FC2ブログ









京子「許してよぉ、あかりぃ」

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:03:34.71 ID:K3FQd8MGO


京子「みんなきてるかーっ」がらっ

あかり「あ、京子ちゃん、こんにちは」にこっ

京子「なんだ?ちなちゅは来てないのか?ちなちゅは」

あかり「ちなつちゃん?ちなつちゃんなら、掃除当番で遅くなるって言ってたよぉ」

京子「えーっ、じゃあ、あかりと二人っきりかよ?盛り上がらないなー」




5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:06:00.57 ID:K3FQd8MGO


あかり「まぁまぁ、お茶でも入れるから座っててよ?ね?」たっ

京子「え?う、うん…」すっ

京子「おかしい、いつものあかりだったら…」

\ほわわわわーん/



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:10:41.28 ID:K3FQd8MGO


あかり「ひっどーい!京子ちゃんったら!」ぷんぷん

\ほわわわわーん/

京子「ってなるはずなのに…」

あかり「京子ちゃん、いま失礼なこと考えてたでしょー」

京子「いやいや、考えてない考えてない」ははは

あかり「ほんとかなぁ…はい、お茶とお茶請けだよぉ」すっ

京子「ほんとほんと」ごくごく

京子「って、なんで隣に座ってるの?」



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:15:04.50 ID:K3FQd8MGO


あかり「ん?最近、京子ちゃんと二人っきりってなかったなぁと思って」にこ

京子「」どきっ

京子「いやいやいやいや、答えになってないだろ!」どきどき

あかり「…あれ?京子ちゃん、なんかほっぺが赤いけど」すっ

京子「ちょっ、まっ」びくっ

あかり「だいじょーぶ?」ぴた

京子「くっつきすぎだよぉ…あかりぃ」びくびく



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:19:55.14 ID:K3FQd8MGO


あかり「でも、熱とかあったら大変だよ?」さわさわ

京子「だいじょうぶだよ…だいじょうぶだからっ」びくっ

そう言っても、あかりは言うことを聞いてくれません。

額から始まり、頬、首へと手を滑らせてきます。

その度に私の体は震えます。



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:23:39.03 ID:K3FQd8MGO


あかり「動かないで!ちゃんと熱が測れないよ?京子ちゃん!」ぐっ

京子「だって…変だよぉ、熱測るだけなのにぃ…」

あかりの掌があちこちを掠める度、反応してしまいます。

そうしてるうち、あかりは触れるのを止めました。




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:27:32.59 ID:K3FQd8MGO


やっと終わったのかと、私は力を抜きました。

その直後――

あかり「そうだっ!」

京子「あ、かり…?」はぁはぁ

あかり「もっとくっつけば、ちゃんと測れるかも!」

京子「えっ」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:33:46.35 ID:K3FQd8MGO


私の肩に手をかけた、あかりは笑顔で告げました。

京子「あかり、もう…っ」

あかり「京子ちゃんは大人しくしてて?」すっ

あかりは私が制止するのを無視し、腕、腰、そして――

京子「ひ、ゃっ」ばっ

お尻へと滑らせた瞬間、私の体は大きく跳ねました。

それと同時に、両手で隠そうとはしましたが声が出てしまいます。



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:40:16.49 ID:K3FQd8MGO


あかり「…やっぱり、病気だよ?京子ちゃん」さわさわ

京子「」ふるふる

声を出すまいと左右に首を振る私。

あかり「でも、声をあげたよね?ちょっとさわっただけなのに…」

そんなのお構いなしに、あかりは際どいところを撫でてきます。

京子「ち、ちがっ!」

あかり「じゃあ…」さわ

京子「ひっ」

あかり「どうして…」さわっ

京子「やぁ」

あかり「かわいらしくないているのかなぁ?」にこ



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:44:45.68 ID:K3FQd8MGO


やっぱり、わざとだ!

体中を這う手の動き、あかりは熱を測るためなんて言ってるけど…

あかり「変な気分になっちゃったんだよね?京子ちゃん」

京子「」ふるふる

あかり「あかりは熱を測りたいだけなのに…」

あかりの顔が私の顔に近づいてきて、思わず目を瞑りました。

あかり「やらしい気持ちになっちゃうなんて…」



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:47:20.34 ID:Aq5Uwhjt0


独白形式ってエロいなぁ


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:50:14.91 ID:K3FQd8MGO



目を瞑り先ほどよりも、あかりを近くに感じます。

あかりの吐息が私の唇にかかり、顔が熱くなるのが分かりました。

しかし、あかりは私のソコに触れず耳元に唇を近づけると――

あかり「いけない子だね、きょーこちゃん」

そう、囁きました。



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:54:59.23 ID:K3FQd8MGO


そして、あかりは私の首筋に顔を埋めました。

京子「あかりぃ、そんなとこじゃ、測れないよぅ…」

あかりの息が首にかかると同時に、背中へと手を這わせられたのを感じました。

あかり「じっとして!やらしい、きょーこちゃん」

京子「やぁ…あかり…あかりぃ…」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:00:23.86 ID:K3FQd8MGO


あかり「うーん、ここでも測れないなぁ」

あかりは私の首筋を一舐めすると、唸り始めました。

京子「もっ、もうやめ、よ…?」

あかり「ここなら、分かるかなぁ?」

やっぱり、あかりは言うことを聞いてくれません。

背中にあった手を脇から胸へと這わせます、そして下から包む込むように――

京子「やっ、おっぱい触ってる!触ってるよ!あかりっ!」




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:05:12.09 ID:K3FQd8MGO


あかり「でも、京子ちゃん顔まっかだよ?」

ゆっくりと搾るように揉んでいる、あかり。

京子「でもぅ…揉んでるよぉ…ふぁ…」

慌てて口を手の甲で押さえますが、声は抑えられません。

その間も、あかりは律動的に胸を揉んでいます。

あかり「ううん、あかりは熱を測りたいだけだよ?」



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:09:20.94 ID:K3FQd8MGO


京子「あっ、だめっ!」

あかりの手は動きを止めました、私は思わず目を見開きます。

あかり「」にこ

あかりと視線が合うと、あかりは微笑んでいました。

あかり「きょーこちゃん」

そして再び耳元に近づいてきてくると――

あかり「…もっとしてほしい?」ぼそっ



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:13:24.55 ID:Aq5Uwhjt0


あかり攻めとは珍しいな


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:14:07.91 ID:K3FQd8MGO


京子「…っ、あかりちゃん!」ぎゅっ

その言葉にお腹の辺りが締め付けられます、だから私は無意識のうちに抱き着いてしまったのかもしれません。

あかり「あはは、昔みたいだね?京子ちゃん」ぽんぽん

軽く背中を叩かれ、そして仰向けに寝かされてしまいました。

京子「…あっ」




38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:18:57.04 ID:K3FQd8MGO


あかり「ふふふ…これで、ゆっくりと熱が測れるね?京子ちゃん」

制服の裾に手をかけるあかりちゃん、もう抵抗する気持ちはありませんでした。

あかり「こっちは、もう大人なのにね…」

そう言いながら、一気に捲り上げられ下着姿にされてしまいました。




41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:25:12.91 ID:K3FQd8MGO


あかり「ここ、すごく熱くなってる…」

分かる?京子ちゃん、そう言い聞かせるように話しながら、あかりちゃんは下着をずらして直接おっぱいに触れてきます。

あかり「こっちは少し冷たいかな?」

どう?京子ちゃん、一つ一つ確認しながらお腹を撫でる、あかりちゃん。

あかり「…まだよく分からないかなぁ」

まるで子供をあやすように語り、見下ろすあかりちゃん。



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:31:51.94 ID:K3FQd8MGO



途端、先端に鈍い刺激を感じました。

慌ててあかりちゃんを見ると、唇を、舌を、上手く使って私の胸を弄び始めます。

京子「ふあ…あか、りちゃん…あかり、ちゃん…」

あかりちゃんは先を唇で摘み、舌先で突いているようです。

京子「だめぇ…やっ、ぱり…だ、め…っ」

未知の感覚に私は懇願しましたが、あかりちゃんは止めるどころか更に激しくせめてきました。



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:38:28.08 ID:K3FQd8MGO


でも――

ふと頭の中に、あの頃の風景が浮かんで来た。


きょうこ「ま、まってよぅ…あかりちゃん…ゆいちゃん…」

ゆい「いそがないと、ちこくしちゃうだろー」

あかり「んー、そうだ!」




48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:41:42.05 ID:K3FQd8MGO



きょうこ、ゆい「?」

あかり「じゃー、て、はい!」

ゆい「…はい」

あかり「はい!」

きょうこ「はい…」


ゆい--あかり--きょうこ


あかり「これで、だいじょーぶっ!」にこっ

きょうこ「…うんっ!」

ゆい「…へへ」




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:45:04.46 ID:K3FQd8MGO



やっぱり、だめ、これ――

気持ち良くても、これは駄目!

精一杯になって身を捩り、あかりちゃんを突き飛ばす。

あかり「…!?」ばっ

行為で力が抜けていた私が押しても、あかりちゃんはふらつくだけだった。

でも、その表情は呆気にとられ驚きを隠せないようで―――




52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 22:52:24.12 ID:K3FQd8MGO


あかりちゃんが離れた、聞き出すなら今しかない。

京子「どう、して?どうして、こんな…」

途切れ途切れに聞く、それでも嫌だったわけじゃないことが伝わるように、優しく、笑って。

あかり「…熱を、測る」

京子「ちがうでしょ!あんな方法で測れるわけ…っ!」

それでもお茶を濁そうとする、あかりちゃんに強めに問い質す。




55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:03:48.95 ID:K3FQd8MGO


あかり「…だって」

京子「だって?」


あかり「京子ちゃん、結衣ちゃん結衣ちゃん結衣ちゃんって!」

京子「えっ」

あかり「結衣ちゃんばっかりと仲良くしてたんだもん!」

京子「…え?」




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:07:43.67 ID:K3FQd8MGO


あかり「昔の京子ちゃんは…」

きょうこ「あかりちゃーん、ゆいちゃーん」とことこ

あかり「って、かわいらしくついて来てたのに!」

京子「」

あかり「今の京子ちゃんは…」

京子「結衣まてよー、あかりいたんだー」けらけら

あかり「って、いじってばっかり!」




59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:11:05.26 ID:K3FQd8MGO


あかり「しかも頼るのは結衣ちゃんだし、泊まるのも結衣ちゃん家…」

京子「」

あかり「だからしたの!」


あかり「結衣ちゃんを生徒会の人に足止めしてもらって」

あかり「ちなつちゃんを向日葵ちゃんと櫻子ちゃんに足止めしてもらって」

あかり「お茶にお姉ちゃんの部屋からとってきた薬をいれて」

あかり「京子ちゃんをおそったの!」

京子「」



京子「」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:13:23.24 ID:6VTaTp6+O


あかねさんはなんてものを持ってるんだ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:15:00.05 ID:sLsB3M3R0


つまり、あの部屋はあかりちゃんにバレバレということか…


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:18:19.79 ID:K3FQd8MGO


京子「あかりちゃん…」ぎゅ

あかり「きょ、きょーこちゃん!?」

京子「だいじょうぶ、だいじょうぶだよ?」

あかり「」ぎゅ

京子「昔となにも変わってないよ?」

あかり「…」

京子「あの時からあかりちゃん、ゆいちゃん、わたし」

あかり「…うん」

京子「変わってないから…」ぎゅうぅ



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:25:52.30 ID:K3FQd8MGO


京子「…けど、わたしもおかしかったかも」

あかり「?」

京子「大人っぽくなる結衣ちゃんと、しっかりしてきたあかりちゃんに追いていかれないように、気ばっかり焦っていたのかもしれない…」

あかり「そんなことっ」

京子「ううん、だからお互い様。あかりちゃんを空気扱いしちゃったしね」

あかり「きょーこちゃん…」

京子「だから前みたいに、ね?」すっ

あかり「!」ぴこーん

京子--あかり




64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:29:47.37 ID:K3FQd8MGO


結衣「遅れてごめ…」がらがら

ちなつ「待って下さい、結衣せんぱい!」


京子「遅かったね!」

あかり「待ってたよ!」

京あか「「結衣ちゃん!!ちなつちゃん!!」」



糸冬




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:33:34.95 ID:WwAiJOTp0


乙!


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:36:55.30 ID:Aq5Uwhjt0


京あかありがとうございます


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:38:33.00 ID:K3FQd8MGO


おまけ

京子「…あかりちゃん、あかりちゃん」

あかり「?なに、京子ちゃん」


京子「ほんとはね、一つだけ変わったことが」

あかり「えっ」



京子「」ちゅ

あかり「!?」

結衣「!?」

ちなつ「∵」


ほんとにおわり



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:45:43.91 ID:sLsB3M3R0


こんなおまけ読んじゃったら
弱気京子ちゃんとあかりちゃんのイチャイチャを期待してしまうじゃないか!




74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 23:48:59.49 ID:nue2zpqM0


乙!!


関連記事

中学生にしてこの攻め・・・さすがあかねさんの妹
[ 2012/05/28 02:19 ] [ 編集 ]

京子ちゃんは原作でももっとあかりちゃんに構ってあげるべきだよね
[ 2012/05/28 16:55 ] [ 編集 ]

あかりが攻めも悪くない
[ 2012/05/28 18:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿




管理者にだけ表示を許可する


トラックバック:

この記事のトラックバック URL
http://lilymate.blog.fc2.com/tb.php/969-3d56cce4


まとめtyaiました【京子「許してよぉ、あかりぃ」】

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2012/05/27(日) 21:03:34.71 ID:K3FQd8MGO 京子「みんなきてるかーっ」がらっ あかり「あ、京子ちゃん、こんにちは」にこっ 京子「なんだ?
[2012/05/28 04:03] URL まとめwoネタ速neo
Powered By 画RSS
アクセスランキング ブログパーツ ブログパーツ