FC2ブログ









まどか「ほむらちゃんが引きこもりになっちゃった……」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:14:55.08 ID:VYe+cplQ0


さやか「そういや3日ぐらい見てないね」

さやか「なんでなの?別にもうアイツの悩ませる存在はいないでしょ?」

まどか「えっとね、目的を達成した後の学校の勉強も独学ですませてるらしくて」

さやか「ほうほう」

まどか「でもって何もせずに家でゴロゴロするのって久しぶりって」

まどか「この前休日にほむらちゃんのお家で添い寝した時に言ってて」

さやか「突っ込むところがあった気がするけどいいや……それで」

まどか「今朝もメールで学校に行くのが面倒くさいって」

さやか「あー癖になる前に叩き直した方がいいね」

まどか「うん、ほむらちゃんって一人になると私の盗撮写真ばかり眺めてるし」

まどか「盗撮写真なんか見なくても外に出てくれれば私がって」

さやか「あーうん、そうだねうん」





5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:19:51.75 ID:VYe+cplQ0


さやか「でもほむらが家から出てこないなら私達って電話やメールぐらいしかできないよね?」

まどか「あ、大丈夫、ほむらちゃんのお家の鍵なら持ってるから」

さやか「え?」

まどか「ほむらちゃんって今までやることが多すぎてあんまりお家に帰ってなかったみたいで」

さやか「あ、うん」

まどか「お掃除とか洗濯、料理もできそうで全然できてなくて」

さやか「ほうほう」

まどか「だから私がお掃除とか洗濯とかしてるの」

さやか「ってなにそれ!?」

まどか「?」

さやか「いやいや、ちょっとおかしくない?」

まどか「そ、そりゃあほむらちゃんの下着を洗うのはちょっと恥ずかしいけど///」

さやか「いやそこじゃなくて……」



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:26:09.30 ID:VYe+cplQ0


さやか「まぁいいや、つまりほむらの家には入れるってわけだね」

まどか「うん!」

さやか「じゃあまどかが学校でも一緒にいたいとか言えば一発じゃない?」

まどか「それはもう言ったんだけど……」

さやか「へぇ、断られたんだ、まどかの言うことなら何でも聞きそうって思ってたのに」

まどか「だったら一緒に引きこもりましょうって抱きつかれちゃって///」

さやか「うわーお」

まどか「そ、それに勉強も全部教えてあげるって///」

さやか「まぁ家庭教師としてはいい存在だよねうん、勉強会開いた時に私もお世話になったし」

まどか「私もほむらちゃんとならってちょっと思ったけど」

さやか「あーうん、それで?」

まどか「やっぱりほむらちゃんと一緒にいろんなとこにお出かけしたり、学校でも一緒にいたいって思って」

さやか「そのまま、まどかが流されたりしなくてよかったよ……」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:31:55.54 ID:VYe+cplQ0


さやか「ふむ……ちょっくら私からメールでもうってみますかね」

まどか「私だけじゃなく、皆が学校に来て欲しいってわかってくれたらいいんだけど……」

さやか【学校こいよほむら】

さやか「これでいいや、送信っと」

ピリリリリ

さやか「早!」

ほむら【面倒くさいわ】

さやか「うわぁ……」

さやか【まどかが心配してるし、メールうつ暇があるならきなよ】

さやか「送信っと」

ピリリリリ

ほむら【布団の魔力が私を離してくれないの】

さやか「あーうん冬とかわかるよってあんにゃろう……」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:40:33.37 ID:VYe+cplQ0


まどか「やっぱり駄目だった?」

さやか「来ようという意欲がなさそうだね」

まどか「マミさんや杏子ちゃんにもたのんでみようかな……」

さやか「じゃあ杏子を送り込んでみようか」

まどか「杏子ちゃんを?」

さやか「そうそう、あいつって今暇なはずだし」

さやか「まぁ今度ご飯でもおごるってことで」

まどか「じゃあお願いさやかちゃん」

さやか「あとは昼休みにでもマミさんとお話しますか」

まどか「うん!」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:43:17.81 ID:VYe+cplQ0


―ほむホーム―

ほむら「病院にいるときは布団からでたいとあれほど思っていたのに……」

ほむら「この人肌ぐらいの暖かさ、包み込んでくれるような感じ……」

ほむら「そしてすでにワルプルギスの夜を突破してやることはないし」

ほむら「学校も別にさぼってもいいぐらいには勉強は進めてあるし」

ほむら「そろそろ起きないと遅刻するっていうのに動く気になれない……」

ほむら「それに、毎日やることに追われていた繰り返しの日々を考えると新鮮な感じがするわ」

ほむら「なんて考えたのが3日ぐらい前だっけ……時間を無駄にできるって人間の最大の贅沢よね」

エイミー「にゃー」ヒョコ

ほむら「あっエイミー暖かい……さらに抜け出せなくなったわ……」

ほむら「……今日は体調がわるいような気がするって学校には連絡しておいたし」

ほむら「さてと、二度寝タイムよエイミー」

エイミー「にゃ」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:48:02.89 ID:VYe+cplQ0


ほむら「ん……」

ほむら「1時間ぐらい寝ちゃったみたいね……」

エイミー「ふにゃ!」

ほむら「あら、起こしてしまったかしら……ごめんなさいね」ナデナデ

エイミー「にゃー」

ほむら「え?もしかしてご飯?」

ほむら「……布団から出たくないけど……しょうがないわね」

ほむら「すぐに取ってきて戻ってくれば布団はまだ暖かいはず!」



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:51:21.50 ID:VYe+cplQ0


ほむら「まどかが整理しておいてくれてよかったわ」

エイミー「にゃー」ムシャムシャ

ほむら「さっきから携帯から着信音が何度か鳴ってるけど……」

ほむら「まどかの着信音じゃないから別に見なくていいわね」

エイミー「にゃー」

ほむら「何?遊んで欲しいの?」

エイミー「にゃにゃ!」

ほむら「盾に遊び道具を収納しておいてよかったわ」

エイミー「にゃにゃにゃにゃ!」

ほむら「ほーら、ネコじゃらしよー」フリフリ

エイミー「にゃにゃー」

ほむら「ふふっかわいい」

エイミー「にゃにゃにゃにゃ!」

ほむら「家からでないでのんびりゴロゴロできるって最高ね」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:58:07.54 ID:VYe+cplQ0


ほむら「エイミーが出かけてしまった……」

ほむら「それにしても布団が暖かいわ……」

ほむら「布団の周りに冷蔵庫とか全て配置してみようかしら……」

ほむら「よく考えたら冷蔵庫中に何が入ってるのかしら?まどかがいないとわからないわ……」

ほむら「まぁ生きていけるなら問題ないわね」

ほむら「……」

ほむら「この胸が成長しないのは食生活がよくないこととは関係ないわよね?」

ほむら「最初の頃の繰り返しも成長してなかったし関係ないわよね……」

ほむら「……今後も関係ないわよ……そうに決まってる……」

ほむら「マミに相談してみようかしら……」

ほむら「って大きくなる方法を知ってたらこの世に貧乳で悩む子はいないってのよね……」

ほむら「別にマミほどってわけじゃなく、BとかCぐらい……」

ほむら「考えるだけ無駄ね……」

ほむら「ふわぁ……三度寝といきましょう……」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:04:56.53 ID:P/v4Bp370


ピンポーン

ほむら「ん……ふわぁ……」

ピンポーン

ほむら「面倒ね、どうせセールスだろうし居留守しましょう」

ピンポーン

ほむら「しつこいわね……」

ピンポーン

ほむら「でも私は布団から出たくないし諦めるのを待つのがいいわね」

ピンポーン

ほむら「……」

ピンポーン

ほむら「まったく誰なのよ……」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:11:41.95 ID:P/v4Bp370


ガチャ

ほむら「はい……」

杏子「やっと出てきやがった」

ほむら「……新聞ならお断りしています、申し訳ありません」

ほむら「パパが虚淵球団ファンでシャフト球団アンチでシャフト新聞はお断りしています」

バタンカチッ

杏子「おいこら!ばればれな嘘で鍵しめんな!」

ピンポンピンポンピンポンピンポンピンポン

ガチャ

ほむら「はぁ……何か用?」

杏子「は?」

杏子「さやかから聞いてないか?」

ほむら「さやか?」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:17:17.56 ID:P/v4Bp370




ほむら「新着メールが来てるわね……」

さやか【杏子にあんたの家に行くように言ったから】

ほむら「……私は今日は家でゴロゴロし続けたいのに……面倒くさいわね……」

杏子「わざわざ来てやった奴に言うセリフかそれ……」

ほむら「とりあえず、あがる?」

杏子「ま、せっかくだしあがらせてもらおうかな」



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:24:51.25 ID:P/v4Bp370


ほむら「じゃあ後は好きにして」ゴソゴソ

杏子「ん?寝るのか?」

ほむら「別に寝ないけど」

杏子「じゃあなんで布団に入るんだよ」

ほむら「暖かくて気持ちがいいからよ」

杏子「……」

ほむら「……」

杏子「はぁ…あいつらはお前が家から出てこないって心配してたぞ」

ほむら「わかっているわ……でも……」

杏子「でも?」

ほむら「何もせずに布団でゴロゴロって数年ぶりだから歯止めがきかなくて」

杏子「呆れたやつだな……」



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:35:21.69 ID:P/v4Bp370


ほむら「で、あなたは何かやることでもあるの?」

杏子「ん?お前が引きこもってるから様子を見て欲しいって言われてきただけだし」

杏子「無理にお前を外にだそうとしたりすることはないさ」

ほむら「それだけのために来たの?律儀ね」

杏子「別にそんな事ないさ、暇なだけだし」

ほむら「……あなたも布団に入る?」

杏子「は?」

ほむら「別に変な意味じゃないわよ」

杏子「いやまぁわかってるけど」

ほむら「エイミーは抱きまくらにはなってくれないし」

ほむら「あなたのサイズなら抱きまくらにちょうどいいわ」

杏子「なんだよそれ……」

ほむら「エイミーというのは私が放し飼いしてる猫よ、ちなみに細かい話をすると~」

杏子「いやそうじゃなくて……」



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:41:42.43 ID:P/v4Bp370


ほむら「あなた、私の様子を見に来たのでしょう?」

杏子「そうだけど……」

ほむら「だったらいいじゃない、たまには人肌が恋しいのよ」

杏子「そういう日がないって言ったら嘘になるけどなんかおかしくないか?」

ほむら「細かいことを気にしないで、さぁ、布団へ来なさい」

杏子「……」

ほむら「……」

杏子「……」

ほむら「大丈夫よ、私はレズだとかじゃなくて、ただ単にまどか一筋ってだけだから」

杏子「……」

ほむら「……」

杏子「……」

ほむら「そこまで信用されてないなんて、傷つくわね……」

杏子「ああもうわかったよ!」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:48:09.72 ID:P/v4Bp370


ほむら「あなたって意外と身体が堅いわね……抱きまくらとしてはあまりいいと言えないわ」

杏子「うっせぇ……」

ほむら「でも暖かい……まどかの時も思ったけど人肌と布団はやっぱりいいものね……」

杏子「……」

ほむら「うーん……もうちょっと下かしら」

杏子「何がだよ」

ほむら「抱きまくらとして抱きやすい位置」

ほむら「なるほど、胸のあたりに頭がくると抱きやすいわ」

杏子「え?胸?」

ほむら「……」

杏子「……」

ほむら「えぇ、胸よ……」

杏子「悪かったよ……」



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 00:57:44.02 ID:P/v4Bp370


ほむら「よく考えたらあなたをこんな風に抱きしめる日が来るなんて思わなかったわ」

杏子「あたしもお前に抱きしめられる日がくるなんて思わなかったよ」

ほむら「まどかだったらよかったのに……」

杏子「勝手に抱きまくらが欲しいって人を抱きまくらにした奴が偉そうに言うなよ」

ほむら「そうはいうけど、人間欲がでちゃうものよ」

杏子「そんなもんかな」

ほむら「えぇ、そんなものよ」

杏子「なんか眠くなってきた」

ほむら「寝てもいいわよ」ナデナデ

杏子「何撫でてんだよ……」

ほむら「撫でやすい位置だったから」

杏子「まぁいいけど……」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:05:14.79 ID:P/v4Bp370


杏子「すぅ……すぅ……」

ほむら「寝ていると杏子も可愛いわね」ナデナデ

杏子「すぅ……すぅ……」

ほむら「まぁまどかには敵わないけど」ナデナデ

杏子「お母さん……すぅ……すぅ……」

ほむら「……」ナデナデ

杏子「すぅ……すぅ……」

ほむら「頭を撫でるだけで夢の中でぐらいは幸せにできるものなのかしら」ナデナデ

杏子「すぅ……すぅ……」

ほむら「それにしても、いくら横になっていても布団の魔力から抜け出せないわ」

杏子「すぅ……すぅ……」

ほむら「ふわぁ……私も眠くなってきたわ……」

杏子「すぅ……すぅ……」



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:11:56.77 ID:P/v4Bp370


―学校屋上 昼休み―

さやか「というわけでほむらが引きこもってるみたいなんですよ」

マミ「今まで頑張ってきた反動と、鹿目さんが一緒にいてくれて甘えたいっていうのが同時に来てるんじゃないかしら」

まどか「で、でも……ほむらちゃんって放っておいたら毎食カロリーメイトと1日分の野菜ですし……」

マミ「うーん……」

さやか「学校に来ることでなにかご褒美をあげるとか」

まどか「例えば?」

さやか「そう言われるとあいつって何が欲しいんだろう……」

まどか「そういえば、杏子ちゃんは?」

さやか「連絡が途絶えた……」

マミ「何があったのかしら……」

マミ「とにかく放課後にでも話をしに行きましょう」

マミ「幸いにも引きこもりと言っても話はできるみたいだし」

さやか「じゃあ放課後校門でいいですか?」

マミ「えぇ」



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:20:07.11 ID:P/v4Bp370


ピンポーン

ほむら「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

ピンポーン

―ほむホーム外―

まどか「寝てるのかな?」

さやか「まぁあいつの家って本当に何も無いしね」

マミ「鍵はあるのよね?開けてみたらどうかしら」

まどか「そうですね」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:31:50.75 ID:P/v4Bp370


―ほむホーム―

まどか「あーもうまた散らかしちゃって……」

マミ「……駄目な人のお世話をする健気な女の子って感じね……」

さやか「そうですね」

ほむら「すぅ……すぅ……」

マミ「佐倉さんと抱き合って寝てるわね……」

さやか「こ、こんなのまどかが見たら……」

まどか「あ、駄目だよさやかちゃん、ほむらちゃんが風邪引いちゃうよ」

さやか「え、あ、うん……えっと、この状況に何も思わないの?」

まどか「え?」

さやか「いや杏子と寝てるっていう……」

まどか「ほむらちゃんって何かを抱きしめて寝たがるし」

マミ(なんでそんな事知ってるのかしら……)

まどか「前に一緒に寝た時もずっと抱きつかれちゃって」

さやか(信じ合ってるってことでいいのかな?)



70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:43:01.08 ID:P/v4Bp370


さやか「まぁなにはともあれ叩き起こしますか」

マミ「そうねぇ」

ほむら「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

まどか「あーエイミーの餌も出した後はちゃんとしまうように言ったのにー」

さやか「おーいほむらー起きろー」

マミ「暁美さーん、佐倉さーん」

ほむら「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

さやか「ふむ、普通に起こしたという事実さえあればあとは何をして普通に起こした時に起きないのが悪いってことで」

マミ「美樹さん?どうやって起こすのかしら……」



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 01:58:29.02 ID:P/v4Bp370


さやか「さやか流奥義!布団返し!」

杏子「あで!」

ほむら「な、何事!?」

さやか「お、起きた?杏子にほむら」

ほむら「さ、寒い……ふ、布団を……」

さやか「え、な、何?もしかして寒気でもするの?ご、ごめん」

ほむら「ありがとうさやか」ゴソゴソ

マミ「一人で簀巻きになったわね……」

さやか「……杏子、状況説明」

杏子「ん?ちょっとまってくれ」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:08:27.36 ID:P/v4Bp370


杏子「とまぁそんな感じで」

さやか「何引きこまれてんのさ……」

マミ「暁美さんが簀巻きになって顔だけ出してるわね……」

ほむら「あなた達がなんでいるの?」

さやか「あんたの通い妻の頼み」

ほむら「そう、まどかには迷惑をかけてばかりね」

さやか「そう思うなら引きこもるのやめたら?まどかが心配してるよ」

ほむら「さやか……布団って素晴らしいと思わない?」

さやか「え?まぁそうだね」

ほむら「暖かくて、包み込んでくれて、そしてなによりお金もかからない」

さやか「う、うん……」

ほむら「あなたが望むなら、私のすでに温められた布団を使うことを許可するわ」

さやか「た、確かに外はちょっと肌寒いけど……」

ほむら「さぁ、暖かい布団がここにあるのよ?」

さやか「……」ゴクリ



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:18:06.03 ID:P/v4Bp370


さやか「ってそうじゃなくて!」

まどか「ほむらちゃん、お掃除するからちょっとどいてて」

ほむら「えぇ、いつもありがとうまどか」

まどか「ううん、気にしないでほむらちゃん」

さやか「今思ったけど、まどかがいるのに私によくそういう事言えるね」

ほむら「私はまどか一筋よ、むしろこれでまどかが嫉妬でもしてくれるなら喜ばしいわ」

ほむら「嫉妬して私から離れようとしなくなるまどかなんて最高じゃない」

さやか「あーはいはい……はぁ……」

マミ「なんというか……すごいわね……」

杏子「でも暖かい布団は本当に気持ちが良くてな……」

さやか「入りたいって思うようなこと言うのはやめてよ杏子」



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:32:16.29 ID:P/v4Bp370


ほむら「まぁ入りたくないなら別にいいわ」ゴロゴロ

杏子「……もう一回入りたいって言ったら入れるのか?」

ほむら「ふふっあなたも布団の魔力の虜になってしまったようね」

杏子「いやだってなんか寒い……」

ほむら「さっきまで暖かい布団にいたのだから当然ね」

マミ「すごい誘惑ね」

さやか「正直に言うと布団に入りたくてしょうがないですよ……」

マミ「鹿目さんはずっと家事してるけど……」

さやか「ほむらの世話が最近生きがいなのかもしれませんね……」



93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:41:09.31 ID:P/v4Bp370


―帰り道―

さやか「結局……引きこもるのをやめさせられませんでしたね」

マミ「えぇ、今回は完敗だったわ」

さやか「杏子も布団の魔力に魅入られちゃってたし」

マミ「暁美さんの場合、やるべきことを鹿目さんがやってくれているというのもあるのかもしれないわね」

さやか「まどかにお世話をやめるように言っても無駄だろうし……」

マミ「そうねぇ……」

さやか「まどかが相談してきたのだから程度は言うことを聞いてくれるとはおもいますけど……」

マミ「鹿目さんを餌にして釣り上げるのが一番いいでしょうね……」

さやか「うーん」



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 02:51:29.37 ID:P/v4Bp370


―ほむホーム―

ほむら「このまどかの写真はやっぱりいいわね……」

杏子「何堂々と見てんだよ」

ほむら「私がいつまどかの写真を眺めてもいいでしょう?」

杏子「にしても布団ってこんなにいいものだったんだな」

ほむら「えぇ、布団は魔力を持っているもの」

杏子「なんていうかこう、使い込まれた感じがいいな」

杏子「ホテルだと毎回変えられてるし」

ほむら「しょうがないわ、そういうものよ」

まどか「お夕飯できたよほむらちゃん、杏子ちゃん」

ほむら「いつもありがとうまどか」

まどか「ティヒヒ、カロリーメイトとかじゃなくてちゃんと食べないとね!」

杏子「うまそうじゃん」

まどか「ほむらちゃんの食生活改善のために練習頑張ったんだ!」

ほむら「私のために……」ジーン



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:04:28.49 ID:P/v4Bp370


ほむら「美味しいわ、まどか」ポロポロ

杏子「へぇ、うまいもんじゃん」

まどか「よかったぁ」

まどか「それでね、ほむらちゃん」

ほむら「えぇ」

まどか「やっぱり学校に来るのは面倒?」

ほむら「えぇ……確かにあなたがいるのは非常に魅力的よ」

まどか「だったら……」

ほむら「でもね、私はあなたと席が離れている、番号順でも遠い」

ほむら「私は結局休み時間以外あなたと一緒にいるようでいないのよ……」

まどか「でも、私はほむらちゃんと一緒にお弁当食べたりしたいな」

ほむら「……ごめんなさい、それでも私は……布団から逃げられない……」

杏子「まぁ今も羽織ってるしな」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:16:05.59 ID:P/v4Bp370


ほむら「心配しないで、テストはちゃんと出席するし」

まどか「……やっぱり、外に出てはくれないんだね」

ほむら「……あなたの気持ちはほんとうに嬉しいわ、でも……ごめんなさい」

杏子「よくわかんねぇなぁ」

まどか「でも、学校には出席日数とかも……」

ほむら「私の代わりに杏子が私のふりをして学校に通うわ」

杏子「えぇ!!?」

まどか「……ほむらちゃん……」

ほむら「大好きなあなたのお願いでも、今は諦めてもらえないかしら?」

ほむら「いつか私が布団の魔力を乗り越えた時……その時はもう一度……」

まどか「……」

杏子「ごちそうさまっと」

ほむら「ごちそうさま」

まどか「お粗末さまでした」



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:19:50.59 ID:P/v4Bp370


杏子「で、さっきのは冗談でいいんだよな?」

ほむら「さっきの?」

杏子「私がお前の代わりにっていう」

ほむら「幸いにもあなたは髪が長いから色さえ合わせれば……色々あったってことで」

杏子「むちゃくちゃだなおい……」

ほむら「喋らず静かに眠っていたらいいわ」

杏子「それはそれでどうなんだよ……」

まどか「片付け終わったから帰るね」

ほむら「送って行くわ」

パタン

杏子「布団羽織って普通に出ていったけど、あれで登校したらだめなのかって突っ込んだら駄目なんだろうな……」

杏子「ほむらの家に布団が5つもあるお陰で私も布団に入れるしいいや、暖かい……」



112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:35:00.73 ID:P/v4Bp370


ほむら「ただいま」

杏子「おかえり」

ほむら「それで、今日から泊まるの?」

杏子「お前がいいなら」

ほむら「別にいいわよ」

杏子「私もひとつの布団を使い込んで自分専用の布団を作りたいって思ってさ」

ほむら「いい心がけね」

杏子「そしたらいまよりもっと気持ちよく寝れるんだろ?」

ほむら「えぇ、それこそにげられなくなるぐらい」

杏子「どんなもんか試してみたくてな」

ほむら「いいわ、その布団は今日からあなたのものよ」

杏子「いいのか!」

ほむら「えぇ、私にはこの布団があるもの」



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:45:08.45 ID:P/v4Bp370


杏子「ん?なんでお前はふたつ布団使ってるんだ?」

ほむら「あぁこれ?これは私の抱きまくら用布団よ」

杏子「抱きまくらってあったほうがいいのか?」

ほむら「これは人によるってところね……」

ほむら「今の時点で欲しいって思ってないならおそらく必要はないわ」

杏子「そうなのか?」

ほむら「えぇ」

杏子「ふーん……」

ほむら「試してみたいなら止めないけど?」

杏子「うーん……いいや」

ほむら「そう」



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 03:59:34.40 ID:P/v4Bp370


エイミー「にゃにゃ!」

ほむら「今頃戻ってきたのねエイミー」

杏子「ん?言ってた飼い猫か」

ほむら「えぇ、よくどこかにお出かけするのよ、元々野良だし」

杏子「へぇ、心配にならないのか?」

ほむら「心配だけど、猫って閉じ込めるわけにもいかないし」

杏子「ま、生き物なんてそんなもんだな」

エイミー「にゃにゃ」

ほむら「寝床に入ったってことは寝るみたいね」

杏子「まぁ、ある意味私達も寝る直前だけどな」

ほむら「眠いの?」

杏子「たいして」

ほむら「布団が暖かいから入ってるだけだもの、そんなものよね」

杏子「あぁ、まぁ寝ないといけないってこともないしな」



126 :毎回この時間になると眠くなる…… 2011/10/16(日) 04:19:57.50 ID:P/v4Bp370


ほむら「さすがに眠くなってきたわね」

杏子「横になってるわけだし、暖かいしな」

ほむら「電気消すわね」

杏子「おう」

ほむら「おやすみ杏子」

杏子「……」

ほむら「どうしたの?」

杏子「いや、おやすみって人に言うのも久しぶりだと思ってな」

杏子「まぁいいか、おやすみほむら」

ほむら「えぇ、おやすみ」



129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 04:38:14.95 ID:P/v4Bp370


―朝―

ほむら「……動きたくない」

杏子「あぁ……」

ほむら「さすが朝の布団の魔力はレベルが違うわ」

杏子「暖かい布団、外に出ると寒いという現実……」

杏子「今までどうして布団から普通に出られたのか不思議だ……」

ほむら「一度知ってしまえばもう戻れない……それが布団の魔力……」

杏子「身体は動く、むしろ調子もいいぐらいなのに動けない……」

ほむら「こうなってはあなたを身代わりに学校に行かせることもできそうにないわね」

杏子「あぁ、悪いな……」

ほむら「こうなる気はしていたから気にしないで、今日も休みの連絡を入れるわ」

杏子「へへ、さやかに怒られちまうな」

ほむら「さやかはもう布団の魔力に気がついている、あとは休んでもいいんじゃないかという疑問を持たせれば堕ちていくだけよ」

杏子「それってつまり、さやかは意思の力でこの魔力に抗ってるのか……すげぇな」

ほむら「えぇ、尊敬に値するわ」



132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 04:50:59.58 ID:P/v4Bp370


杏子「マミはどうなんだ?」

ほむら「マミはおそらく、布団の魔力に囚われていないわ」

杏子「どういうことだおい!」

ほむら「暖かい布団はいいものって程度の認識よ……」

杏子「じょ、冗談だろ……」

ほむら「そこから一つ私は仮説をたてたわ」

杏子「仮説?」

ほむら「えぇ、杏子、腕を組んで寝てみなさい」

杏子「?」

ほむら「どう?」

杏子「別に?」

ほむら「そう、そこまでが通常ライン、さやかラインと名づけましょう」

ほむら「その腕をもう少し上にあげてみて」

杏子「どういうことだおい、布団がかぶらない位置が寒いじゃねぇか」

ほむら「そう、マミはあの胸によって布団の魔力を回避していたのよ」



134 :だめだ…… 2011/10/16(日) 04:54:23.77 ID:P/v4Bp370


ほむら「あくまで仮説……正しいかはわからない……」

ほむら「私や、あなたの胸ではあれを再現することはできない……」

杏子「つまり私たちは逃げられないってことだな……」

ほむら「えぇ、もう私たちは布団の魔力に囚われてしまった」

ほむら「正確に言えば気がついてしまった」

ほむら「あなたも、私も精神的な余裕を持ってしまった……布団でゆっくりしてもいいという余裕を」

杏子「思わぬ伏兵ってわけだな……」

ほむら「えぇ、学校なんかに行くよりもこうしている方が有意義よ」

杏子「引きこもる気持ちがよくわかるな」



193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:35:54.35 ID:P/v4Bp370


杏子「それにしても、お前がまどかが悲しむようなことをするなんてな」

ほむら「たしかにまどかが悲しむのは不本意だわ」

杏子「その割には学校に行こうともしてないな」

ほむら「せめて私がまどかの後ろの席ならずっとまどかを眺められるのだけど……」

ほむら「私の席って一番まえだから……」

杏子「ふーん」

ほむら「それに布団が暖かいし」

杏子「あぁ、確かに」

ほむら「布団が私を離してはくれないし」

杏子「あぁ、自分のせいじゃなくて布団のせいにしたいって時は皆そういうよな」

ほむら「だって暖かいもの」

杏子「あぁ、暖かいな」



196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:41:34.77 ID:P/v4Bp370


ほむら「春にもなれば暑くなって布団を脱ぐ日もくるでしょうけど」

杏子「春までそのままでいるつもりかよ……」

ほむら「いずれあなたもわかるわ……」

杏子「もうすでに少しわかる気がして笑えないよ……」

ほむら「それに暇つぶしなんて今の時代は布団の中でもできるわ」

杏子「例えば?」

ほむら「さやかをメールでからかう」

杏子「あームキになって返信してきそうだな」

ほむら「えぇ、それにまどかにメールをうって愛を語るとか」

ほむら「まぁこれは暇つぶしではないけど」

杏子「そこまで言うなら学校に行けばいいのに」

ほむら「さっきも理由は言ったでしょう?」

杏子「そうだな」

ほむら「ちなみにマミは真面目なので学校に携帯を持って行っていないわね」

杏子「ふーん」



199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 12:49:06.15 ID:P/v4Bp370


杏子「今の時代だと普通はパソコンじゃないのか?」

ほむら「パソコンは買おうとしたらまどかに止められたのよ」

杏子「なんで?」

ほむら「のめり込みそうって……」

杏子「さすがまどか、お見通しだな」

ほむら「まぁでも、携帯電話と言う名のパソコンをすでに持っているようなものよね」

杏子「まぁそうだな」



201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 13:01:23.37 ID:P/v4Bp370


―学校―

まどか「うーん……」

さやか「あいつはまどかが家に来てくれるってだけで学校に来る意味がなくなるんだって」

まどか「でもほむらちゃんの食生活が……」

さやか「そこで、私とマミさんがほむらの食生活の面倒を見るから」

さやか「まどかが行かないことであいつはまどかの様子を見たいと思うはず」

さやか「それからほむらはいずれ学校へ行かざるを得なくなるってわけよ」

まどか「そっか……わかったよ」

さやか「別にあいつを奪ったりしないから大丈夫だから」

まどか「じゃあこのメモ渡すね?」

さやか「ん?なにこれ」

まどか「ほむらちゃんの苦手な食べ物リストと食べたい料理リスト」

さやか「あーうん……」



205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 13:20:52.52 ID:P/v4Bp370


さやか「って結構あいつって好き嫌い多いね」

まどか「だから嫌いな物をあげないで栄養をって考えて……」

さやか「甘やかしてるねぇ」

まどか「うーん、でもほむらちゃんの栄養バランスが……」

さやか「いやまぁ話を聞いてる限りであいつが普段どれだけ駄目な食事してるかはわかるけど……」

まどか「うん……パパに相談したら苦笑いしながらその子を家にいっぱい呼んであげてとか言ってたし」

さやか「人の父親にまで心配されるって相当だね……」

まどか「これで一人暮らしだもん……やっぱり心配で……」

さやか「なんていうか大変だね……」



210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 13:41:30.44 ID:P/v4Bp370


ほむら「ふわぁ……」

杏子「んーこんなにお前と喋ったのって初めてかもしれないな」

ほむら「二人で喋るのはあんまりなかったわね」

杏子「あいつらと一緒にいてっていうのはあったけど、お前と二人だと魔法少女関連の話しか浮かばねぇな」

ほむら「そうね……」

杏子「それにしても暖かい……」

ほむら「そろそろ二度寝タイムね」

杏子「そっか、別に二度寝してもいいのか……」

ほむら「えぇ、いいのよ、二度寝しても」

杏子「そうだよな、二度寝してもいいんだよな」

ほむら「その気になれば三度寝も四度寝もOKよ」

杏子「布団……最高だな」

ほむら「えぇ」



213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 13:57:06.15 ID:P/v4Bp370


―学校屋上 昼―

さやか「というわけで」

マミ「そう、皆で食事なんて楽しそうって思ったけど鹿目さんは来れないのね……」

さやか「まどかが来るとほむらが……」

まどか「ほむらちゃん……ちゃんとお昼ごはん食べてるかな……メール送ってみよ……」

マミ「暁美さんと佐倉さんを元に戻してあげないとね」

さやか「という訳で協力してもらえますか?」

マミ「もちろんよ、可愛い後輩の頼みだもの」

まどか「ありがとうございますマミさん」

さやか「やっぱりマミさんは頼りになりますね」

マミ「ふふっありがとう」



222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 14:20:43.78 ID:P/v4Bp370


ピリリピリリ

ほむら「!!」ガバッ

杏子「ん……どうしたんだ?」

ほむら「まどかからのメールよ」

杏子「なんでそこまでまどかのためならできるのに学校行けねぇんだよ」

ほむら「メールは学校に行かなくても見れる」

ほむら「布団は学校では羽織れない、そういう事よ」

杏子「うーん、まぁいいや、私は三度寝する」

ほむら「えぇ、どうぞ」

まどか【ちゃんと昼食は食べてる?】

ほむら「心配してくれたのね……ありがとうまどか」

ほむら【えぇ、しっかりと1日分の野菜とカロリーメイトで栄養、カロリー共に完璧よ】

ほむら「本当は面倒で食べてないけど、まどかに心配をかけるわけにはいかないわね」



225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 14:31:04.92 ID:P/v4Bp370


まどか「やっぱりちゃんとした食事してない……」

さやか「どしたの?」

まどか「ほむらちゃんがやっぱり昼食をちゃんととってないみたいで……」

マミ「でも、佐倉さんがいるならそんなの耐えられないんじゃないかしら?」

さやか「出されたものはなんでも食べますけど、割と我慢はしますし」

マミ「こうしてみると、鹿目さんが心配で甘やかせてしまう気持ちもわかるわね……」

さやか「そうですね……」

まどか「あ、そうだ!夕食作ってあげる時に多めに作ってあげてください」

マミ「え?」

まどか「冷蔵庫に入れておいてメモさえ残しておいたら朝食に食べてくれると思うので……」

さやか「そこまでしてたんだ……」

マミ「いつでもお嫁さんにいけそうね……」



227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 14:34:40.09 ID:P/v4Bp370


ほむら「んー眠くなくなってきたわ」

エイミー「にゃー」

ほむら「あなたはやっと起きたのね、好きなように毎日を過ごしてるなんて羨ましいわ」

エイミー「にゃ?」

ほむら「よく考えたら今の私もそうだったわ」

エイミー「にゃにゃ!」

ほむら「ご飯?しょうがないわね……」



229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 14:38:41.33 ID:P/v4Bp370


ほむら「あ……メモが……」

冷蔵庫に朝食入れておいたらかちゃんと食べてね

ほむら「エイミーが起きるのが遅くて気が付かなかったわ……」

ほむら「杏子を起こして食事にしましょう」

エイミー「にゃ?」

ほむら「えぇ、あなたも一緒に食事にしましょうね」

エイミー「にゃ!」



231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 14:44:19.62 ID:P/v4Bp370


杏子「異様な光景だな」

ほむら「そう?」

杏子「二人が向い合って布団羽織って飯食ってるのが異様じゃないってか?」

ほむら「そう言われるとそうね」

杏子「というかここまで心配させてどうしてまどかと」

ほむら「何度言わせる気?」

杏子「まぁそうだな、悪かった」

ほむら「そりゃあまどかとお弁当あーんとか色々とやりたいことはあるけど」

ほむら「昼休みだけ学校に行くのもねぇ……」

杏子「もはや学校でやるべきことが何かってことすらわからなくなってるな」



233 :腹がぶっ壊れた 2011/10/16(日) 14:50:03.73 ID:P/v4Bp370


ほむら「それに私があーんするとしたらカロリーメイトだし」

杏子「……」

ほむら「皆が普通のお弁当食べてる中カロリーメイトをモソモソ食べるってなんか気まずいじゃない」

杏子「まぁ確かに」

ほむら「かといってお弁当を作るのは面倒でしょう?」

杏子「そうだな、コンビニ弁当とか持っていくのもあれだし……」

ほむら「えぇ」



241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:06:50.68 ID:P/v4Bp370


ほむら「美味しかったわ」

杏子「あぁ」

杏子「このままでいいのか?」

ほむら「何がよ」

杏子「お前の気持ちもわかるが、まどかを悲しませたくはないんだろ?」

ほむら「まぁ……ね……」

杏子「だったら、学校行ったほうがいいんじゃないか?」

ほむら「そうね、そうかもしれないわ」

杏子「あぁ」

ほむら「さて、三度寝といきましょうか」

杏子「言ったそばからそれかよ……」



243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:24:07.06 ID:P/v4Bp370


まどか「じゃ、じゃあほむらちゃんの事、お願いだよ」

さやか「はいはい、任せてまどか」

まどか「うん……」

マミ「じゃあね鹿目さん」

まどか「あ、はい……」

―――――
―――

さやか「世話してるのはまどかなのにまどかが依存してるように見えるのは気のせいでしょうか」

マミ「気のせいじゃないんじゃないかしら」

マミ「暁美さんも依存しているように見えるけど」

さやか「お互いに依存してるように見えるのに一緒にいないってのも不思議ですね」

マミ「そうね」



244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:35:41.68 ID:P/v4Bp370


―ほむホーム―

ピンポーン

ほむら「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

ピンポーン

ほむら「すぅ……すぅ……」

杏子「すぅ……すぅ……」

ドンドンドン

さやか「ほむらー開けろー」

ピンポンピンポンピンポン

マミ「み、美樹さんあんまり騒ぐとご近所さんに……」

ピンポンピンポンピンポン

ほむら「ん……うるさいわね……」

さやか「さやかちゃんがきてやったぞー」

ほむら「……面倒ね、まどかがいるなら鍵は開けれるはずだし放っておきましょう……」



246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:46:07.88 ID:P/v4Bp370


さやか「鍵を借りておくんだった……」

マミ「そうねぇ」

さやか「杏子にさっきからテレパシー送ってるんですけど寝てるみたいで」

マミ「じゃあ暁美さんは?」

さやか「さっきから私にうるさいとかテレパシー送ってきてますよ……」

マミ「開ける気はないみたいね……」

マミ「しょうがないわね……」

さやか「何か方法があるんですか?」

マミ「ポストからリボンを通して鍵を開ければいいでしょう?」

さやか「なるほど!」

マミ「こんなことで魔法をって思わなくはないけど……」

ガチャ



250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 15:58:23.47 ID:P/v4Bp370


ほむら「……」

さやか「さっきはよくも無視してくれたねほむら」

ほむら「すぅ……すぅ……」

さやか「寝たふりするのはやめてくれるかな?」

ほむら「あら、不法侵入?やめて欲しいわね」

さやか「……」

ほむら「まぁ冗談はいいとして、まどかがいないけどどうしたの?」

ほむら「まさか病気!い、急いでお見舞いに行かないと!」

マミ「随分とアクティブなひきこもりよね……」

さやか「ってちょっと、布団にくるまってどこに行くのさ!」

ほむら「まどかに何かあったらどうするのよ!」

さやか「その前にあんたが通報されるわ!」



252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:07:26.32 ID:P/v4Bp370


さやか「という訳でまどかは来ないよ」

ほむら「……寝るわ」

さやか「ってちょっと!」

ほむら「何よ……」

さやか「あんたの食生活をまどかが心配してるからしょうがなく来てやったんだってのに」

ほむら「カロリーメイトと1日分の野菜があれば栄養なんて問題ないわ」

マミ「その考えはどうなのかしら……」

さやか「まどかが心配になる気持ちもわかってきましたよ……」

杏子「ん……あれ?何でさやかとマミがいるんだ?」

ほむら「不法侵入よ」

マミ「間違ってはいないけど……」



255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:18:52.41 ID:P/v4Bp370


杏子「まぁいいや、それにしても布団だけじゃなく枕も私に馴染んできた気がする」

ほむら「気がついたようね」

杏子「え?」

ほむら「布団というもの以上に安眠に重要なのは枕よ」

杏子「そ、そうなのか!?」

ほむら「えぇ、はっきり言って枕はなくても眠れる、布団はないと寒さで起きたりしてしまう」

ほむら「ゆえに蔑ろにされていることがあるわ、でもそれは間違いよ」

杏子「どういうことだ!」

ほむら「自分に合っていない枕を使用すると快適な睡眠からは遠のくのよ」

杏子「じゃ、じゃあこの枕は私に合って無い可能性も……」

ほむら「ふふっ大丈夫よ、その枕はあなたに合っているわ」

ほむら「この短期間に枕が馴染んできたということからもその事が伺えるわ」

杏子「そ、そうか……こいつが私の快眠を守ってくれてたのか……」

さやか「目の前でどんどんダメ人間会話が……」

マミ「結構重症ね、佐倉さんも暁美さんも」



258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:31:35.79 ID:P/v4Bp370


さやか「はぁ……じゃあマミさん、すみませんが夕飯のほうお願いできますか?」

マミ「えぇ、腕によりをかけて作るわね」

ほむら「あぁ、まどかと会いたい」

さやか「なら学校に来なさいよ」

ほむら「学校が布団を羽織って行って、さらに寝てもよかったら考えるわ」

さやか「そこまでの条件で考えるだけって……」

ほむら「ここにまどかの隣だとかまどかを見ていられる位置だとか学校まで歩かずに行けるとか……」

ほむら「どれかがあれば学校に行ける気がするわ」

さやか「……」

ほむら「えぇ、わかってる、そんな顔をしなくても無理だってことぐらい」

ほむら「だから私は学校へは行けない……」

さやか「いやなんか色々とずれてるんだけど……」

ほむら「いっその事学校で寝泊まりも考えたけど、いくら布団大好きな私でもシャワーは浴びたいのよ」

さやか「あーうん、そういう普通のところが残っててちょっとほっとしたよ……」



266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 16:49:21.87 ID:P/v4Bp370


ほむら「さやか、布団って最高だと思わないかい?」

さやか「そ、そりゃあ私だってそれは思うけど……」

杏子「さやか、なんか寒そうだし私の布団に入るかい?」

さやか「い、いや……」

ほむら「さやか、ちょっとだけ入ってみたらいいじゃない、暖かいわよ」

さやか「うぐ……」

杏子「まぁ無理にとは言わないけどなんかお前寒そうだと思っただけだし」

ほむら「杏子の気遣いを無駄にするのにあなたは私に気遣いを無駄にするなと言うのね」

さやか「そ、それとこれとは……」

ほむら「そうね、でも……杏子は本心からあなたが寒そうだと思ってるはずよ」

さやか「うぐ……」

杏子「あーいや、そんな気にするなよ、別に寒くないならそれでいいだろうし」



270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:03:37.12 ID:P/v4Bp370


さやか「ちょ、ちょっとだけ……」

さやか「そう、ちょっとだけだよ!私が布団に入ることで杏子の気遣いを無駄にしたくないだけ」

ほむら「えぇ、人を思いやれるっていいことよね」

さやか「よいしょっと……」ゴソゴソ

杏子「お前手とか冷え切ってるじゃねぇかったく」

さやか(やばい、杏子も布団も暖かい……)

ほむら「布団……やっぱり最高だわ」

さやか「ま、まぁ寝るときとか大切だしね」

ほむら「えぇ、暖房なんかよりはるかに素晴らしいわ」

ほむら「いえ、むしろ暖房を使わないことで外との気温差からさらに暖かさが気持ちよくなる」

杏子「こんないいものがあったなんてなんで今まで気が付かなかったんだろうな……」

ほむら「それだけ皆大変だったのよ、そして今は余裕がある」

杏子「心の余裕って大切だな……」

ほむら「えぇ、そうね」



275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:22:44.79 ID:P/v4Bp370


マミ「できたわよって……あら?」

ほむら「暖かいわ……」

さやか「暖かいね……」

杏子「暖かい……」

マミ「あらあら……どうしましょう……」

ほむら「あら、良い匂いね」

マミ「えぇ、鹿目さんが言うようにあなたの好きなもので栄養バランスまで考えてあげたのよ」

ほむら「そう、ありがとうマミ」

マミ「どういたしまして」



278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:37:40.41 ID:P/v4Bp370


マミ「美味しそうに食べてくれるのは嬉しいけど……異様な光景ね」

ほむら「そう?」

マミ「布団を羽織った3人が食べているもの」

ほむら「そういえば杏子も言っていたわね」

マミ「私から見たら怪しい集団よ」

ほむら「魔法少女って集まりの時点で怪しい集団じゃない」

マミ「否定したいけど否定できないわね……」

さやか「美味しい」

杏子「マミも料理上手だな」

マミ「それにしても美樹さんがそっち側に行ってしまったというのはどうしたら良いのかしら……」

ほむら「あなたも布団に入る?」

マミ「私はそこまで布団に囚われたことはないのよね」

ほむら「でしょうね」

マミ「状況が悪化したなんて鹿目さんに顔向けできないわね……」



284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 17:48:49.56 ID:P/v4Bp370


ほむら「ごちそうさま」

杏子「ごちそうさま」

さやか「ごちそうさまでした」

マミ「お粗末さま」

ほむら「それにしても布団が暖かいわ」

マミ「はぁ……」

杏子「そういやさやかは家に戻らないと駄目だろ」

さやか「うぐ……そうだった……でも布団から出たくない……」

ほむら「連絡さえすれば泊まっていってもいいわよ」

さやか「じゃあお言葉に甘えて……」

マミ「できれば早めに目を覚ましてね?」

ほむら「どういうこと?」

マミ「魔女退治はしばらく私一人でなんとかできるけど、あんまり鹿目さんを心配させるようなら」

マミ「あなた達を無理やり引きずってでも学校に連れて行くから」

ほむら「確かにあなたに本気でそんな事をされたら抵抗するだけ無駄ね……」



286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:03:50.69 ID:P/v4Bp370


マミ「恋人みたいな関係になってるのなら尚更心配させるちゃダメよ」

ほむら「そうね……」

マミ「なんでそこまでわかってて学校に来ないのよ」

ほむら「布団が私を呼んでいるのよ」

マミ「鹿目さんも呼んでるじゃない」

ほむら「まどかと私は心でつながれてるのよ」

マミ「そこまで自信満々に言われると困るわね……」

さやか「お、杏子って抱きしめやすいサイズだね」

杏子「ほむらとは違う意見だな……」

さやか「そうなの?」

杏子「抱きまくらにしては堅いって言われたよ」

さやか「あー私はこれぐらいのほうがいいかな」



293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:20:55.00 ID:P/v4Bp370


マミ「恋人みたいな関係になってるのなら尚更心配させるちゃダメよ」

ほむら「そうね……」

マミ「今日はそれだけは自覚してもらえる?」

ほむら「えぇ……まどかに謝っておくわ」

マミ「もう……」

ほむら「本当にごめんなさい……」

マミ「まぁ、これが駄目だってわかっているならそれでいいわ」

さやか「杏子って結構髪さらさらだね」

杏子「ほむらの家に泊まってるからシャンプーとかコンディショナーのおかげかもな」

さやか「ふーん……」

杏子「結構いいの使ってるみたいだし」

さやか「良い匂いがする抱きまくらってやばいね……」

杏子「完全に私は抱きまくら扱いかよ……」



297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:31:27.53 ID:P/v4Bp370


マミ「美樹さんも佐倉さんもよ?」

さやか「あ、いや……えっと」

杏子「そう言われてもこう暖かいと出たくないんだよ」

マミ「明日の朝食分は冷蔵庫に入れておくからちゃんと食べること、いいわね?」

ほむら「えぇ、ありがとう」

マミ「それじゃあ私は帰るわね」

ほむら「またね」

杏子「じゃあな」

さやか「また明日」

マミ「えぇ、また明日学校でね、暁美さん、美樹さん」

さやか「うぐ……」

ほむら「……」



301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:49:18.41 ID:P/v4Bp370


ほむら「まどかにメールでも送りましょう……」

さやか「私の親友を悲しませるんじゃないぞほむら」

杏子「お前もある意味悲しませる原因に今はなってるけどな」

さやか「うぐ……」

ほむら「まどかを……こちらの世界に引きこむか……私が戻るか……」

ほむら「とにかくまどかに謝らないとね……」

杏子「学校があるやつって大変だなー」

さやか「そうそう、結構大変なんだよね」

ほむら「なんて謝ろう……」

杏子「謝っても学校に行く気がないなら謝るもクソもないんじゃないか?」

ほむら「ううん……」

さやか「まぁ普通にお話でもしたらいいんじゃない?」



307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 18:59:18.34 ID:P/v4Bp370


ほむら「あぁ、まどかに会いたい……」

ほむら「1日もまどかと会ってない」

ほむら「会いたい、会いたい、まどかに会いたい」

ほむら「考えたら止まらなくなってきたわ……」

さやか「そこまで会いたいまどかがいる学校に何で来ないのか不思議だね……」

杏子「だな」

ほむら「あぁ、まどかの写真を見ましょう……」

さやか「本当に盗撮アルバム開いちゃってるよ……」

杏子「もはや隠す気ねぇってあいつ」



313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:17:45.34 ID:P/v4Bp370


ほむら「……」

杏子「神妙な顔してどうしたんだアイツ」

さやか「さぁ?」

ほむら「……」

杏子「うーん長いこと横になってたから身体がボキボキ鳴る……」

さやか「一気になると気持ちいいよね」

杏子「身体にいいわけじゃないみたいだけどな」

さやか「へぇ、そうなんだ」

杏子「まぁでもなんか楽になるよな」

さやか「そうそう、朝起きて伸びした時とか」

杏子「あーわかるわかる」

さやか「ストレッチとかもいいよね」

杏子「そうそう」



316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:34:07.58 ID:P/v4Bp370


ほむら「……」

さやか「で、何やってんのあんた」

ほむら「まどかとメール」

さやか「あぁ、それで真面目な顔してたんだ」

杏子「どんな内容のメールをうったんだ?」

ほむら「別に何でもいいでしょ……」

さやか「気になるじゃん」

ほむら「まどかから休日遊びに行こうってメールが来たのよ」

さやか「行けばいいじゃん」

杏子「そうそう」

ほむら「そうね、一日中まどかと会えるのだから」



319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:49:45.25 ID:P/v4Bp370


ほむら(いつもはまどかが家にきてくれて……)

ほむら(どうしよう……出かけたくない……)

ほむら(でもまどかとは会いたい……)

ほむら「うぐぐ……」

さやか「なんか葛藤してるね」

杏子「まぁなんとなく考えてることはわかるけど」

ほむら(でももうOKしちゃったし……)

ほむら(家で一日中まどかと一緒に……)

さやか「でもほむらって前まどかが来た時にあんまり話しかけてなかったよね?」

杏子「あぁ、あれならチラチラと様子見てたみたいだよ」

さやか「へぇ」

杏子「私はまどかとなら目と目で会話できるとか言ってたし」

さやか「なんていうかすごいね……」

杏子「あぁ、真顔で言われたときはちょっと怖かった」

さやか「でもあの様子だと本当に会話できてそうだね……」



323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 19:58:50.11 ID:P/v4Bp370


ほむら「……べ、別に私引きこもりってほど引きこもってないわ!」

さやか「突然どうしたのさ」

ほむら「普通におしゃべりもできるし、学校の勉強も問題ない」

ほむら「むしろ学校に行かなくて何が悪いというの!」

杏子「どうしたんだおい」

ほむら「そうよ、私は引きこもりじゃない、休日は外に遊びに行くのよ!」

ほむら「引きこもりが外に出られるわけないんだから!」

ほむら「楽しみだわ!まどかとのお出かけ!明日は休日じゃないけど!」

ほむら「今から準備しちゃおうかしら!」

さやか「なんか自己暗示かけてない?」

杏子「あぁ、1週間たってないはずなのに結構きてるな……」

さやか「ああはなるまいって思いながらも布団から出られない私……」

杏子「奇遇だな、私もだよ」



329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:17:20.54 ID:P/v4Bp370


―翌日 朝―

さやか「ってもうこんな時間じゃん!なんで誰も起こしてくれないのさ!」

ほむら「ん……だって学校めんどうだし」

杏子「私学校ないし」

さやか「ああもう!急いで行かないと!」

ほむら「待ちなさいさやか」

さやか「え?何?」

ほむら「今日休むと、なぜか3連休ができるわよ」

さやか「……」ゴクリ

ほむら「さぼったのは1日だけなのに3連休……GWよ」

さやか「……」

ほむら「今でていけば布団は冷たくなっていくわ……それを覚悟しているのね?」

さやか「で、でも私は家があるし……自分のベッドが……」

ほむら「もうすでにその布団はあなたのものなのよ」

さやか「え?」



331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:20:43.34 ID:P/v4Bp370


さやか「この布団はあんたに借りただけで……」

ほむら「杏子が使っている布団はすでに杏子のもの」

ほむら「そして私はその布団をあなたにプレゼントしたつもりだったのだけど」

さやか「この……布団を私に……」

ほむら「えぇ」

さやか「ってそんな事話してる場合じゃ」

ほむら「さやか」

さやか「今度は何?」

ほむら「遅刻というけど、HRって授業じゃないって思わない?」

さやか「そりゃあまぁ、早乙女先生の彼氏の話聞かされるだけだけど……」

ほむら「もう少しゆっくりしてもいいんじゃないかしら?」

さやか「……」

ほむら「朝から慌ててもいいことなんてないわ、じっくりゆっくり、あなたに一番必要なことよ」

さやか「……」



334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:28:53.97 ID:P/v4Bp370


ほむら「時間をみなさい、1時限目が始まる時間で考えるの」

さやか「……結構余裕があるね」

ほむら「えぇ、あと5分ぐらい布団にくるまって、それから準備して出かけても遅くはないわ」

ほむら「私の家はあなたの家より近いもの」

さやか「そう……なのかな」

ほむら「それともこんな時間から走って急いで行くことで汗だくになって席につきたい?」

ほむら「体育もないはずなのに汗臭いかなって気にしながら1日を過ごしたいの?」

ほむら「女の子として、それはどうなのかしら」

さやか「わ、私は……」

ほむら「別に学校に行くななんて言ってないわ、遅刻しろというわけでもない」

ほむら「ただ、HRは急いでいくほど価値のある時間ではないと思うからそれを忠告しただけよ」

さやか「……」



339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:37:53.41 ID:P/v4Bp370


―学校屋上 昼休み―

マミ「はぁ……」

まどか「マミさん……」

マミ「やっぱり私や美樹さん、佐倉さんじゃ暁美さんは改心させられないわ」

まどか「そうですか……」

マミ「だから、休日に連れ出すんでしょう?その時頑張りなさい、手伝えることがあるなら手伝うから」

まどか「はい……」

マミ「一応今日も暁美さんの家にはいくけど……ごめんなさいね鹿目さん、何も手伝えなくて……」

まどか「い、いえそんな……」

マミ「あと、鹿目さんも、暁美さんをあまり甘やかせ過ぎちゃ駄目よ?」

まどか「え?」

マミ「あなたって自分を必要としてくれてる人に弱いもの」

マミ「確かに暁美さんはあなたのために頑張った、だからといって尽くせばいいものじゃないわ」

マミ「お互いに好きって思ってるんでしょう?だからこそ、もっとお互いに支え合わないと」

まどか「そ、そう……ですね……」



344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:48:26.87 ID:P/v4Bp370


マミ(まったく、鹿目さんを悲しませちゃ駄目ってあれほど言ったのに……)

マミ(どうせ最初は休んでみたら鹿目さんが心配してきてくれるかなとか考えてたんでしょうけど)

マミ「どうしてもっと素直に甘えられないのかしら……まぁ今でも十分甘えてる気がするけど……」

マミ(美樹さんと佐倉さんまで取り込まれるし……)

マミ「はぁ……」

マミ(まぁでも、数日休んだ後って学校に行くのが怖くなる気持ちはわかるわね……)

マミ(行くべきだとは思ってるけどきっかけがないと動けないってところだろうし)

マミ「結局鹿目さん頼みね……」

マミ(それにしても美樹さんと佐倉さんはどうしたらいいかしら……)



346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:55:26.24 ID:P/v4Bp370


―ほむホーム―

ピンポーン

ガチャ

マミ「こんにちは、3人とも」

ほむら「さも当然のようにリボンで開けて入ってこないでよ」

さやか「あ、あははは……マミさんこんにちは……」

杏子「ようマミ」

マミ「美樹さんは、何か申し訳なさそうにしてるけど、私に何かいうことでもあるのかしら?」

さやか「え、えと……たはは……」

マミ「鹿目さんが心配していたわよ、美樹さんのことも……」

さやか「す、すみませんでした……」

マミ「あと暁美さん、鹿目さんを悲しませたら……心配させたら駄目っていったわよね?」

ほむら「そうね……メールで謝ったわ」

マミ「もう……明日一緒にお出かけするときもちゃんと謝るのよ?」

ほむら「えぇ……」



347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 20:59:17.17 ID:P/v4Bp370


マミ「それに佐倉さん」

杏子「え?私別に学校ないし」

マミ「そうやってあなたまで布団にくるまったりするから美樹さんが私もって思ったりしちゃうのよ」

杏子「いや、それはさやかの意思であって……」

マミ「多くの人が自分と違う行動をとってるとそっちが正しいんじゃって思えてくるものよ」

杏子「ふーん」

マミ「ふーんじゃないでしょう?」

杏子「ご、ごめん……」

杏子『おいなんでマミがこんなに怒ってるんだよ』

さやか『いやそりゃあ怒るでしょ』

杏子『機嫌が悪い日のとばっちりってやつか?』

さやか『いや違うと思うけど……』



350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:09:09.52 ID:P/v4Bp370


マミ「さてと……今日は暁美さんの分だけ料理を作ってすぐに帰るわね」

杏子「え?」

マミ「美樹さんと佐倉さんは今日から2日間私の家にお泊りよ」

さやか「ど、どういうことでしょうか」

マミ「2日で叩き直してあげる、あなた達を」

ほむら「私はいいのかしら?」

マミ「あなたを治すのは私の役目じゃないわ」

ほむら「……そう」

マミ「大丈夫よ、このままじゃ駄目だってわかってるんだから」

マミ「二人を駄目な方へ引っ張ったのはあなただけど、悪いと思っていない佐倉さんよりはずっといいわ」

杏子「んだよその言い草……」

ほむら「……」



355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:21:26.44 ID:P/v4Bp370


ほむら「久しぶりに一人になった気がするわ……」

ほむら「……」ホムホム

ほむら「好物なのにあまり美味しくないわね……」

ほむら「一人で食べる食事がどれだけ美味しい料理でも……」

ほむら「だからカロリーメイトと野菜ジュースに逃げたんだっけ……」

ほむら「栄養さえあればいいって……」

ほむら「……」

ほむら「まどかは料理を作ってくれた……それはすごく嬉しかった……」

ほむら「でもまどかは家族と食べる食事がある……私は一人……」

ほむら「まどかの家に招待されてもさすがに家族の食卓に混ざる勇気はないし……」

ほむら「なんで一緒にごはんが食べたいだけのためにこんな回りくどいことしたのかしら……」

ほむら「お弁当なんて作れないし……昼休みにみんなのお弁当をみて交換なんてできないし……」

ほむら「それにしても……休むのに歯止めが聞かなくなってたわね……」

ほむら「皆に今度謝らないと……」

ほむら「ごちそうさま……」



358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:28:11.95 ID:P/v4Bp370


ほむら「……まだ1週間も引きこもってないし、外にぐらい出られるわよね……」

ほむら「……近くのコンビニに行ってみようかしら」

ほむら「……なんでだろう……少し怖い……」

ほむら「……」

ほむら「面倒くさいからやっぱり行かなくていいわね!」

ほむら「別に行けるけど面倒だし行かないってだけで……」

ほむら「……」

ほむら「寝てしまいましょう……」

ほむら「あぁ、布団が暖かい」

ほむら「布団の魔力は素晴らしいわね」



366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:42:43.73 ID:P/v4Bp370


―朝―

ほむら「布団から出たくないわ……」

ほむら「着替えとか準備してあるし、もう少し横になってても……」

ほむら「……駄目よね、シャワー浴びてこよ……」

―――――
―――

ほむら「着替えたけど……そういえば待ち合わせってどこかしら……」

ほむら「時間しか書いてない……」

ほむら「電話を……」

ピンポーン

ほむら「こんな時間に誰かしら?」



369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:47:53.20 ID:P/v4Bp370


ガチャ

まどか「あ、ほむらちゃん、もう準備できてる?」

ほむら「え?まどか?」

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんのことだから30分前には準備できてるだろうなって思って迎えに来ちゃった」

ほむら「そ、そう……す、すぐに出るわね」

まどか「そんなに慌てなくてもいいよ?」

ほむら「え、あ、そ、そうね……」



371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 21:54:12.44 ID:P/v4Bp370


ほむら「そ、それでどこに行くのかしら?」

まどか「うーん、適当にいろんな場所に行こうかなって」

ほむら「そ、そう……」

ほむら(な、何故かしら……)

ほむら(周りの人に見られている気がする……)

ほむら(も、もしかして久しぶりに外に出たから何か変なのかな?)

ほむら(怖い……人が怖い……)

ほむら「……」ギュ

まどか「どうしたのほむらちゃん?」

ほむら「べ、別に……その……まどかの腕を抱きしめたかっただけで……」

まどか「じゃあ手もつなご!」

ほむら「え、えぇ……」

ほむら(たかが1週間ぶりの外なのに……どうしてこんなに……)

ほむら(病院時代に比べたら別に1週間なんて……)



377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:04:04.92 ID:P/v4Bp370


ほむら(わ、笑ってる人が自分のことを笑っているような気がする……)

ほむら「……」ギュゥ

まどか「ほむらちゃん?」

ほむら「ね、ねぇまどか……その……あっちの公園にいかない?」

まどか「ほむらちゃん……どうしたの?」

ほむら「い、いえ……ちょっとあなたと公園に行きたいだけよ……」

まどか「そっか、じゃあいこっか」

ほむら「えぇ……わがままを言ってごめんなさい……」



382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:15:15.92 ID:P/v4Bp370


―公園―

ほむら「あ、あの……まどか?」

まどか「どうしたの?」

ほむら「そ、その……外に出たの久しぶりだから……その……」

まどか「?」

ほむら「わ、私……今変な格好とかしてないかな?」

ほむら「そ、その怖くなってきて……」

まどか「そんな事ないよ、すっごく可愛いもん」

ほむら「そ、そうかな……」

まどか「うん!見とれちゃうぐらいかわいいよ」

ほむら「な、ならいいんだけど……」



389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:30:51.81 ID:P/v4Bp370


ほむら「……」

まどか「少し休憩しよっか」

ほむら「え?でも……」

まどか「ジュース買ってくるね」

ほむら「あ、ま、待ってまどか!」

まどか「え?」

ほむら「ひ、一人にしないで……」

ほむら「い、一緒に行きましょう?」

まどか「うん!」



392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:39:45.46 ID:P/v4Bp370


ほむら(どうしてこんなに怖いのかしら……)

ほむら(まどかが近くにいてくれないと……身体が震えそう……)

ほむら「……」ギュゥ

まどか「なんだかいつもと違ってほむらちゃんが私についてきてくれてるみたいだね」

ほむら「ひ、引っ張っていくタイプのほうがまどかは好きだったかしら……」

ほむら(む、無理よ……なんで1週間以上前の私はそんな事ができたのよ……)

まどか「ううん、ほむらちゃんはほむらちゃんだもん」

ほむら「あ、ありがとう……」



396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/16(日) 22:55:34.16 ID:P/v4Bp370


ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん……」

ほむら「ごめんなさい……」

ほむら「せっかくのお出かけだっていうのに……」

まどか「そんな事ないよ、ほむらちゃんと一緒ってだけで私は嬉しいもん」

ほむら「それでも……ごめんなさい……」

ほむら「楽しくないわよね……ど、どこか行きましょう」

まどか「ううん、もう少しこの公園にいようよ」

ほむら「で、でも……」

まどか「ほら、さっき買ったジュース飲も?」

ほむら「え、えぇ……」



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:05:37.09 ID:Kpwlh92b0


まどか「ジュース美味しいね」

ほむら「そ、そう……ね……」

まどか「あはは、ほむらちゃんまだ飲んでないじゃん」

ほむら「え、あ!そ、そうだったわね……」

まどか「ほむらちゃん、一週間ぶりの外はどう?」

ほむら「えっと……おひさまが暖かくてまどかがいてくれて……」

まどか「正直に教えて、ほむらちゃんが今何に怯えてるのか」

ほむら「人が……怖いのよ……」

ほむら「誰も私なんて気にとめて見てないと思うけど」

ほむら「私を見てるんじゃないかって……」

ほむら「通り過ぎる人の笑い声も自分を笑ってるんじゃないかって……」

まどか「そっか」

ほむら「へ、変よね……あなたを悲しませた罰ね……」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:19:25.62 ID:Kpwlh92b0


まどか「私もね、目立つのは苦手だしほむらちゃんの気持ちはわかるよ」

ほむら「そ、そう……」

まどか「でもね、最近は人の目なんてどうでもよくなってきたの」

ほむら「え?」

まどか「だっていっつもほむらちゃんと一緒にいたいから」

まどか「女の子どうしだからね、やっぱりちょっとは目立っちゃうよ」

ほむら「そ、そう……」

まどか「ほむらちゃん、目を逸らしちゃダメだよ」

まどか「今のほむらちゃんは相手の目を見ないでおしゃべりしてるよ?」

ほむら「わ、わかったわ……」

まどか「うん、ほむらちゃんの顔がよく見える」

ほむら「ぁう……」

まどか「ほら、目を逸らしちゃダメだよ、ほむらちゃん」

まどか「きっと寝転びながらおしゃべりしてたからおしゃべりしてても相手とちゃんと会話できてなかったんだね」

ほむら「そ、そうね……」



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 00:45:25.39 ID:Kpwlh92b0


まどか「ほむらちゃん、ごめんね」

ほむら「え?」

まどか「本当はね、わかってたの……私がほむらちゃんをダメにしてるって」

まどか「私はほむらちゃんと一緒にいろんなとこにお出かけしたり、学校でも一緒にいたいって思ってる」

まどか「だから皆にほむらちゃんが外に出るようにってお願いしたの」

まどか「でもやっぱり私はほむらちゃんに頼られるのが嬉しかった……やめられなかった……」

まどか「本当に大好きなら、ほむらちゃんを叱ってあげるべきだったのにちゃんと叱れなかった」

まどか「ごめんね……私のせいだね……」

ほむら「ち、違うわ、私が勝手に学校を休み始めて……皆に心配をかけて……」

ほむら「ただまどかと一緒に食事をしたいなんて事も直接言う勇気もなくて……」

まどか「そっか、言ってくれたらいつでも一緒にご飯にするのに……」

ほむら「ただ一人でいるのは寂しいから、あなた達が私の家にこさせた杏子を仲間にして」

ほむら「そこからさやかも……こういうダメな事なら簡単にできるのに……」

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんって甘え方が下手だよね」

ほむら「そう……かしら……」



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:03:10.09 ID:Kpwlh92b0


まどか「そろそろいこっか」

ほむら「え?」

まどか「いろんなところにいこ?」

ほむら「え……えぇ……」フルフル

まどか「大丈夫だよ、私がそばにいるから……周りなんて見ないで私を見ててくれたら人の目なんて見えないよね?」

まどか「今日は私がほむらちゃんをエスコートするんだから!」

ほむら「まどか……」

まどか「それでね、帰りに私の家で一緒にご飯食べよ」

まどか「明日もお休みだから、お泊りしていってほしいな、それでいっぱいちゃんとしたおしゃべりしよ?」

まどか「少しずつでもいいから、人の目を怖がるのを治していこ?」

ほむら「えっと……その……しばらくはまどかから離れられないかもしれないけど……いいのかしら?」

まどか「うん!」

ほむら「その……学校もしばらく休んでたから本当は登校するのが少し怖いの……い、一緒にいてもらえる?」

まどか「頼まれなくても一緒にいるよ、ほむらちゃん」

ほむら「ありがとうまどか……」



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:17:14.76 ID:Kpwlh92b0


ほむら「最初は軽い気持ちで休んだのに……」

ほむら「数日たつと行く必要を感じなくなって……」

ほむら「少しずつ……休んでた学校に行くのが怖くなって……」

ほむら「でもあなたやマミ、さやか、杏子が家にきてくれて、ちゃんとおしゃべりできるし」

ほむら「私はその気になれば、ちゃんと学校にもいけるし勉強も問題ないって……」

ほむら「布団が暖かいからなんて言い訳して……」

まどか「でもお布団が暖かくてずっとかぶっていたいって気持ちはすごくわかるよ」

ほむら「ふふっやっぱり皆そうなのね」

まどか「やっと笑ったねほむらちゃん」

ほむら「え、あ……」

まどか「私も布団が暖かくて遅刻しちゃったことあるよ」

ほむら「そういえば前に添い寝してもらった時もあなたはしばらく布団に潜り込んでたわね」

まどか「ティヒヒ、だってあの時はほむらちゃんが暖かいし布団も暖かかったから」



71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:29:50.40 ID:Kpwlh92b0


―マミホーム―

さやか「あ、あの……マミさん……」

マミ「さぁ、布団に入りたいなら入りなさい」

杏子「いやでもこれ……」

さやか「というかあの……すごく寒いんですけど……」

マミ「冷房をつけてるもの」

杏子「今肌寒い時期ってわかってるよな?」

マミ「えぇ、だから布団に入りたいなら入るといいわと言ってるのよ」

さやか「いやあの、本当にすみませんでした」

杏子「本当に悪かったって……だから布団に大量の保冷剤とかやめないかい?」

マミ「布団は布団でしょう?」



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 01:42:57.79 ID:Kpwlh92b0


まどか「どう?」

ほむら「そ、そうね……まどかの腕を抱きしめて、手をつないであなたを見るようにしたらら、楽かも……」

まどか「ティヒヒ、じゃあそのままいろんなところにいけるね!」

ほむら「で、でも……これだとあなたがすごく注目されないかしら?」

ほむら「お、女の子どうしで手をつなぐどころか腕を……」

まどか「他の人の目なんかより、今はほむらちゃんの事のほうが大事だもん」

ほむら「あなたは目立つのは得意じゃないのに……ごめんなさい……」

まどか「ううん、それ以上にほむらちゃんに頼りにされてるほうが嬉しいもん」

ほむら「まどか……」

まどか「マミさんにもっとちゃんと支え合いなさいって言われたの」

ほむら「マミに?」

まどか「だから、本当の意味でほむらちゃんと支え合いたいなって」

ほむら「私も……あなたと支え合える間になりたい……」

まどか「ティヒヒ、嬉しいな」



82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 02:01:02.65 ID:Kpwlh92b0


ほむら「……」フルフル

まどか「……ほむらちゃん」

ほむら「な、何?」

まどか「他の人の話し声も気になる?」

ほむら「そ、そうね、やっぱりその……注目されてるみたいだから……き、聞こえてきて……」

まどか「うーん声が聞こえなくするなんていうのはできないや……」

ほむら「ご、ごめんなさいまどか……」

まどか「じゃあおしゃべりしながら歩こ」

まどか「ほむらちゃんは私の声に集中すること」

ほむら「で、でもあまりあなたに甘え過ぎたら……」

まどか「いまはほむらちゃんが外に出ることになれることが重要だよ」

まどか「一気になんて無理だよ、だから少しずつ頑張ろ?」

ほむら「こんな事なら1週間前に休むんじゃなかったわ……」

まどか「でも、ほむらちゃんがお休みしたからこそ、私たちはちゃんとした関係に向かっていけてるんだとおもうな」

ほむら「そう言ってもらえると少しほっとするわね……」



90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 02:23:17.34 ID:Kpwlh92b0


ほむら「さやかや杏子に言った冗談が恥ずかしくなってきたわ……」

まどか「何か言ったの?」

ほむら「まどかとなら目で会話できるとか、心でつながれてるとか言ってたのよ」

まどか「それ冗談なの?」

ほむら「だってそうでしょう、私がそう思いたかっただけだもの……」

ほむら「まどかを悲しませていたのに……そんな冗談を言って逃げてた……」

まどか「さやかちゃんや杏子ちゃんはその冗談を信じなかったの?」

ほむら「信じていたと思うけど……」

まどか「じゃあ本当にしちゃえばいいよ」

ほむら「え?」

まどか「私はほむらちゃんが大好きだよ、ほむらちゃんは?」

ほむら「わ、私はまどかが大好きよ」

まどか「じゃあ冗談にせずに本当にしちゃえばいいよ」

まどか「だって二人は信じたんでしょ?」

ほむら「まどかにはかなわないわね……私はこんななのに……」



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 02:44:29.66 ID:Kpwlh92b0


―――――
―――

―まどホーム―

ほむら「あの……本当に突然おじゃましてもいいのかしら……」

まどか「ティヒヒ、実はもう友達が泊まりに来るってパパに言ってあったんだ」

ほむら「そ、そうだったの」

まどか「ほら、行こ?」

ほむら「え、えぇ……」



99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 02:48:59.11 ID:Kpwlh92b0


知久「君がまどかの言ってた子だね」

ほむら「え?」

知久「ちゃんとした食事をしてないそうじゃないか、今日は腕によりをかけるからね」

ほむら「あ、いえその……お、おかまいなく……」

まどか「私もお手伝いするね」

ほむら「あ、その私も何か……」

まどか「今日ほむらちゃんはお客様なんだから座ってて」

ほむら「そ、そう……」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 02:56:08.90 ID:Kpwlh92b0


まどか「今日はママが帰ってくるのが遅いみたい」

ほむら「え、そ、そう……」

ほむら(少しほっとしてしまっている自分が情けない……)

まどか「だから私と二人で食べよ!」

ほむら「えぇ」

知久「まどかの部屋に持っていけるようにしたから、二人で食べるといいよ」

知久「僕がいるより、友達とふたりきりのほうがリラックスできるだろうし」

まどか「じゃあ私の部屋にいこっか」

ほむら「え、えぇ……」



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 03:13:42.81 ID:Kpwlh92b0


まどか「いただきます」

ほむら「い、いただきます」

まどか「やっぱりパパの料理には勝てないや」

ほむら「美味しい……」

まどか「でしょ?パパの料理って本当に美味しくて」

ほむら「えぇ……グス……」

まどか「ど、どうして泣いてるのほむらちゃん」

ほむら「ご、ごめんなさい……昨日一人でご飯を食べてる時、一人の食事がすごく悲しくて……」

ほむら「一人暮らししてるのだから当たり前なのに……」

まどか「ほむらちゃんってどうして一人暮らししてるの?」

ほむら「それは、あの1ヶ月の日々に家族は邪魔だったから……」

まどか「ほむらちゃんが寂しいって思うのは当然だと思うな、今まではなにかしないといけないって思ってたんだと思う」

まどか「でも、今はやらなきゃいけないことがあるわけじゃない……だから一人の時間が増えちゃったんだね」



105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 03:21:09.54 ID:Kpwlh92b0


まどか「でも、そこで引きこもって甘えようとするあたりが甘え方が下手ってところだよね」

まどか「だって下手すると一人になっちゃうのに」

ほむら「そんな事自覚してなかったし……」

まどか「引きこもってるわりに私やさやかちゃんとメールしてたし」

まどか「さやかちゃんなんてそういえばほむらちゃんを見てないって私に言われるまで気がついてなかったんだよ」

まどか「メールでいつも話してたから元気にしてるって思い込んじゃってたみたい」

ほむら「そう……」

まどか「杏子ちゃんを抱きまくらにしたりしてたし」

まどか「家からでないのに寂しがってるって今思えばわかりやすいよね」

まどか「自分から誰かのところに行くんじゃなくて自分のために誰かに来て欲しかったんだよね」

ほむら「……」



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 03:37:57.93 ID:Kpwlh92b0


ほむら「自分でも気がついてない自分のことを指摘されるっていうのは変な感じね」

まどか「ティヒヒ、ほむらちゃんのことならよく見てるつもりだもん」

まどか「ねぇ、ほむらちゃん」

ほむら「何かしら」

まどか「まだ学校休むの?」

ほむら「いえ、もう休まないわ……その……近くにいてくれるのでしょう?」

まどか「ティヒヒ、任せてほむらちゃん」

まどか「あと……実はね、もし良かったらなんだけど」

ほむら「何かしら?」

まどか「この家に住まない?」

ほむら「え?」

まどか「実はもうパパとママに相談して許可をもらってるんだ」

ほむら「え!?」

まどか「パパもその方が栄養とかちゃんとしたものを食べさせてあげられるって、それにママも中学生で一人暮らしなんて生意気だってさ」

ほむら「でも……そんな迷惑……」



111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 03:48:32.72 ID:Kpwlh92b0


まどか「迷惑なんかじゃないよ、だって私はほむらちゃんがそばに居てくれたほうが嬉しいもん」

ほむら「あなただけじゃなくあなたの家族だって……」

まどか「じゃあとりあえず1週間お泊りしてみよ?」

ほむら「え?」

まどか「だって私のパパにもさっき目を合わせれてなかったし、人としゃべる練習になるよ」

まどか「ほむらちゃんのリハビリがてら一週間だけでもどうかな?」

ほむら「あまり私を甘やかせると、マミに怒られるんじゃないかしら」

まどか「ティヒヒ、じゃあその時は一緒に怒られてねほむらちゃん」

ほむら「えぇ、いくらでも怒られてあげるわ」

まどか「じゃあこれから最低一週間ほむらちゃんお泊り決定!」

まどか「ほむらちゃんがお布団がどうこういっても叩き起こしちゃうからね」

ほむら「あなたが?」

まどか「言っておくけど、私は毎朝ママを叩き起こしてるからあと5分なんて通用しないからね?」

ほむら「ふふっ頼もしいわね」

まどか「いっぱいお外に一緒に遊びに行って人の目なんて気にする余裕もなくしちゃうからね」



113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 03:55:20.69 ID:Kpwlh92b0


―マミホーム―

マミ「二人共反省したみたいでよかったわ」

マミ「やせ我慢してたけど……寒い……」

マミ「といっても布団には保冷剤……」

マミ「お客様用の布団を使いましょう」

マミ「寒い……」

―――――
―――

マミ「布団をひいて、しばらく中に入ってたら……暖かくなってきた……」

マミ「布団って……いいものね……」

マミ「暖かくて気持ちいい……」



117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 04:06:00.60 ID:Kpwlh92b0


ほむら「暖かい……」

まどか「ほむらちゃんも暖かいよ」

ほむら「やっぱり人肌っていいものね……」

まどか「杏子ちゃんと私、どっちのほうが抱きまくらとしてよかった?」

ほむら「ふにふにしてるまどかのほうが私は好きだわ」

まどか「ティヒヒ、嬉しいな」

ほむら「まどか、一つお願いをしてもいいかしら」

まどか「何?」

ほむら「その、胸のあたりに顔をうずめるように抱きしめられたいのだけど……」

まどか「うん、これでいいかな?」

ほむら「えぇ、とても暖かい……ありがとうまどか……」

まどか「どういたしまして」



121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 04:16:56.77 ID:Kpwlh92b0


ほむら「行ってくるわ」

まどか「大丈夫?」

ほむら「えぇ、今なら人もいないだろうし、いつまでもマミ一人に任せる訳にはいかないもの」

ほむら「すぐに杏子やさやかと合流してから向かうから安心して、あの二人なら大丈夫よ」

まどか「わかったよ……」

ほむら「今日あれだけ外に出たのだから大丈夫よ、絶対戻ってくるから」

まどか「うん……」

―――――
―――

さやか「グリーフシード持ってたけど誰が持っとく?」

杏子「ほむらでいいんじゃねぇの?」

ほむら「そう?じゃあ私があずかっておくわね」

杏子「ところでマミは?」

ほむら「さぁ?」

さやか「今日あれだけ私達に説教されたし、疲れて寝てるのかも」



122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 04:22:05.85 ID:Kpwlh92b0


ほむら「じゃあ、私は早く戻ってまどかを安心させたいから」

さやか「私も家に戻らないと……杏子、一応マミさんの様子見てきて」

杏子「私はお前らの便利屋じゃないんだぞ……ったく」

―――――
―――

―マミホーム―

杏子「鍵が開いてる……」

杏子「寝てるのか?」

マミ「あら、佐倉さん何入ってきてるのよ」

杏子「……なんで簀巻きになってるんだマミ」

マミ「だって布団って暖かいから」

杏子「……」

マミ「動きたくない…・・もうすぐ卒業だし、推薦で高校決まってるし……学校も休んでもいい気がするわ」

杏子「……マミが引きこもりになっちまった……」



終われ



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 04:23:12.46 ID:Kpwlh92b0


眠くて何考えてるかわからない
とろくさいせいで落としてしまって申し訳ない
そして迷走しすぎわろた
付き合ってくれた人ありがとうおやすみなさい



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 04:26:05.90 ID:anhxfKle0


乙そしておやすみ


130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 04:30:05.85 ID:VoRj9Z/k0





131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/17(月) 04:34:52.45 ID:Z53g838B0


乙まど


関連記事

まどっちマジ天使まどまど
[ 2012/05/25 22:49 ] [ 編集 ]

すげー面白かったわ
ほむほむまじほむほむぅ
[ 2012/05/31 07:55 ] [ 編集 ]

まどかが女神ですね
やっぱりまどほむがいちばん
[ 2013/11/04 20:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/953-955ab38d


まとめtyaiました【まどか「ほむらちゃんが引きこもりになっちゃった……」】

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/10/15(土) 23:14:55.08 ID:VYe cplQ0 さやか「そういや3日ぐらい見てないね」 さやか「なんでなの?別にもうアイツの悩ませる存在はいな
[2012/05/26 00:42] URL まとめwoネタ速neo
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ