でも、私は2つ体があるわけではない。
私がソーニャを演じるということは、呉織あぎりがいなくなったのと同じことだ。

簡単な分身の術や、集団催眠の術や、出席簿書き換えの術を使えば、周りには怪しまれないですむ。
しかし、私と彼女とソーニャが、一堂に会するような事態は話が別だ。

だからそんな時は、同僚の忍者に私の代役を頼み込んできた。 もちろん有料で。

あの同僚も、内心では私を嘲笑っているんだろうか。



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:32:46.77 ID:OrkIXc4r0



もう、一ヶ月くらいになるのかな。
私はいまだに、その馬鹿げた茶番劇を続けていた。

というより、やめられなかった。

誰かと深く付き合っていれば、当然昔のままでは居られない。
私もきっと、彼女に何かの影響を受けてきたんだろう。

だから、やめることはできない。



……彼女に初めてソーニャの姿で接したとき、どんな反応が帰ってきたか?


それは、だれにも教えたくない。
特に理由は無いけれど、自分の胸の内にしまっておきたい。


そう答えたら、同僚ははっきりと、声に出して私を笑った。



………



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:37:32.16 ID:OrkIXc4r0




――――――――――


形意拳、というのがあるんだ。



中国の拳法で、それぞれ動物を模した十二形拳を……

何? 動物のモノマネ?

……アホっぽい?


ま、まあ、素人にはそう見えるかもしれないけどな。
こう見えても結構強いんだよ。 本当だよ?。


なんてったって、その使い手である私は、今まで任務を失敗したことが無い。
あの……なんとかって金髪の殺し屋も、確実に殺ったはずだ。

……はずだったのに。



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:39:15.36 ID:OrkIXc4r0




なのに、なんだあれ?


すぐ目の前の道を。

あの金髪ツインテールが。

バカそうなお友達と一緒に、今日も元気に歩いてるじゃないか。


失敗した? そんなはずは無い。 でも奴は生きてる。
他人の空似? 影武者か? ……どちらにしても、簡単な解決方法は一つ。


もう一度殺す。 単純なことだ。


そうと決めたらさっさと行動に移ろう。 今すぐ追いかけて、息の根を止めよう。
……というわけで、私はその二人の後をつけることにした。


え? 私の名前? ……うるさい、殺し屋が簡単に言うわけないだろ!


――――――――――





31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:40:11.41 ID:OrkIXc4r0



………



やすな「……ねえソーニャちゃん、聞いてる?」

ソーニャ「……? ああ、なんだっけ?」

やすな「なんだっけじゃないよ、ちくわぶの話だよ!」

ソーニャ「ちくわ……」

ソーニャ「この暑いのに、おでんの話か?」

やすな「……ちくわぶは家の犬の名前だよ」


ソーニャ「……えっ?」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:40:39.05 ID:OrkIXc4r0



やすな「ほら、ソーニャちゃんも一度会ってるじゃん……」

ソーニャ「……そうだったっけ」

やすな「もう、しっかりしてよー」

ソーニャ「…………」


――べつの日。 通学路。


私は彼女と一緒に、他愛もない話をしながら下校していた。
彼女はいつものように、自分の身の回りのことを熱心に話している。



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:41:30.16 ID:OrkIXc4r0



やすな「それがさ、この間半分になったすずめをくわえてきてさ……」

ソーニャ「ふーん……」

やすな「そういうのって猫だけかと思ってたけど、犬もやるんだねー」

ソーニャ「そう……」


……だけど、どうにも集中できない。

「本物」だけが知っている情報の存在に冷や汗をかきながらも、
私の意識は、背後の電柱、もっと言えばその裏に潜んでいる何者かに向けられていた。


……はっきり言って、奴の尾行は絶望的に下手だった。

存在を隠せていないのはもちろんのこと、視線や足音までもれなく伝わっている。
隣の彼女に気付かれていないのが奇跡のようだ。


しかしおそらく、この無能な殺し屋こそが……ソーニャの仇だろう。



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:42:24.93 ID:OrkIXc4r0



ソーニャの死後、私はその相手についてできる限り調べていた。
情報によれば、奴は非常に高い身体能力を持った拳法家で、格闘戦では右に並ぶものが居ない。
つまり殺し屋としての技術は未熟だが、一旦補足してしまえば確実に仕事を成功させられるのだ。


たぶんソーニャは、奴を返り討ちにしようと思ったのだろう。
腕のいい殺し屋ほど、その選択肢をとるに違いない。

その結果、自分が返り討ちにあってしまった、ということだ。


それなら、私は違う方法をとれば良い。


ソーニャ「……あっ」

やすな「? どしたの?」

ソーニャ「教室に、ちょっと忘れ物したみたいだ」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:43:14.75 ID:OrkIXc4r0



やすな「……そうなの?」

ソーニャ「ああ、走って取ってくるから、悪いが先に帰っててくれ」

やすな「えっ……」


私はその場で振り返り、来た道を走って戻った。
奴が隠れている真横を通りぬけながら、その姿を一瞥する。


腰に上着を巻きつけた、バカそうな少女だ。


……なんだか嫌いになれない顔だな、と少し思った。




37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:46:52.01 ID:OrkIXc4r0




―――――――



あいつはすました顔でこっちを見ると、そのまま学校の方へ走り去っていった。


あのままついていって、人気のないところまで来てからとどめを刺すつもりだったのに……
おそらく奴も、それに気付いたんだろう。

放課後と言っても、学校にはまだたくさん人が居る。
その中に逃げ込まれれば終わりだ。

いくら私が強くても、人目につく場所では暴れられないからな。


……まあ、そうなる前に追いつけば良いだけの話だ。

追いかけっこには自信がある。



それにしても、私の尾行を見破るとは……相当やるな。


―――――――




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:47:40.33 ID:OrkIXc4r0




――再び通学路。 そろそろ学校が見えてくる頃合いかな。


もう5分くらいになるか、ずっと走り続けているけど、未だに後ろの気配は消えない。
これでも全速力で、追いかけにくい場所を交えながら逃げてるつもりなのに……


屋根をつたっていけば塀を壊し、人ごみを抜ければ一般人をなぎ倒し、水上を走れば川を飛び越える。

馬鹿ではあるけど、能力の高さは本物だ。
工夫と回り道をしなければすぐに追いつかれていただろう。


でも、これで考えが決まった。
これくらいで誤魔化せる敵なら放置しても良いと思ったけど、それは無理らしい。

なら対応は一つ。



返り討ちだ。





39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:48:31.59 ID:OrkIXc4r0




―――――――


走り始めてから……どれくらいたったっけ。
色んな場所を走り続けて、自分が今どこを走っているのかもわからなくなってきた。


それなのに、奴は一向に戦おうという意思を見せない。
一度負けたから、私のことが怖いんだろうか?


まあいい。 いつまでも逃げていられるわけがない。
私と体力勝負しようなんて甘いんだよ。
実際、あいつと私の距離はだんだん縮まっている。
あと一回でも減速すれば、瞬時に詰められる距離だ。


つまり……次の曲がり角。


あれを曲がれば、全部終わり。
今回も仕事達成だ。



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:49:48.89 ID:OrkIXc4r0



あーあ、走り回ってたら、なんだか腹が減ってきた。
これが終わったらカップ麺でも買って帰るか、っと。


奴の姿が塀の向こう側に消える。

カップ麺の前に、最後の仕上げだ。


私は速度を落とさずに、むしろ足に力を込めて、一気に塀を飛び越えた。


こういうのは気分がいい。 鳥になったみたいだ。
いつまでも楽しんで居たいけど、そうもいかない。

私は両足を揃え、アスファルトの地面に着地する。
そして一息に振り返り、あのすかした顔に渾身の一撃を……



あれ?



奴が居ない。 影も形もない。



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:50:46.11 ID:OrkIXc4r0



飛びすぎたか?

慌てて振り向くと、そこには長い黒髪の女子高生が居た。
私に驚いたのか、ぽかんとした顔でこっちを見ている。


が、奴の姿は見えなかった。


前にも後ろにも居ない。 上にも下にも右にも左にも居ない。
消えた……? まさか。

私は近くにいた女子高生に声をかけてみることにした。


「おい! さっきここを、金髪の女が走っていかなかったか?」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:51:39.28 ID:OrkIXc4r0



「え? 金髪の……?」

「ああ、ツインテールの、目付きの悪い……」

「はあ……それなら確か、あっちの方に……」


そいつは眠そうな目をぱちぱちさせて、奴が元々目指していた方角を指さした。
どうやら、まだ学校に向かっているらしい。

こんなに足が速いなんて……まんまとやられたな。



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:52:42.20 ID:OrkIXc4r0



「そうか……助かった、じゃあな!」

「いえいえ」


私は女子高生に軽く礼をして、奴が走り去っていった方に足を向けた。

そして全身の力を込め、地面を蹴って、



何をしたのか、自分でもわからなかった。



なぜか、頬に冷たい感触がある。 アスファルトに押し付けているみたいだ。

じゃあ私は倒れているのか?

それを確認しようにも、目の前は真っ暗だ。

まぶたを開けても、閉じても真っ暗だ。

耳も聞こえないし、それにつられたみたいに、三半規管も意味が無い。

上も下もぐにゃぐにゃになって、自分の姿勢すらわからない。



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:53:55.27 ID:OrkIXc4r0



何が起きた? あいつに殺られたのか?

でもあいつは居なかったはずだ。 そもそもちゃんと殺したはずだ。

じゃあなんで?


まあいいか。 もう終わったことだ。

私は結局、一回も仕事を失敗しなかった。 そういうことにしとこう。


そう考えると、なんだか気分がいい。 鳥になったみたいだ。

これからは、いつまでも楽しんで居られるのかな?



ああ……でも。



どうせなら、お腹いっぱいで死にたかったな。


―――――――




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 20:59:07.33 ID:OrkIXc4r0




あぎり「……終わりましたね」


私は殺し屋の死体を見下ろしながら、左手の吹き矢を慎重にしまった。
革製のケースは、にじみ出た猛毒によってすっかり変色している。
アナログなのもいいけれど、今度からは注射器とかも使おうか。


あぎり「すみませんねえ……苦無で刺したくらいじゃ死にそうになかったので」

あぎり「ちょっとだけ、強めのお薬を使わせてもらいました」


そばに屈みこんで、すこしごわっとした茶髪を撫でる。
干したての布団のような匂いがした。

元気な所といい、どこか子犬のような少女だ。


あぎり「苦しかったですか?……馬鹿ですね、私みたいな人間に背を向けるなんて」




53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:00:27.41 ID:OrkIXc4r0



もう少し賢ければ、長生きできたかもしれないのに。
それでなくても、こういう馬鹿で素直な人はあの娘を連想していけない。
別にためらったりはしない。 悲しいわけでもない。

ただ、もし彼女を殺せと言われたら……簡単に殺せてしまえそうで、気分が悪い。


あぎり「……さてと」


いつまでも遊んでいるわけにはいかない。 今は誰も居ないが、ここもいずれ人が通るだろう。
それまでにこの死体を、なんとかしなければ。


そもそもそのために、わざわざ学校の近くまで来たのだから。


……



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:00:50.25 ID:vyRqLG1H0


没キャラぁぁぁぁああぁぁぁあぁぁ


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:01:32.72 ID:BWGdW0zj0


なんというか物悲しいな


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:02:22.84 ID:OrkIXc4r0




――空き教室。 ここは元忍者同好会の部室でもある。


私はその隅に置かれたロッカーを、死体の隠し場所として選んだ。
隠し場所といっても、組織の連中が回収に来るまで、それほど長くはかからないだろう。
なら埋めたりする必要はない。 一時的に人の目を遠ざけられれば十分だ。


それなら、ここはかなり適した場所と言える。
ここには私と、彼女しか来ないから。


一応ロッカーの鍵を閉めた後、私はソーニャの遺品では無い方の携帯を取り出した。
走りながらメールした同僚には、私の格好をしてあの娘を見張っておくように頼んである。


しかし、電話に出た同僚は開口一番謝ってきた。


偽あぎり「すみませーん、対象の補足に失敗しましたー」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:04:38.70 ID:OrkIXc4r0



あぎり「……は?」

偽あぎり「今回の給料は要りませんのでー、それではー」

あぎり「はいはい逃げないで説明してください」


偽あぎり「それが……連絡があった直後に指定場所へ向かったんですが」

偽あぎり「折部……さんでしたっけ? もう居なかったんですよ」

あぎり「……追いかけましたか?」

偽あぎり「もちろん……でも、彼女の家まで行っても居ませんでした」


まずい。 殺し屋はあの一人だけじゃなかった……?

なら、彼女は人質に取られた? いや、とりあえずの情報源として? それとも関係者に間違われたか?

それなら今頃彼女は、どこかの組織に拘束されている? 尋問されている?


……殺された?




61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:06:38.15 ID:OrkIXc4r0



体中の血液が冷たく感じる。 頭だけが燃えるように熱い。

前髪を伝った冷や汗が、小さな音を立てて床に落ちた。


なぜすぐに確認しなかったのだろう。 死体なんて放っておけばよかったのに。

あの娘に何かあったら、誰を何人殺そうが意味ないのに。


偽あぎり「……ちょっと、聞いてます?」

あぎり「……は、い」


息が乱れて、上手く返事をすることができない。

一度深呼吸してから、改めて電話に注意を向ける。


偽あぎり「はあ……ちょっと落ち着いてくださいよ」

あぎり「…………」

偽あぎり「……たぶん、殺し屋は一人だけです」



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:07:48.85 ID:OrkIXc4r0



偽あぎり「そもそも、ソーニャさんを殺ったのは単独の殺し屋ですよ?」

偽あぎり「それに、折部さんだって家にまっすぐ帰るとは限らないでしょう……」

あぎり「あ……」

偽あぎり「どうせ、大した説明も無いまま慌てて逃げてきたんでしょ?」

偽あぎり「おそらく、あなたを追いかけて行ったんだと思うんですけど」

あぎり「そ、そう……ですね」

あぎり「きっと、そうでしょう……」


思わずため息が漏れた。

急激に緊張がほぐれたからか、頭がガンガンする。

情けない話だ。



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:11:56.45 ID:OrkIXc4r0



偽あぎり「それで? あなたは、今どこに居るんです?」

偽あぎり「……というか、どこに向かう、と言ったんですか?」

あぎり「えーと、学校の……」


空き教室に、と言いかけて口が止まる。
今、自分はどこにいて、彼女はどこに向かっている?


それはもちろん……


やすな「ソーニャちゃん!……って、あれ?」



ここだ。



やすな「あぎりさん?」

あぎり「あ、ああ……久しぶり、ですね」



……



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:13:04.10 ID:OrkIXc4r0




――空き教室。


急に開いたドアの向こうには、ソーニャを探しに来た彼女が立っていた。

当然、そんな急なことに反応できるはずがない。
殺し屋を騙したときはマスクを剥ぐだけで良かったが、一瞬で逆をするのは不可能だ。
私は久々に素顔で……呉織あぎりとして、彼女に接しなければならなくなった。


やすな「久しぶり……?」

あぎり「あー……体感時間的に、ですよ」

やすな「はあ……まあいいや」

あぎり「あはは……」



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:14:59.57 ID:OrkIXc4r0



やすな「それより、どうしたんですか? 一人で……」

あぎり「別に、大したことじゃありませんよ」

あぎり「ちょっと電話を……仕事のことで」


状況を察したのか、すでに通話が切れた携帯を持ち上げてアピールする。
単調な電子音が、虚しく部屋に響いた。


やすな「はあ……あ、そうだ」

やすな「あの、あぎりさん?」

あぎり「はい、なんでしょう?」


彼女は、特に疑問を持たなかったようだ。

好都合だけど、同時に、何か引っかかったような感触を覚える。



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:15:43.77 ID:OrkIXc4r0



やすな「えっと、ソーニャちゃん見ませんでした?」

あぎり「ソーニャ?……はい、まあ」

やすな「本当!? どこに居たんですか?」

あぎり「あの、何かありました?」

やすな「ああ、その……さっき、忘れ物があるとか言って走って行っちゃって」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:16:49.45 ID:OrkIXc4r0



やすな「でも、なんだか、様子が変だったというか」

やすな「目が仕事をするときの目になっていたというか……」

あぎり「ああ、なるほどー……」

やすな「それで追いかけてきたんですけど、どこにも居なくて」

あぎり「なら、ちょうど行き違いになっちゃったんですねー」

あぎり「ソーニャなら、ついさっきここを出ていったばかりですよ?」

やすな「えっ? そうなんですか!?」

あぎり「ええ、何か探してたみたいですけど?」

やすな「……なんだ、本当に忘れ物かあ……」


彼女は明らかに怪しい言い訳を素直に信じているようだ。
それは彼女が単純だからか、それとも、それが望んでいた答えだからなのだろうか。



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:17:28.05 ID:OrkIXc4r0



やすな「じゃあ、今から戻ろうかな……」

あぎり「たぶん、追いつけないとおもいますよー?」

あぎり「あなたを待たせてる、って言って急いで出て行きましたから」

やすな「あちゃあ……そうですか」


どちらにせよ、私には好都合だった。
このまま彼女が帰ってくれれば、それで終わりのはずだった。



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:18:40.76 ID:OrkIXc4r0



やすな「ありがとうございました……それじゃあ」

あぎり「あ、ちょっと待って下さい」

やすな「え? なんですか?」

あぎり「……あなたは――」



それなのに、私はどうしても我慢できなかった。




あぎり「――どうして、ソーニャの仕事を邪魔するんですか?」





75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:21:54.19 ID:OrkIXc4r0



やすな「……え?」

あぎり「あなたが慌てて帰ってきたのは、ソーニャが仕事をするんじゃないかと思ったからでしょ?」

やすな「あ、まあ……そうですけど」

あぎり「どうしてですか?」

やすな「どうして、って……」


こんなこと聞く必要は無い。

それどころか、変な勘ぐりをされかねない。

それでも、私の口は止まらなかった。



76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:22:51.10 ID:OrkIXc4r0



あぎり「……あなたは、何故彼女に人を殺させたくないんですか?」

やすな「そ、そんなの……悪いことだからに決まって」

あぎり「嘘ですね」

やすな「えっ?」

あぎり「悪いことだと思ってるなら、その悪いことをしてきた彼女を軽蔑するでしょう」

あぎり「そんなこと……全然、ないじゃないですか?」

やすな「あ……えっと」


今の私は、どんな顔をしているんだろうか?

自分でもよくわからない。 けれど、今まで彼女に、周りに向けてきた顔じゃないのはわかる。
柔和で、曖昧で、何を考えているのかわからない笑顔。
いつからかずっと、他人に対して浮かべてきた作り笑い。

私は今、きっとそれを顔に貼り付ける余裕なんて無い。



80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:25:59.19 ID:OrkIXc4r0



あぎり「……本当のことを言ってください」

やすな「あの、えっと……」

やすな「……この前、ソーニャちゃんが、結構長く休んでて」

やすな「帰ってきた時も、すごい大怪我してて」


彼女が語り始めた内容は、私が想像していた通りだった。

でも、望んでいたわけじゃなかった。

矛盾した行動は、当然私の精神をえぐりだす。




81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:26:47.81 ID:OrkIXc4r0



やすな「それで……やっぱりこの仕事って、危ないんだな、って思って」

やすな「もう一回、こんなことがあったら……」

やすな「二度と、ソーニャちゃんが帰ってこないんじゃないか、って、思って……」

あぎり「じゃあ、やすなさんは……」


あぎり「ソーニャに、死んで欲しくないから」

あぎり「だから……いつも付いて回って、仕事を邪魔するんですね」


やすな「……だ、大事な、友達ですから……」


彼女は、あの時のことを思い出したのか、どこか泣きそうな顔をしていた。

私も今こんな顔をしているのかな、とふと思った。



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:27:56.59 ID:OrkIXc4r0



思えば最初から、私は気づいていた。

人を殺すのは悪いこと、そう語る彼女は、きっとそんなことを言いたいんじゃないと思っていた。
人が必死になる時は、いつも単純な理由で動いているものだ。


彼女はただ、自分の大事な友達を失いたくなかっただけだろう。

命のやりとりなんて、危険な行為に手を染めて欲しくなかっただけだろう。

明日いなくなるともしれない相手だからこそ、毎日全力で遊んでいたのだろう。


それほど大事な、親友だったから。


あぎり「あ……は、はは」


口が不自然に歪んで、まるで笑っているように息が漏れる。

手から、漫画みたいに携帯が滑り落ちた。




85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:29:02.41 ID:OrkIXc4r0



やすな「あぎり、さん……?」


二人には広すぎる部屋に、単調な電子音が響く。

携帯電話……そう、携帯電話だ。

これを、持っていたのに。

仕事の、電話をしていたのに。


あぎり「じゃあ……」


なんで。 どうして?


あぎり「どうして……」



あぎり「……私は、邪魔してくれないんですか?」



やすな「……あっ」



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:29:55.56 ID:OrkIXc4r0



彼女の顔がさっと青ざめる。

こんなに優しい子に、私はなんて残酷なことを言っているんだろう?


あぎり「私も、ソーニャと同じ組織の人間です」

あぎり「方法に違いはあっても、仕事は同じ……人殺しです、玩具の販売じゃありません」

やすな「あ……えと」


これはただの八つ当たりだ。 彼女は何も悪くない。

頭では理解していても、言葉は止まらない。


あぎり「……忍術って、人を楽しませるためのものじゃないんです」

あぎり「それはマジシャンの仕事で、私にできるのは……本当は殺しだけなんですよ」

あぎり「だから……だからいつも、そんな、死ぬかもしれない仕事をしてお金を稼いでいるんです」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:31:18.80 ID:OrkIXc4r0




それはきっと、一つの事実を……認めたく無かったからだろう。


あぎり「あなたは……ソーニャに死んで欲しくないから、仕事を邪魔するんですよね?」

やすな「……それは」

あぎり「でも、私のことはそう思わないんですね」

やすな「そんなこと……!」


当然だ。 醜い本性を隠して、いつも上辺しか見せないこんな人間に何の魅力があると?

至って普通の……当然の事実だ。


それでも……



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:31:30.14 ID:NGW8juE70


キルミーをシリアスにするとここまで重い話になるのか


92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:32:11.36 ID:OrkIXc4r0




あぎり「ああ……そうなんですかー」



……それでも、そうじゃないと思っていたのに。



あぎり「私は、あなたの……大事な友達じゃないんだ……」



やすな「……ち、違います」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:32:59.27 ID:OrkIXc4r0



あぎり「何が違うっていうんですか?」

やすな「私は、あぎりさんも……」

あぎり「……適当なこと言わないでください!」


私は全部知っている。 あなたは知らないだろうけど。

ソーニャが仕事の電話をするだけで、どんな顔をするのか。

ソーニャが少し居なくなったら、どんな背中を見せるのか。

ソーニャに再会したとき、どんなに泣いて、怒って、笑って、喜んだか。




100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:34:05.31 ID:OrkIXc4r0



やすな「っ……」

あぎり「私も……何ですか?」


それと、同じだと?



目眩がする。



あぎり「……適当なこと、言わないでください」


やすな「………」


気づくと、彼女は泣いていた。

それが何故なのか、私にはわからない。

私はただ、やってはいけないことをした、ということしかわからない。



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:35:02.86 ID:OrkIXc4r0



あぎり「……すみません、変なこと言っちゃいましたね」

やすな「…………」

あぎり「今日はもう遅いですから……帰ったほうが、いいと思いますよ」



私がそう言うと、彼女は何も言わずに教室を出ていった。



……



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:37:18.90 ID:OrkIXc4r0




――その日の夜、自宅。


私は制服のままで、布団の上に転がっていた。
当然明日も学校がある。 でも、行きたいとは思えなかった。


学校に行くなら、当然ソーニャとしてだ。
私ではなくソーニャとして、彼女と会い、話す。
今の私に、それが出来るだろうか?

これまで普通にやっていたことなのに、今は想像するだけで吐き気がする。
いや、前も同じだったに違いない。
無理をして、目をそらしていただけだ。


毎朝明るい笑顔で話しかけてくれるのも。
少し黙っていただけで、心配そうに顔を覗き込まれるのも。
すべてソーニャであって、私じゃない。

私が何を思って、何をしても、それは彼女には伝わらない。

わかっていたつもりなのに、それが嫌だった。

私自身が、彼女の友達でいたかった。



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:39:20.70 ID:OrkIXc4r0




じゃあ、なんでこんなことを始めたんだろう?


その答えは、いつの間にか出ていた。
たぶん、知りたかったからだ。 彼女がどういう人間なのか。


組織で知り合った頃のソーニャは、冷徹で、人間味がなくて、殺すための機械のようだった。
それがいつしか、ただの人間に変わっていた。

変えたのは当然、彼女だ。


私はそれに興味を持った。
機械を人間にした彼女がどのような存在か、確かめてみたくなった。

そうして彼女と付き合っている内に、私は彼女が、ごく普通の、
少し馬鹿で寂しがり屋なだけの女の子であることを知った。


それなのに、私は彼女から離れられなくなった。
私もソーニャと同じように、ただの人間になっていた。



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:41:27.58 ID:OrkIXc4r0



私は両手で、自分の顔を強く掴んだ。
口からは自然に嗚咽が漏れる。


私はどうすれば良い?


もう逃げることはできない。 明日ソーニャが登校しなければ、私との関係を疑われる。
そうなれば、彼女にソーニャの死がバレてしまうかもしれない。


いっそのこと、すべて話してしまおうか。
ソーニャが死んだことを伝えて、最初からやり直そうか。

でも、それはきっと、私自身が耐えられない。
こんなこと言える立場じゃないけど、これ以上彼女を悲しませたくない。


……どちらにしても、明日の朝までに決めなくてはならない。


あぎり「私はどうすれば、いいんでしょうか……」


あぎり「……やすなさん……」



――――――――――



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:44:04.09 ID:OrkIXc4r0




――数週間後。 教室。



やすな「おはよう、ソーニャちゃん!」


ソーニャ「ああ、おはよう」

やすな「ふう……なんか暑いねえ」

ソーニャ「もうすぐ夏だからな」

やすな「あーあ、なんかかき氷食べたいなあ……」

ソーニャ「まだ流石に早すぎるだろ……」

やすな「そんなこと言って、去年は秋ギリギリに食べたじゃーん」

ソーニャ「……そういえばそうだったな」



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:46:16.61 ID:OrkIXc4r0



やすな「そうだよ! もうあんな失敗はしたくないし、冷たいものは暑い時に食べたい!」

ソーニャ「そうは言っても、売ってないんだから仕方ないだろ?」

やすな「無いなら作れば良いじゃない! というわけで、帰りに氷買ってこ?」

ソーニャ「……まあいいけど、かき氷機まだ残ってるのか?」

やすな「おっ、珍しく乗り気だね? やっぱり暑いんだー」

ソーニャ「当然だろ? 私だって人間だ」

やすな「ふふん、大丈夫大丈夫、去年買ったのが……あ」

ソーニャ「どうした」

やすな「前にもう一回ドラアイス削ってみたら壊れたんだった……」

ソーニャ「…………」

やすな「どうしよう……」

ソーニャ「諦めろよ」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:48:14.76 ID:OrkIXc4r0



やすな「いや……あ! あ、でもなあ……」

ソーニャ「なんだ?」

やすな「その……あぎりさんが何か持ってないかな、って」

ソーニャ「ああ……まあ持ってるかもな」

やすな「…………」

ソーニャ「……どうした? あぎりと何かあったのか?」

やすな「え? う、うん……まあ、ちょっと」



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:49:02.01 ID:OrkIXc4r0



ソーニャ「ふーん……でも、どっちにしろ無理だろ」

やすな「? 何が?」

ソーニャ「いや……聞いてないのか?」



ソーニャ「あいつ、もうこの街に居ないからな」



やすな「……え? 何で?」

ソーニャ「この前、仕事の都合で引っ越して行った」

やすな「そんな……何も知らされてないよ!」

ソーニャ「仕事が仕事だからな……私も住所は教えられてないし」



115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:49:39.77 ID:c1x23zC40


!?


116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:50:15.45 ID:OrkIXc4r0



やすな「…………」

ソーニャ「……一生会えないわけじゃ無いんだ、そう落ち込むことでも無いだろ」

やすな「……そんなことないよ」

ソーニャ「……あっそ」

やすな「…………」

ソーニャ「…………」

ソーニャ「……そういえば」

ソーニャ「あいつが出ていく前に、運びきれない荷物とか、結構押し付けられたな」

ソーニャ「ほとんどパーティーグッズだったけど……何かあるかもしれない」

やすな「……え?」



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:50:44.00 ID:3J/VvUsc0


それでいいのかあぎりさん


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:51:26.93 ID:OrkIXc4r0



ソーニャ「……探してみるか?」

やすな「……う、うん!」

ソーニャ「じゃあ、放課後私の家に寄るか」

やすな「えっ、いいの!?」

ソーニャ「目隠し耳栓付きでな」

やすな「ええー……」

ソーニャ「当然だろ? ああ、でも結構面倒なんだよな……」

やすな「じゃあ教えてよー、ソーニャちゃんの家」

ソーニャ「…………」



ソーニャ「まあそれくらい良いか……なんかあった時のために、な」



―――――



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:53:01.72 ID:OrkIXc4r0




――放課後、ソーニャ宅。



あぎり「……ちゃんと、効いてますね」


私は彼女がすっかり眠っていることを確認して、顔のマスクを剥ぎとった。

薬の効き目は、もって10分ほど。
体に全く悪影響を残さないためには、これが限界の時間だった。


あぎり「こんなにかき氷食べて、お腹壊しますよ……?」


彼女の体を膝の上に乗せて、髪をすこし撫でてみる。
そこまで動かしても、寝言すら言わない。
薬のせいで、かなり深い眠りについているようだ。

それでいい。 今目を覚まされたら、私の姿を見られてしまう。



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:53:51.99 ID:OrkIXc4r0




私は、彼女と二度と会わないことにした。


学校は転校扱いにして、町からも引っ越したという体にする。
家ももう、引き払ってしまった。 今ではここが私の家だ。

呉織あぎりが彼女の周りから消えれば、もう同僚に仕事を依頼する必要もない。
正体がばれる確率も、ずっと低くなる。


それが、私の出した結論だった。



125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:56:01.34 ID:OrkIXc4r0



彼女にとって、ソーニャがいなくなることはありえない。

だから、絶対に正体がばれてはいけない。

私がいなくなることで不安要素が消えるなら、それくらいお安い御用だ。


あぎり「でも……」


私は彼女を持ち上げて、そっと抱きしめた。
少し痩せ気味で小さな体は、想像よりも重く感じる。



……この10分間だけは、こうしていさせて欲しい。

ソーニャの代わりとしてではなく、私として彼女に触れていたい。

それくらいは、許されないだろうか。



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:57:03.20 ID:OrkIXc4r0



あぎり「……ねえ、やすなさん」

あぎり「いつまで……こうして、二人で居られるんでしょうね?」

あぎり「やっぱりいつかは、バレちゃうんでしょうか……」

あぎり「変装はともかく、物真似は少し苦手ですし」

あぎり「……それとも」

あぎり「私も、ソーニャみたいに……」

あぎり「…………」



あぎり「……でも、それでも私は幸せですよ」

あぎり「だって、私はあなたを……」


……いや、やめよう。




127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:57:35.32 ID:OrkIXc4r0





あぎり「……本当の気持ちは、秘密にしておきますね?」





終わり



131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 21:59:12.84 ID:BWGdW0zj0


これは切ない
あぎりさんがいつか報われますように



134 : ◆T4SUG8REFC3M 2012/05/06(日) 22:00:27.33 ID:OrkIXc4r0


以上 読んでくれてありがとう


135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:01:01.46 ID:3J/VvUsc0


GW最後にいいもの読めた、乙!


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/06(日) 22:04:20.44 ID:x3vcbbIo0



こういうのもいいな



関連記事
[ 2012/05/06 23:30 ] キルミーSS | コメント(4)

新しいパターンだ
[ 2012/05/07 02:34 ] [ 編集 ]

キルミーの鬱シリアスSSは食傷だとタカをくくっていたが、申し訳ない……
その〆は本当にやられた
[ 2012/05/11 01:59 ] [ 編集 ]

これは凄いな、久々に引き込まれたわ。

しかしキルミーベイベーのssは原作とのギャップが激しいなWWW
[ 2012/05/17 11:08 ] [ 編集 ]

つらい…けど何度も読んでしまう魅力がある
[ 2012/10/18 04:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/822-ca35c373


Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ